仕事

「仕事は仕事」と割り切るための3つの方法【嫌な仕事・人間関係】

悩める人
悩める人
仕事は仕事と割り切るにはどうしたらいいの?

社会人として仕事をしていると、嫌な仕事をやらなくてはいけなかったり、嫌いな人とも付き合っていかなければいけませんよね。

「仕事は仕事」と割り切れるのであればいいのですが、なかなか割り切れずにストレスが溜まる一方な人の方が多いのではないでしょうか?

正直、頭の中で「仕事は仕事」と割り切ろうとしてもまず無理だと思います。

大切なのは、仕事以外の何かに意識を向けることです。

今回は、「仕事は仕事」と割り切るための3つの方法を紹介していきます。

「仕事は仕事」と割り切るための5つの方法

仕事を割り切るための5つの方法を紹介していきます。

✔「仕事は仕事」と割り切るための5つの方法

  • 物事を損得で考える
  • 適度にサボる
  • 嫌いな人には無関心
  • プライベートを充実させる
  • やりたい仕事を見つける

順番に解説していきます。

1.物事を損得で考える

仕事を割り切るために手っ取り早いのが、物事を好き嫌いで考えるのでなく、損得で考えることです。

「あの人は苦手だから避けよう…」「この仕事はあまり好きじゃない….」

このような好き嫌いで物事を考えるのではなく、

「あの人は性格に難ありだけど、気に入った人をひいきするから仲良くしておこう」「誰もやりたがらない仕事をやれば、上司に評価されるしつまらないけどやっておこう」

自分自身の損得のために物事を考えるようになれば、「仕事は仕事」と割り切れるようになりますよ。

シノミヤ
シノミヤ
損得で動ける人の方が、サラリーマンとしては優秀ですよ。

2.適度にサボる

「仕事は仕事」と割り切るためには、適度にサボることも大切ですよ。

例えば、仕事中は一切手を抜かずに真面目に全力で取り組む『完璧主義タイプ』の人は、仕事に対して人一倍熱心なので、周りの悪いところにモヤモヤしてしまい、仕事だからと割り切ることができません。

周りが少しでもサボっていたり、適当に仕事をしていることに対して許せなくなってしまうんですね。

真面目な人ほど心の余裕がないのです。

仕事ができる人ほど、しっかりやりつつも適度にサボって心の余裕を保てています。

心に余裕があれば、多少の嫌いな人間関係や嫌な仕事があっても「自分の評価を上げるため」と割り切って仕事ができるようになるんですね。

3.嫌いな人には無関心

職場の嫌いな人・苦手な人に対して、「何とかしよう」と思う必要はありません。

嫌いな人に対して持つべき感情は『嫌い』『苦手』ではなく、『無関心』です。

正直、職場の全員と良い人間関係を築こうと思っても、まず難しいでしょう。

人それぞれ性格や好みがありますし、合わない人は必ず出てきます。

だからこそ、嫌いな人・苦手な人に対して「何とかしよう」と思う必要はありません。”何もしないこと”が割り切るためのコツですよ。

シノミヤ
シノミヤ
こちらがどうにかしようと思っていても、肝心の相手は何とも思っていない可能性が高いです。相手のことを考えるだけ無駄なので無関心を貫きましょう。

4.プライベートを充実させる

仕事以外に楽しみがない人ほど、仕事に縛られてしまい、「仕事は仕事」と割り切るのが難しくなってしまいます。

例えば、休日に楽しめる趣味が合ったり、異性との交流や遊びなどの楽しみがあれば、仕事ばかりに意識が集中することはないはずです。

プライベートを充実させることで、仕事のストレスを緩和することができるので、外部での楽しみを何か見つけてみましょう。

5.やりたい仕事を見つける

そもそも仕事自体が何ひとつ楽しくない、給料が少なすぎる、といった根本的な理由で割り切ることができないという方もいると思います。

「仕事は仕事」と割り切るためには、やりたい仕事または給料が良い、といった自分自身が納得している妥協点が必要なんですね。

いくらやりたくない仕事、給料が安い仕事で割り切ろうと思っても難しいと思います。

そういった方は、潔く転職することをおすすめします。

実は、2019年~2020年は東京オリンピックの影響もあって、転職しやすい絶好のチャンスの年なんですね。

【求人倍率の推移】

引用:大卒求人倍率調査(2019年卒)

