入社1年目向け

嫌われる新入社員の9つの特徴!当てはまっていたら要注意!

悩める人
悩める人
あの新入社員が嫌い!

職場において仕事ができることも大切ですが、それ以上に先輩・上司と良い人間関係を築けるか大切です。

社会人の悩みで最も多いのは仕事の悩みではなく、人間関係での悩みです。

いくら仕事ができても職場の人間関係がうまくいっていないと孤立してしまいます。

もちろん新入社員も例外ではありません。

最初は可愛がってもらえますが、その後はあなたの態度次第です。

知らず知らずのうちに周りに不快感を与えてしまっていて、実は嫌われていたなんてこともよくあります。

今回は嫌われる新入社員の9つの特徴と好かれるための魔法の言葉を1つ紹介します!

もしも当てはまっていると思った人は早急に改善する必要があります!

嫌われる新入社員の9つの特徴

1.あいさつ・返事をしない

あいさつ・返事ができない新入社員は最も嫌われます。

周りの人とコミュニケーションをとるうえで絶対に欠かせないものですよね。

あいさつ・返事をしない=意思疎通をする意思がないと周りには捉えられてしまいます。

稀に「あいさつができないのと仕事ができるかできないかは関係ない」という人がいますが、むしろ密接に関係しています。

会社という1つの組織に所属している以上、1人で仕事をすることは不可能ですよね。

仕事をくれたり教えてくれる先輩・上司がいるからこそ仕事ができているという人間関係の大切さを今一度考えてみるとあいさつ・返事の大切さがわかると思います。

2.やる気・向上心がない

指示があるまで動かない、自分から聞きに来ることがない、このようにやる気を感じられない新入社員は嫌われやすいです。

先輩・上司は自分の仕事をこなしつつ新入社員であるあなたに仕事を教えなくてはいけません。

常に付きっきりで教えるわけにはなかなかいかないと思います。

そんな中であなたが指示を待って座っていたり、何も聞きにこなかったらやる気がないのかなと周りは思ってしまいます。

教える側もやる気がない人に教えるのはストレスが溜まります。

自分の仕事の時間を削っているので当然ですよね。

もちろん働きたくて働いている人ばかりではないと思います。

自分の望んだ仕事に就けなくてやる気が出ない人もいますよね。

しかしその会社に入社した以上は最低限のやる気は必要です。

もしやる気が出ないのであれば無理せず転職するほうがお互いのタメになります。

20代で年収を増やす3つの方法!『昇給・副業・転職』で年収アップ! あなたは今の収入に満足できていますか? たとえ大企業に勤めたとしても20代のうちから多くもらえるとは限りません。 多...

3.自信過剰、プライドが高い

自分の実力を過信しすぎて自信過剰になっていたり、プライドが高すぎる人は嫌われやすいです。

自分は何でもできると思いこみ、人のアドバイスを聞かなかったり自分の意見を通したがります。

新入社員で知識も経験も実績もないのに自信満々でいると周りから反感を買いやすいです。

プライドが高いと自分のミスを素直に認めないので周りは余計イライラします。

せっかくアドバイスしても素直に受け取らないので当然ですよね。(笑)

自信があるのはいいことですが周りの意見は素直に聞く必要があります。

口だけのビッグマウスにならないように注意しましょう。

新卒で入った会社のレベルが低い、20代でキャリアアップできる転職術 新卒で就職した会社のレベルが低い、と感じた新入社員の方いると思います。 特に、同期や先輩・上司に対して感じる人が多いのでは...

