転職ノウハウ

【5分でできる自己分析】ミイダスであなたの今の市場価値を計測してみよう

悩める人
悩める人
転職市場での自分の価値を知りたい

転職をするうえで、今の転職市場での自分の価値を知ることは『自己分析』の一環としてかなり重要になります。

そこで今回は、自己分析も兼ねたあなたの今の市場価値が5分でわかる無料転職アプリ『ミイダス』について解説していきます。

【アプリ版の無料ダウンロードはこちら↓↓】

 

【Web版の無料登録はこちら↓↓】

ミイダスの無料登録はこちら

ミイダスってどんなサービス?

ミイダスは、200万人の年収・転職実績データを基にあなたの市場価値を計測できるサービスです。

※まずはこちらのサービス内容がわかる15秒の動画を見てください↓↓


20個以上の質問(所要時間5分)に答えていくことで、あなたの推定年収を表示し、企業からオファーが届くようになります。

✔ミイダスのサービス内容

  1. 質問に答えていくことで自分の市場価値(想定年収がわかる)
  2. コンピテンシー診断・パーソナリティ診断で自己分析ができる
  3. 書類選考なしで面接からスタートできる「面接確約オファー」がもらえる

さらに、7万人の転職データを公開しているので自分と同じ経歴の人がどのような業界・職種に転職したかも見ることができますよ。

シノミヤ
シノミヤ
簡単に正確な自己分析ができるので、転職エージェントなどで転職を考えている方も、一度は診断してみることをおすすめします!

2つの診断ツールで自己分析が簡単にできる

ミイダスを利用する最大のメリットは、自己分析が簡単にできるところです。

  1. コンピテンシー診断
  2. パーソナリティ診断

どちらも質問に答えていくだけであなたのコンピテンシー(行動特性)とパーソナリティ(個性や適正)がわかるので、転職活動に活かすことができます。

【診断結果の参考画像↓↓】

シノミヤ
シノミヤ
ミイダスで自己分析だけを済ませるのもよし、そのまま転職活動を続けてもよしなので、かなり使い勝手は良いと思いますよ。

【アプリ版の無料ダウンロードはこちら↓↓】

 

【Web版の無料登録はこちら↓↓】

ミイダスの無料登録はこちら

ミイダスを利用している企業は50,000社以上

【ミイダスを利用したことある大手企業一覧↓↓】

味の素/キッコーマン/アサヒビール/武田薬品工業/KDDI/アディダスジャパン/ユニリーバ・ジャパン/日本テレビ放送網/任天堂/アマゾンジャパン/日産自動車/旭化成/オリンパス/吉本興業/カプコン/日清食品ホールディングス/東レ/GEジャパン/ミスミ/PHILIPS/キリンビール/日本オラクルなど

ミイダスを利用したことがある企業は累計で50,000社以上もあり、誰もが知っているような大手企業が多数利用しているんですね。

もちろん、ミイダスは『面接確約オファーのみ』なので書類選考はなく、面接からスタートすることができます。

シノミヤ
シノミヤ
無料で質問に答えていくだけで、優良企業からオファーがくるので登録しないのは損だと思います!

ミイダスの登録方法~簡単2ステップ~

今までの学歴・職歴、現在の就業状況など20以上の質問に答えていくだけで、あなたの市場価値が『年収○○万円』という形で算出されます。

ミイダスに登録して求人オファーをもらうまでのステップは以下の通りです。

STEP1 無料登録して市場価値を算出する
STEP2 面接確約オファーから受けたい企業を選ぶ

STEP1 無料登録

無料登録は下記の質問に答えることで完了し、あなたの市場価値が算出されます。

  1. プロフィール
  2. 第一言語
  3. 最終学歴
  4. 最終学歴 詳細
  5. 離職経験
  6. 経験社数
  7. 在職状況
  8. ビジネススキル
  9. Excelスキル
  10. 自動車運転免許の有無
  11. 条件にマッチした企業数、想定オファー年収
  12. facebook or メールでアカウント登録

※質問は全て選択方式なのでタップするだけでOK

シノミヤ
シノミヤ
質問は全て選択方式なので、文章の入力がないので楽ですよ!