転職市場が好景気であれば、やりたい仕事・年収アップを狙った転職をかなり有利に進めることができます。

しかし、東京オリンピックが終わるとほぼ確実に景気が悪くなり、求人数がガクッと減って転職しずらくなってしまいます。

※東京オリンピックと転職市場の関係性は下記記事で詳しくまとめています↓↓

やりたい仕事を見つけるための転職エージェント

やりたい仕事を見つけるのであれば、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは、求人の紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策といった内定までのサポートを全て無料で受けることができます。

目的や経歴に合わせて転職エージェントを選ぶことで、あなたの納得のいく転職先が見つかりますよ。

【やりたい仕事が見つかる転職エージェントTOP3】

リクルートエージェント業界トップなので求人数が圧倒的。転職成功者の6割が年収アップに成功。ここに登録しておけば間違いなし。➤評判・レビューはこちら
ウズキャリ第二新卒20代の第二新卒・既卒に特化した転職エージェント。未経験OKの仕事が多く、転職後の定着率は93%以上と大手よりも高い。ネガティブな理由での転職に強いので、経歴に自信がない方にオススメ。➤評判・レビューはこちら
リクナビNEXT転職サイトの業界最大手。空き時間に自分で求人を探せるので、転職活動をするなら登録しておきたい。自分のペースで進めたい人向け。➤評判・レビューはこちら

※転職サイト・エージェント名をクリックすると公式サイトに飛びます

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職する目的を問わず、転職するなら絶対に使っておきたい転職エージェントです。

求人数約25万件(業界No.1
転職実績累計41万人以上(業界No.1
非公開求人約20万件(全体の9割)
対象の年齢全年齢
特徴
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • 面接対策の質も業界No.1
  • AGENT Reportでより詳しい企業の情報が手に入る
  • 履歴書・職務経歴書のテンプレが用意されている
  • 全国に支社があり、地方の人でも利用しやすい

圧倒的な求人数と転職実績があるので、年収アップを一番狙いやすいです。

また、キャリアアドバイザーの質、求人数、サポート体制、どれをとっても他のエージェントよりも優れています。

20代の場合、未経験業界への転職がしやすいので、求人数の多いリクルートエージェントは絶対に使っておきたい転職エージェントです。

転職するなら、まずはリクルートエージェントに登録しておきましょう。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒の転職、ネガティブな理由での転職(短期離職・人間関係)に強い転職エージェントです。

求人数非公開
内定率86%以上
定着率93%以上
対象年齢29歳まで
特徴
  • 第二新卒・既卒の転職に特化
  • ブラック企業を徹底的に排除
  • 未経験OKの求人が多い
  • 書類選考通過率87%
  • カウンセラー全員が元既卒・第二新卒
  • 個別サポートと集団サポートを選択可能

ブラック企業を徹底的に排除にしており、転職後の定着率が93%以上と大手よりも高いのが最大の特徴です。

カウンセラー全員が元既卒・第二新卒ということもあって、相談しやすく悩みを理解してもらいやすい環境が整っているので、、ネガティブな理由で退職してしまった方にとっては、心強いサポートが期待できます。

長く続けられる会社に転職したいという方にとてもおすすめの転職エージェントです。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトで、スマホ・パソコンでいつでも求人を検索することができます。

新しい求人が毎週更新されるので、こまめにチェックしておくと自分の希望に合った求人を見逃さずに済みますよ。

求人ごとに年収モデルや仕事内容など詳しく掲載されているので、転職したい業界のイメージを掴むためにも登録しておきたい転職サイトです。

公式サイトはこちら

転職サイトはあくまでも求人を探すためのサイトなので、今すぐ転職活動を始めたい方は内定までサポートしてくれる転職エージェントを利用しましょう。

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む