生き方コラム

スマホだけで外出が可能、ポイントカード・交通系ICカードも電子化の時代!

「スマートにお会計したくないですか?」

外出するときにできるだけ持ち物を減らしたい!という人多いと思います。

できることなら財布も持ち歩きたくないですよね。

最近電子マネーやクレジットカードで支払いをする人をよく見かけます!

WAONnanaco交通系ICカードなどいろいろありますよね。

さらにはiDQUICPayのようなクレジットカードを登録して使えるようなものあります。

こういった電子マネーがあればわざわざ財布を持ち歩かなくてもいいですよね。

ぼくは、一足早くスマホのみで外出できるようにあらゆるものを電子化してみました!

そこで今回は電子化することで本当に財布はいらなくなるのか?という疑問にお答えします。

電子化できるもの

ではそもそも何を電子化できるの?と思いますよね。

外出先でよく使うものといえば…

  • 現金
  • ポイントカード
  • 交通系ICカード(Suica・PASMOなど)

このあたりだと思います。

実は一部のポイントカードを除けば全て電子化できます!

ぼく自身も最近は全て電子化し、財布を取り出すということはほとんどなくなりました。

実際にどんなものを使っているのか紹介していきます!

1.QUICPay・iD

クレジットカードを登録して使用する後払い方式の電子マネーです。

支払いの仕組みはクレジットカードと全く同じで、スマホをかざすだけでお会計ができるのでカードを取り出す手間、サインや暗証番号を入力する手間などがなくなるので非常に便利です。

「セキュリティは大丈夫なの?」と言う人にも安心です。

暗証番号やサインの代わりに指紋認証やパスコード入力が義務付けられているので、万が一落としても他人に悪用されることはまずないです。

そして一番気になると思うのは「どのお店で使えるのか?」というところだと思います。

基本的にはコンビニ・ショッピングセンター・チェーン飲食店であればほとんど使うことができます。

またガソリンスタンドカラオケ、ぼくの愛用しているUNIQLOなどでも使えます。

ちなみにぼくが使っているのはQUICPayですが、iDとの違いについても一応補足しておきます。

違いは登録できるクレジットカードがそれぞれ異なるという点です。

QUICPayはJCBが運営、iDはドコモと三井住友カードが提携して運営しています。

例えば、三井住友カードやイオンカードであればiDに登録できます。

JCBやアメックスであればQUICPayに登録できるといったように異なっています。

ただしオリコカードやクレディセゾンであればどちらも登録することができます。

使用できる店舗に多少の差はありますが、たいした差ではないのでどちらでもいいと思います。

手持ちのクレジットカードが対応しているほうで問題ないです!

ぼくはQUICPayを使い始めてから財布を取り出すことはほとんどなくなりました。(笑)

またスマートにお会計が済むのでカッコイイです!

2.ポイントカード

財布で一番かさばるものってポイントカードですよね。

あまりにも多いとお会計のときになかなか見つからなくてあたふたすることもあると思います。(笑)

最近はポイントカードの代わりにアプリで管理できるようになったお店もかなり増えました。

アプリで管理できればカードを持ち運ぶ必要もなくなるので楽ですよね!

ポイントカードをアプリで管理するメリットを簡単に紹介します。

メリット

  • カードを持ち歩かなくていい
  • ポイントがいくら溜まったかいつでも確認できる
  • なくす・忘れるといったことがなくなる

じゃあデメリットは?と思うかもしれませんが、特に今のところは感じません。

というのも電子化したいなと考えている人にとっては、メリットのほうが大きいです。

特にTポイントカードPontaカードのような複数の場所で使えるものは早めにアプリに移行しておくと便利です。

一度手持ちのポイントカードをチェックしてみるといいと思います。

3.交通系ICカード

SuicaやPASMOのような電車に乗るときに使うICカードですね。

ちなみにぼくは関東住みなので関西の交通系ICカードについてはわかりません…(笑)

切符を買う必要がないのでほとんどの人が利用していると思います。

ただ毎回チャージしたり、持ち運ぶために手帳型のスマホケースにしたりと意外とめんどうです。

実は今の時代、交通系ICカードもスマホで管理できます。

ただし関東であればモバイルに対応しているのはSuicaのみでPASMOは非対応です。

ぼくはJRユーザーではなかったのでPASMOしか持っていませんでしたが、わざわざ作りました。(笑)

実際に作ってみて一番よかったなと思ったところはチャージがめっちゃ楽なところですね!

モバイルSuicaはクレジットカード経由でチャージできるので非常に楽です。

「急いでいるのにチャージしないと…」「足りないから乗り越し精算しないと…」

これでもう悩む必要はありません。(笑)

またICカードを持たなくて済むので手帳型ケースをやめることができました。

電子化しても財布は必要?

結論から言うとまだ必要だと思います。

というのもコンビニやショッピングセンターなど
あらかじめ電子マネーが使えるのがわかっている場合は財布は必要ないです。

ですがまだまだ電子マネー非対応のお店が多いです。

使えそうなお店がお会計のときに電子マネー非対応なんていうのはよくあります。

いまだにクレジットカードが使えないお店もあるので仕方ないですね。(笑)

ぼくの周りでもまだまだ現金主義の人のほうが圧倒的に多いです。

現金主義の人にあのスマホをかざすだけでお会計が終わるスムーズさを味わってもらいたいです。(笑)

財布がないだけでバッグもいらないし、ポケットもかさばらないしとメリットだらけです。

現金を持ち歩きたいけど財布は持ち歩きたくない人はマネークリップがオススメです。

お札だけ持ち運べるのでポケットに入れても邪魔にならないです。

もしものときのためにも現金は忍ばせておく必要があると思います。

最後に

ぼくは電子化したことでかなり無駄がなくなったと思います。

接客業の経験がある人は心当たりがあると思いますが、

小銭を出すのにもたついていたり、財布の中をひっくり返しているのを見ると無駄だなって思いますよね。(笑)

だからといってあらかじめ財布の中を確認したりというのもめんどうです。

だからこそその悩みを電子マネーで解決してみませんか?

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む