STEP2 面接確約オファーから受けたい企業を選ぶ

登録が完了すると、アプリ内に企業からの『面接確約オファー』が送られてきます。

応募をするかどうかはあなたが決めることができるので、納得のいく求人があったときに応募すればOKです。

シノミヤ
シノミヤ
ミイダスは書類選考がないので、いきなり面接からスタートできますよ!

【アプリ版の無料ダウンロードはこちら↓↓】

 

【Web版の無料登録はこちら↓↓】

ミイダスの無料登録はこちら

ミイダスを利用する際の2つの注意点

ミイダスを利用する際の注意点が2つあります。以下にまとめてみました。

✔ミイダスを利用する際の2つの注意点

  • 市場価値の数値はやや高めに設定されている
  • 質の悪い求人も混ざっている
シノミヤ
シノミヤ
あくまでデータ上での数値なので、目安程度にとどめておくのが良いと思います。

1.市場価値の数値はやや高め

ミイダスではあなたの今の市場価値が『年収○○万円』という形で算出されますが、本来の適正年収よりはやや高めに設定されています。

ですので、市場価値の数値を鵜吞みにするのではなく、オファーが来ている求人の年収を目安にしましょう。

【実際に僕も試してみました↓↓】

独立前の会社にいたときが年収400万円前後だったことを考えると年収アップが期待できそうな数値が出てくれました。

僕の場合は、独立していることもあって『離職期間を1年以上』に設定していたので、勤めている状態であればもう少し上がるかもしれません。

シノミヤ
シノミヤ
例えば、市場価値は700万円なのに年収300万円~400万円のオファーばかりの人は、後者が本来の市場価値に近いと思います。

2.質の悪い求人も混ざっている

ミイダスは優良企業の求人も多いですが、通常の転職サイトと同様に質の悪い求人も混ざっているので、注意が必要です。

実際に私が利用したときも、「IT系志望」で登録しているにもかかわらず。「サービス・小売系」の面接確約オファーが届いたりすることもありました。

あなたの市場価値や希望とは関係ないオファーが届くこともあるので、興味がないものはスルーしてしまえばOKです。

ミイダスと転職エージェントは併用すべき

ミイダスは自己分析ができるうえに、求人オファーが届く便利な転職アプリですが、転職活動をより質の高いものにするのであれば転職エージェントと併用すべきです。

転職エージェントはそれぞれ保有している求人が異なります。

ミイダスにない優良求人を保有していますし、内定までの面接対策やその他サポートも無料で行ってくれるので、効率良く転職活動を進めることができますよ。

今回は、ランキング形式でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

【アプリ版の無料ダウンロードはこちら↓↓】

 

【Web版の無料登録はこちら↓↓】

ミイダスの無料登録はこちら

サポートが充実している転職エージェントランキング【初めてでも安心!】

初めての方、転職経験がある方にもおすすめのサポートが充実している転職エージェントを厳選してランキングにしました。

もちろん、登録・利用は無料です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
求人数・転職実績No.1の総合転職エージェント。担当コンサルタントの営業力が高く、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。年齢問わず、登録しておけばまず間違いないですよ。

業界トップなので求人数が圧倒的
転職成功者の6割が年収アップに成功
転職しやすさNo.1
初めて・2回目に転職する人におすすめ

無料登録はこちら

doda
業界No.2の求人数を誇る大手総合転職エージェント。直接求人を探して応募できる転職サイトとしても利用できます。

『求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない』など、バランスの取れた転職エージェントで、初めて転職する方でも心強いサポートが期待できます。

 

求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない
転職サイトとしても利用できる
バランスが取れた転職エージェント
幅広く求人を見たい方におすすめ

無料登録はこちら

マイナビエージェント
大手より後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェント。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒の方に特におすすめです。

 

20代に信頼されている転職エージェントNo.1
大手・中小企業の独占求人が多い
20代・第二新卒の転職におすすめ

無料登録はこちら

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む