年収アップ

20代で年収を増やす3つの方法!『昇給・副業・転職』で年収アップ!

悩める人
悩める人
20代で年収増やすには何が効率的なんだろう…

あなたは今の収入に満足できていますか?

たとえ大企業に勤めたとしても20代のうちから多くもらえるとは限りません。

多くの人は30代~40代で管理職につくことで年収が大幅に増えるので、20代のうちは年収が一向に増えないという方のほうが大半だと思います。

しかし、できることなら20代のうちから収入を増やして、欲しいものを買ったり、将来のために貯金をしたりしたいですよね。

20代で年収を増やす方法は『昇進・副業・転職』の3つです。

今回は、20代の効率的な年収の増やし方を紹介していきます。

20代の収入の現状|平均年収は300万円前後

まずは20代の平均年収を見てみましょう。(平成28年度民間給与実態統計調査 参照

  • 20代前半の平均年収→258万
  • 20代後半の平均年収→351万

20代の平均年収はおよそ300万円前後です。

今のあなたの年収と比べてみてください。

まずは今の年収が平均より高いのか低いのかという現実を知っておきましょう。

ちなみに僕の銀行員時代の1年目の年収は200万程度でしたので、ボーナスがまだ少ない1年目の方は今より少し多く見積もってもいいと思います。

20代は大手だろうが中小だろうがそこまで変わりません。

だからこそ20代のうちから年収を増やせれば、周りの20代の人にいくらでも差をつけることができてしまいます。

今から年収を増やす具体的な方法を紹介していきます。

20代で年収を増やす3つの方法|効率的なのは転職

冒頭でも紹介しましたが、20代で年収を増やす方法は『昇給・副業・転職』3つです。

他にも投資や起業という選択肢もありますが、専門的な知識が必要になってくるので今回は省きます。

それぞれメリット・デメリットがあるので合わせて紹介していきます!

1.昇給

おそらく多くの人は、今の仕事を続けることで昇給し年収が増えます。

昇給とは、勤続年数や職務上の昇格に応じて、毎月の給与がアップするもので、基本的には毎年数千円ほど上がるのが一般的です。

参考として2018年の大企業の月額の昇給額の平均は8,621円、これは1994年以来の高水準です。(SankeiBiz参照)

つまり、大手企業でも30代までに昇給する額は多くて4~5万円程度ということになります。

サラリーマンの年収アップのほとんどが『昇給』とボーナスの増加によるものなので業績や景気に左右されやすいです。

メリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 続けていれば安定して年収アップが見込める
  • 大手企業であれば、年1万円近く昇給する会社もある
  • 事前にどれくらい年収アップするのかがわかる
  • 多少仕事ができない人でも昇給できる

デメリット

  • 仕事の業績が良くても増えるのはボーナスだけ
  • 伸び率はある程度決まっていて、それ以上増えることはほぼない
  • 会社の年収モデルを大きく超えることはできない

『昇給』は続けていれば年収が増える一方で、20代のうちはどれだけ優秀でも差がつくことはほとんどありません。

仕事の業績が良くても反映されるのはボーナスなので、管理職につくまではそれほど恩恵を感じることができないのが悲しいところです。

【給料が上がらない】新卒・若手が勘違いしやすい昇給の現実 新卒で会社に入社し、待ちに待った2年目の初給料。 昇給どころか減っててショックを受けた人も多いと思います。 結論から...

逆に考えれば、あまり仕事ができない人でも昇給が保証されているのはメリットと言えます。

仕事ができる人が転職する理由で多いのが、こなした仕事に対しての年収アップが見込めないからです。

業績よりも勤続年数が優先されがちなので、業績で評価してくれる会社やもっと格上の会社に転職する人が多いです。

2.副業

2つ目の方法は『副業』です。

ネットビジネスが普及したことで、誰でも『副業』ができる時代になりました。

クラウドソーシングと呼ばれる個人で仕事が受注できるサービスを使うことで、月に数万円コツコツ稼ぐこともできますし、YouTubeやブログのようにうまくいけば月数万円ぐらい稼げるようなものまで幅広いです。

中には、副業が本業を超えてしまっている人もいます。

ぼくのように専業でやっている人も表に出ないだけで、実は意外と多いですよ。

続けることさえできれば、いくらでも稼げる可能性があるので最近では若い人で副業をやっている人もかなり増えてきていると思います。

メリット

  • 空いた時間を使って、月数万円の収入が増える
  • 自分で時間や量を調節することができる
  • 自宅でできる
  • いつでも始められるし、やめられる
  • ものによっては本業の収入を超えることも可能

