営業

文系でも営業以外の仕事に転職できます【ただし急ぐ必要あり】

文系は営業しか選択肢がないと思っているそこのあなた。

諦めるにはまだ早いですよ。

確かに、文系出身の約7の方は営業職に就きますし、求人の数も圧倒的です。

理系と違って、専門的な知識・技術があるわけでもないので、選べる仕事は限られてきます。

結論からいうと、営業以外の仕事に転職することは可能です。

ただし、年齢とともに求人の数は減っていくので、急ぐ必要があります。

文系の仕事のほとんどが営業職である理由

文系の仕事が営業職ばかりになってしまうのには理由があります。

なぜ選べる仕事の幅が狭いのかを簡単に解説していきます。

1.専門的なスキルや知識を持っていない

これは文系に限ったことではありませんが、仕事に活かせる専門的なスキルを学生のうちに身につけている人は少ないです。

理系であれば、それぞれの専門分野のスキルや研究による知識を活かした仕事に就くことが可能です。

例えば、研究職や開発職・メーカー・プログラマーのような専門職がありますね。

とはいえ、未経験でも採用している業種もあるので、文系の人は意外と見落としがちだったりします。

2.会社にとって都合が良い

新卒で営業に配属されやすいのは、会社にとってそのほうが都合が良いからです。

営業を経験してもらうことで、ビジネスマナー会社の商品・サービスの知識を効率良く身につけてもらうことができます。

また、営業経験は他の業務にも活かせるので、会社にとっては一石二鳥です。

ただし、理系と異なるところは、一生営業で終わる可能性が高いということです。

商社だろうが金融だろうが一生営業です。

営業が嫌な方は転職しましょう。

3.営業の経験が必要な仕事が多い

例えば、「商品企画をやりたい」「マーケティングをやりたい」という新入社員がいても、いきなり配属されることはありません。

上司から「営業で経験を積んで、商品の特性やお客様のニーズをまずは理解してね」と言われるのがオチです。

これは当然のことで、商品企画やマーケティングを行うのであれば、会社のことをしっかり理解していなればいけませんよね。

そのため、やりたい仕事があったとしても最初は営業から、という会社がほとんどなのです。

文系でも転職できる営業以外の仕事

ここからが本題になりますが、文系でも営業以外の仕事に転職することができます。

文系でも転職しやすい仕事一覧

  • 公務員・事務職
  • 小売・販売
  • 経理
  • IT系(エンジニア・プログラマー)
  • インターネット広告業
  • 介護
  • 製造・物流
  • 不動産

実は、営業以外にもこれだけの選択肢があるんですね。

シノミヤ
シノミヤ
もちろん、上記の職種以外にも選択肢はありますが、『未経験でもOK』という点を重視して僕なりに厳選してみました。

この中でも、事務・小売・物流などは文系の転職先として人気です。

特別なスキルや経験が不要で、未経験でも始めやすいのが大きな理由だと思います。

ただ、僕のオススメはIT系・インターネット広告業や介護士などの、将来的に需要が高まる職種です。

今後、IT化や高齢化が進んでいくことはほぼ確実なので、プログラミングのスキルや介護の資格というのは、非常に役に立ちます。

スキル・資格さえあれば転職も可能ですし、プログラミングに至っては独立してフリーランスとして働くことも可能です。

どちらも未経験からスタートするのが当たり前の業界で、教育制度がしっかりしている会社を選べば今からでも遅くないので、ぜひ候補に入れてみてください。

以上が文系の転職におすすめの仕事です。

営業が苦手な人は早めに転職しないとマズい

「営業が苦手だから転職しようかな…」と思っているのであれば、今すぐ転職しないとマズいです。

未経験の仕事に転職する場合、若ければ若いほど有利になります。

例えば、社会人5年目の27歳と社会人2年目の24歳であれば後者のほうが有利です。

「あと何年か働いてからにしよう」と呑気なことを言っていると、選べる求人があっという間になくなりますよ。

僕は銀行を1年で辞めて転職活動を経験しましたが、未経験で募集している会社に関していえば、ウケがとにかく良かったです。

思っている以上に若い世代を育成したいと考える会社は多いですよ。

僕も銀行に入って「営業に向いていないな」と思い、迷いに迷って転職を決意しました。

もちろん反対する意見も多く、僕自身もせっかく入った銀行を辞めることに対して、「せっかく就活がんばったのに…」「今よりいい仕事なんてないんじゃないか…」といろいろな葛藤がありました。