4.学生気分が抜けていない

言葉遣いがラフすぎたり、バイト感覚で仕事をしている人も嫌われやすいです。

責任の重さが社会人と学生のバイトとでは全然違います。

特に遅刻や欠勤など時間に対しての責任は非常に重いです。

もしあなたがお客さんとの約束の時間や仕事の納期に遅れてしまうと一気に信用を失います。

しかもその信用はあなたの信用ではなくて会社の信用です。

他にも言葉遣いをお客さんに注意されたり、怒られたときにヘラヘラしていても同じです。

あなたの行動ひとつひとつに対する責任の重さが会社の信用を左右しています。

5.付き合いが悪い

仕事終わりに誘ってもこない、仕事外ではコミュニケーションが全くない。

あまりにも付き合いが悪いと職場の人から好かれないです。

「業務外の付き合いは給料が出ないから行きたくない」「職場の人とプライベートまで関わりたくない」

こう思っている人もいるかもしれません。

しかし先輩・上司はあなたが職場に馴染めるように、悩みとかわからないことは聞いてあげたいと思って誘ってくれていることがほとんどです。

最近は会社側もパワハラ・アルハラに対して敏感で先輩・上司から誘いづらくなっているのも事実です。

あなたとコミュニケーションを取りたくて誘ってくれている先輩・上司の好意を素直に受け取ることも大切です。

6.報告をしない・遅い

『報連相』の中でも報告をしないひとは特に嫌われます。

報告がもっと早ければ大事に至らなかったなんてことも仕事ではよくあります。

特に仕事でのミスの報告は少し遅れるだけで手遅れになったりします。

ミスを自分を何とかしようとがんばった結果手遅れになってしまうぐらいなら素直に素早く報告するほうが絶対に良いです。

どんな小さなことでも報告しないよりはするべきです。

『報・連・相』うまくできない人はまず報告を徹底しよう!報連相が苦手な人はまずは報告を徹底してみましょう。報告をするときの大切なポイントも合わせて紹介します。しっかりと報告ができることは上司からの信頼につながります。...

7.知ったかぶりが多い

知らないこと・わからないことを知ったかぶりすると周りはイライラします。

教える側も知らない・わからないと言ってくれないとどこまで理解したかわからないです。

知ったかぶりをして正しいやり方がわからず、仕事が進まないでいると周りにも迷惑がかかってしまいます。

できると言って引き受けたからには自分でやらないとと思うかもしれないですが、ミスをしたり仕事が進まないのであれば素直に聞いてしまったほうが良いです。

先輩・上司も理解している前提で進めてしまうので、途中で実はわかりませんでしたというのは相手をより不快にさせてしまいます。

案外知ったかぶりをしていることはバレているのでやめておきましょう。

8.言い訳が多い

言い訳が多かったり、他人のせいにすぐしてしまう人は嫌われます。

ミスに対して怒ったり、アドバイスをしてあげたときに言い訳されるとイラってきますよね。

新入社員がミスをしてしまうのはあたりまえです。

怒られたくないからといって言い訳したり、人のせいにしていると相手の神経を逆撫でしてしまいます。

ミスを素直に認めることも大切です。

同じミスを繰り返してしまう原因と5つの対策!新入社員のうちに意識しよう「また同じミスをしてしまった...」 失敗しないようにと気をつけていても失敗してしまうことってありますよね。 一度目の失敗は...

9.相手によって態度を変える

好き嫌いや損得で露骨に態度を変える人も嫌われやすいです。

特定の先輩・上司と仲良くしすぎていると他の人から反感を買いやすいです。

あまり自分では意識していなくても周りから見るとそうだったりします。

中には媚を売っているのではないかと思う人もいるので要注意です。

職場においては意外と八方美人のほうがよかったりもします。

新入社員で人間関係がまだ構築しきれていないからこそ、周りの人とはできるだけ仲良くするほうが賢いと思います。

イエスマンは嫌われる!会社で人間関係を良好に保つ方法自分の意見を言わないイエスマンは嫌われます。会社で好かれるイエスマンになる方法、人間関係を良好に保つ方法を心理学の観点から紹介させていただきます!...

好かれるための魔法の言葉『素直』

新入社員であるあなたが好かれるための魔法の言葉1つあります。

それは『素直』です!

新入社員で好かれる人は素直な人です。

指示やアドバイスを素直に受け止め、失敗は素直に認めることができる。

簡単そうですが意外と難しいです。

そこには自信・プライドだったりと素直になることを阻害するものが多いです。

素直に先輩・上司の話を聞いて吸収する力があれば周りより成長が早いです。

さらに可愛がってもらうことができます。

仕事ができる人は職場の人間関係もうまく築いています。

反対に仕事ができなくても人間関係が良好であれば助けてもらえますよね!

人の本心ってわからないところが怖いです。

しかし嫌われる新入社員の特徴を理解しておくだけでもあなた自信で対策できると思います。

嫌われてからでは遅いので早めに改善できるように意識してみましょう!