デメリット

  • 自由に使える時間が減る
  • 効率良く仕事をこなせないと割に合わない
  • YouTube・ブログなどは収入0からのスタート
  • 会社が副業禁止の場合、リスクが大きい

『副業』は誰でも簡単に始められ、空いた時間に好きなだけできるのが最大のメリットです。

自分の知識や好きなことがお金になるので、コストもかかりません。

ただし、副業は稼げるようになるまで時間がかかるうえに、稼げるようになるとは限らないので、実はコスパが悪いです。

サラリーマンの副業なら在宅ワークが人気【実はコスパ悪いです】サラリーマンの副業のなかで人気なのは在宅ワークです。自宅で好きな時間にできて、お金を稼げるからですね。しかし、在宅ワークは実はコスパが悪かったりします。堅実に転職したほうが楽ですよ。...

3.転職

一番早く確実に収入アップを目指すのであれば、やはり転職することが一番おすすめです。

給与の根本的な底上げができ、自由な時間が減ることもありません。

また20代であれば、転職の選択肢も幅広く、希望する業界に行きやすいのもポイントです!

メリット

  • 月収が増え、根本的な年収アップが期待できる
  • 今より良い職場環境で働ける可能性がある
  • やりたい仕事ができる
  • 大手企業や有名企業に転職できればキャリアに箔がつく

デメリット

  • 今より年収が下がる可能性がある
  • 仕事内容や人間関係が良いとは限らない
  • 転職後のビジョンがないと、質の低い転職になってしまう
  • 転職エージェント選びが大切
シノミヤ
シノミヤ
ざっくりと収入を増やしたいというよりは、年収400万円、500万円まで増やしたい!といった明確なビジョンがあったほうが転職に成功しやすいと思います。

焦らずしっかりと手順を踏んで転職すれば、年収アップを狙うのはそこまで難しくありません。

転職エージェントを利用すれば、求人の紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策なども全てサポートしてくれるのでオススメです。

転職サイト・エージェントはどれも無料で利用できますよ。

【年収アップが狙える転職エージェント比較】

特徴
リクルートエージェント
  • 業界No.1の求人数
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • ここに登録しておけば間違いなし
doda
  • サポートが丁寧
  • 担当者の当たりはずれが少ない
  • バランスが取れた転職エージェント
  • 転職サイトとしても利用できる
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 大手・中小企業の独占求人が多い
  • 20代・第二新卒は登録しておくべき

3か月以内に転職を考えているならリクルートエージェント、転職を迷っている・初めてという方はdoda、未経験の仕事に転職したい20代の方はマイナビエージェントがそれぞれオススメです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数・転職実績No.1の業界最大手の総合転職エージェントです。

担当コンサルタントの営業力が高いので、良い求人を引っ張ってきてくれるだけでなく、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。

年齢問わず、登録しておけばまず間違いない転職エージェントです。

無料登録はこちら

doda

doda』は、業界No.2の求人数を誇る大手総合転職エージェントで、直接求人を探して応募できる転職サイトとしても利用できるのが最大の強みです。

『求人数の多さ・面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスが丁寧・担当者の当たりはずれが少ない』といったバランスの取れた転職エージェントで、初めて転職する方でも心強いサポートが期待できます。

「転職に踏み切れないけど相談したい…」という方でも親身になってサポートをしてくれます。

無料登録はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェントです。

新卒業界No.1「マイナビ」を運営していることもあり、20代・第二新卒業界でも急速に拡大しています。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒で転職を考えている方は登録しておくことをおすすめします。

20代で初めて転職する方はマイナビエージェントに登録しておきましょう。

無料登録はこちら

20代で年収を増やすなら転職が圧倒的に楽

年収を増やす3つの方法を紹介しましたが、20代ならば転職が圧倒的に楽だと思います。

実は、未経験での転職ができる年齢は27歳~30歳ぐらいまでなので、30代40代になってから転職しようと思ってももう遅いんですね。

20代なら未経験OKの求人が狙い目【27歳までなら挑戦可能】第二新卒なら未経験OKの求人が狙い目です。理由は単純で、スキルや経験が不要でやる気さえあれば採用してもらえるからですね。ただし、年齢的な限界はあるので急いだほうが良いです。...

副業は、人によって向き不向きがあるうえに稼げるようになるまで時間がかかるので、得意分野でもない限り、稼げずに終わる人の割合の方が多いです。

転職であれば、空き時間を利用して仕事を続けながら転職先を探すことができますし、リスクも少ないうえに、根本的な収入の解決になります。

まずは、転職サイト・エージェントに登録してあなた自身が年収アップを狙えるのか確かめて

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む