今は営業と全くかけ離れた仕事をしていますが、元々自分が向いてると思っていた仕事ということもあり、将来的な不安はなくなりました。

一生続けられるか不安になっている、向いていないという自覚がある、という方は無理せず転職しましょう。

後回しにすればするほど辞めづらくなりますし、選べる選択肢も減ってきます。

営業は数字が全てです、結果が出ない人は容赦なく後輩に追い抜かれます。

向いていないなら潔く辞める、これができずに会社で肩身の狭い思いをしている人はたくさんいます。

そうならないためにもまずは行動してみましょう。

文系の転職に強い転職サイト・エージェント

文系の転職に強い転職サイト・エージェントをまとめてみました。

どれも無料で利用することができます。

【文系の転職に強い転職エージェント比較】

特徴
リクルートエージェント
  • 業界No.1の求人数
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • ここに登録しておけば間違いなし
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 大手・中小企業の独占求人が多い
  • 20代・第二新卒は登録しておくべき
ウズキャリ第二新卒
  • 20代の第二新卒・既卒に特化した転職エージェント
  • 未経験OKの仕事が多い
  • 転職後の定着率は93%以上
  • ネガティブな理由での転職に強い
  • 経歴に自信がない方にオススメ

3か月以内に転職を考えているならリクルートエージェント、未経験の仕事に転職したい20代の方はマイナビエージェント、経歴に自信がない方はウズキャリ第二新卒がそれぞれオススメです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数・転職実績No.1の業界最大手の総合転職エージェントです。

担当コンサルタントの営業力が高いので、良い求人を引っ張ってきてくれるだけでなく、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。

年齢問わず、登録しておけばまず間違いない転職エージェントです。

無料登録はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェントです。

新卒業界No.1「マイナビ」を運営していることもあり、20代・第二新卒業界でも急速に拡大しています。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒で転職を考えている方は登録しておくことをおすすめします。

20代で初めて転職する方はマイナビエージェントに登録しておきましょう。

無料登録はこちら

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒』は、第二新卒の転職、ネガティブな理由での転職(短期離職・人間関係)に強い転職エージェントです。

ブラック企業を徹底的に排除にしており、転職後の定着率が93%以上と大手よりも高いのが最大の強みで、内定まで1人あたり平均20時間もサポートしてくれます。

カウンセラー全員が元既卒・第二新卒ということもあって、相談しやすく悩みを理解してもらいやすい環境が整っているので、、ネガティブな理由で退職してしまった方にとっては、心強いサポートが期待できます。

長く続けられる会社に転職したいという20代の方におすすめの転職エージェントです。

無料登録はこちら

未経験の仕事に転職する場合、業界知識がまったくない状態からのスタートになるので、転職エージェントのサポートはあったほうがいいと思います。

内定まで無料でサポートしてくれるので、使わないのは正直もったいないです。

もちろん、会社を続けながらでも利用できますし、登録したからといって必ず転職する必要はないので、安心してください。

実は、僕自身も文系でありながら、リクルートエージェントで転職して年収アップに成功しました。未経験ながらIT系に転職し、今は独立できています。

僕もでしたが、最初から自分で選択肢を狭めてしまっている人って多いです。

だからこそ、第三者の意見として転職の専門家の意見も取り入れてみてください。

文系でも営業以外の仕事に転職することはできます。

嫌な営業を無理に続ける必要はありませんよ。

リクルートエージェントの無料登録はこちら

オリンピックが終わると不況が訪れ求人数がガクッと減ります。

2019年のうちに転職しておきましょう。

2019年は転職の好機、オリンピック前に転職しないと手遅れに2019年は転職をする最も好機の年です。東京オリンピックが終わると不況がきて、求人数がガクッと減ります。2019年のうちに転職を考えている方は転職しておきましょう。...
売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む