好かれる新入社員になるために『素直』になることが大切です。

人間関係がうまくいかないのであれば転職も視野に

「すでに嫌われてしまっていて居心地が悪い」「気を遣ってはいるがどうしても合わない。」

そんなときは無理せず環境を変えましょう。

人間関係は一度悪化してしまうと修復するのはかなり困難です。

「来月に人事異動があるからおさらばできる!」

もしすぐにでも環境が変わるなら待ってもいいと思います。

しかし半年~1年のあいだ環境が変わらないのであればさっさと転職してしまいましょう。

仕事と人間関係のストレスを抱えながら、1日8時間働くのを想像してみてください。

先輩・上司に報連相をするたびに不快な顔をされたら、僕だったら耐えられないです。

とは言っても「まだ入ったばかりなのに転職なんて…」と思う人もいると思います。

しかし新卒で3年以内に転職する人って、実は60年前から変わらず3割はいるんですよね。

終身雇用制度が崩壊しつつある現代社会において、転職という選択肢を持てることはかなりの強みになります。

「いつでも転職できる」状態であれば、先輩・上司から理不尽なことを言われても立ち向かうことができますよね!

転職という選択肢を持てない人は、ただ耐えることしかできません。

新卒で3か月以内に辞めても転職できます【ただしコツが必要】 新卒で入社したけど精神的に限界で辞めたい、合わなかったから転職したいと考えている方いると思います。 結論からいうと、新卒で...

今すぐ転職する必要はありません。

大切なのは「いつでも転職できる」準備をしておくことで、精神的にも楽になりますし、転職をしようと思ったときにすぐに行動することができます。

転職サイト・転職エージェントに登録しておくことで今より良い環境の仕事を見つけることができますよ。

もちろん、登録・利用は無料です。

【新卒におすすめの転職エージェント比較】

特徴
リクルートエージェント
  • 業界No.1の求人数
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • ここに登録しておけば間違いなし
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 大手・中小企業の独占求人が多い
  • 20代・第二新卒は登録しておくべき
ウズキャリ第二新卒
  • 20代の第二新卒・既卒に特化した転職エージェント
  • 未経験OKの仕事が多い
  • 転職後の定着率は93%以上
  • ネガティブな理由での転職に強い
  • 経歴に自信がない方にオススメ

3か月以内に転職を考えているならリクルートエージェント、未経験の仕事に転職したい20代の方はマイナビエージェント、経歴に自信がない方はウズキャリ第二新卒がそれぞれオススメです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数・転職実績No.1の業界最大手の総合転職エージェントです。

担当コンサルタントの営業力が高いので、良い求人を引っ張ってきてくれるだけでなく、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。

年齢問わず、登録しておけばまず間違いない転職エージェントです。

無料登録はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェントです。

新卒業界No.1「マイナビ」を運営していることもあり、20代・第二新卒業界でも急速に拡大しています。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒で転職を考えている方は登録しておくことをおすすめします。

20代で初めて転職する方はマイナビエージェントに登録しておきましょう。

無料登録はこちら

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒』は、第二新卒の転職、ネガティブな理由での転職(短期離職・人間関係)に強い転職エージェントです。

ブラック企業を徹底的に排除にしており、転職後の定着率が93%以上と大手よりも高いのが最大の強みで、内定まで1人あたり平均20時間もサポートしてくれます。

カウンセラー全員が元既卒・第二新卒ということもあって、相談しやすく悩みを理解してもらいやすい環境が整っているので、、ネガティブな理由で退職してしまった方にとっては、心強いサポートが期待できます。

長く続けられる会社に転職したいという20代の方におすすめの転職エージェントです。

無料登録はこちら

潔く環境を変える勇気もときには必要ですよ。

シノミヤ
シノミヤ
転職エージェント以外にも下記のようなオススメの転職サービスがあります。

【TOKYOインターンUP to 29(29歳以下限定)



最短1か月で正社員になれる東京都の就職支援サービス(無料)

  • 約20日間の企業内実習で自分に合った仕事かわかる
  • 100社以上の意欲的な受入企業
  • 最大10万円の奨励金がもらえる

転職エージェントと同様に専任のカウンセラーがカウンセリング~採用までサポートしてくれます。

他の転職サービスと異なり、事前に約20日間実際に働いてから応募することができるので、ミスマッチが発生しにくいのが最大のメリットです。

【参加条件】

29歳以下の求職者で、以下の要件のいずれかを満たす方が対象となります。条件が合う方であれば選考はありません。 ※学生不可

  • 就職・就業経験がない方
  • 非正規での就業経験のみの方
  • 直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方

※東京都の事業なので、実習先の企業は東京都内の会社に限られます。

【公式サイトはこちらから↓↓】

TOKYOインターンUP to 29

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む