仕事の悩み

「仕事は仕事」と割り切るための3つの方法【嫌な仕事・人間関係】

悩める人
悩める人
仕事は仕事と割り切るにはどうしたらいいの?

社会人として仕事をしていると、嫌な仕事をやらなくてはいけなかったり、嫌いな人とも付き合っていかなければいけませんよね。

「仕事は仕事」と割り切れるのであればいいのですが、なかなか割り切れずにストレスが溜まる一方な人の方が多いのではないでしょうか?

正直、頭の中で「仕事は仕事」と割り切ろうとしてもまず無理だと思います。

大切なのは、仕事以外の何かに意識を向けることです。

今回は、「仕事は仕事」と割り切るための3つの方法を紹介していきます。

嫌な現状から今すぐ抜け出せる

1位 リクルートエージェント

2位 doda

3位 マイナビエージェント

「仕事は仕事」と割り切るための5つの方法

仕事を割り切るための5つの方法を紹介していきます。

✔「仕事は仕事」と割り切るための5つの方法

  • 物事を損得で考える
  • 適度にサボる
  • 嫌いな人には無関心
  • プライベートを充実させる
  • やりたい仕事を見つける

順番に解説していきます。

1.物事を損得で考える

仕事を割り切るために手っ取り早いのが、物事を好き嫌いで考えるのでなく、損得で考えることです。

「あの人は苦手だから避けよう…」「この仕事はあまり好きじゃない….」

このような好き嫌いで物事を考えるのではなく、

「あの人は性格に難ありだけど、気に入った人をひいきするから仲良くしておこう」「誰もやりたがらない仕事をやれば、上司に評価されるしつまらないけどやっておこう」

自分自身の損得のために物事を考えるようになれば、「仕事は仕事」と割り切れるようになりますよ。

シノミヤ
シノミヤ
損得で動ける人の方が、サラリーマンとしては優秀ですよ。

2.適度にサボる

「仕事は仕事」と割り切るためには、適度にサボることも大切ですよ。

例えば、仕事中は一切手を抜かずに真面目に全力で取り組む『完璧主義タイプ』の人は、仕事に対して人一倍熱心なので、周りの悪いところにモヤモヤしてしまい、仕事だからと割り切ることができません。

周りが少しでもサボっていたり、適当に仕事をしていることに対して許せなくなってしまうんですね。

真面目な人ほど心の余裕がないのです。

仕事ができる人ほど、しっかりやりつつも適度にサボって心の余裕を保てています。

心に余裕があれば、多少の嫌いな人間関係や嫌な仕事があっても「自分の評価を上げるため」と割り切って仕事ができるようになるんですね。

3.嫌いな人には無関心

職場の嫌いな人・苦手な人に対して、「何とかしよう」と思う必要はありません。

嫌いな人に対して持つべき感情は『嫌い』『苦手』ではなく、『無関心』です。

正直、職場の全員と良い人間関係を築こうと思っても、まず難しいでしょう。

人それぞれ性格や好みがありますし、合わない人は必ず出てきます。

だからこそ、嫌いな人・苦手な人に対して「何とかしよう」と思う必要はありません。”何もしないこと”が割り切るためのコツですよ。

シノミヤ
シノミヤ
こちらがどうにかしようと思っていても、肝心の相手は何とも思っていない可能性が高いです。相手のことを考えるだけ無駄なので無関心を貫きましょう。

4.プライベートを充実させる

仕事以外に楽しみがない人ほど、仕事に縛られてしまい、「仕事は仕事」と割り切るのが難しくなってしまいます。

例えば、休日に楽しめる趣味が合ったり、異性との交流や遊びなどの楽しみがあれば、仕事ばかりに意識が集中することはないはずです。

プライベートを充実させることで、仕事のストレスを緩和することができるので、外部での楽しみを何か見つけてみましょう。

5.やりたい仕事を見つける

そもそも仕事自体が何ひとつ楽しくない、給料が少なすぎる、といった根本的な理由で割り切ることができないという方もいると思います。

「仕事は仕事」と割り切るためには、やりたい仕事または給料が良い、といった自分自身が納得している妥協点が必要なんですね。

いくらやりたくない仕事、給料が安い仕事で割り切ろうと思っても難しいと思います。

そういった方は、潔く転職することをおすすめします。

実は、2019年~2020年は東京オリンピックの影響もあって、転職しやすい絶好のチャンスの年なんですね。

【求人倍率の推移】

引用:大卒求人倍率調査(2019年卒)

転職市場が好景気であれば、やりたい仕事・年収アップを狙った転職をかなり有利に進めることができます。

しかし、東京オリンピックが終わるとほぼ確実に景気が悪くなり、求人数がガクッと減って転職しずらくなってしまいます。

※東京オリンピックと転職市場の関係性は下記記事で詳しくまとめています↓↓

2020年は転職の好機、オリンピック前に転職しないと手遅れに2020年は転職をする最も好機の年です。東京オリンピックが終わると不況がきて、求人数がガクッと減ります。2020年のうちに転職を考えている方は転職しておきましょう。...

サポートが充実している転職エージェントランキング【初めてでも安心!】

初めての方、転職経験がある方にもおすすめのサポートが充実している転職エージェントを厳選してランキングにしました。

もちろん、登録・利用は無料です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
求人数・転職実績No.1の総合転職エージェント。担当コンサルタントの営業力が高く、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。年齢問わず、登録しておけばまず間違いないですよ。

業界トップなので求人数が圧倒的
転職成功者の6割が年収アップに成功
転職しやすさNo.1
初めて・2回目に転職する人におすすめ

無料登録はこちら

doda
業界No.2の求人数を誇る大手総合転職エージェント。直接求人を探して応募できる転職サイトとしても利用できます。

『求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない』など、バランスの取れた転職エージェントで、初めて転職する方でも心強いサポートが期待できます。

 

求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない
転職サイトとしても利用できる
バランスが取れた転職エージェント
幅広く求人を見たい方におすすめ

無料登録はこちら

マイナビエージェント
大手より後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェント。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒の方に特におすすめです。

 

20代に信頼されている転職エージェントNo.1
大手・中小企業の独占求人が多い
20代・第二新卒の転職におすすめ

無料登録はこちら