入社1年目向け

【給料が上がらない】新卒・若手が勘違いしやすい昇給の現実

新卒・若手
新卒・若手
え、全然給料が増えないんだけど。どういうこと?

新卒で会社に入社し、待ちに待った2年目の初給料。

昇給どころか減っててショックを受けた人も多いと思います。

結論からいうと、3年目、4年目になっても月の収入は大して変わらないですよ。

よほどの大手でもない限り、毎年の昇給額は数千円程度が限界です。

年収に大きく影響を与えるのは、昇給ではなくボーナスです。

昇給の現実を知って、今の会社を続けるかどうかの参考にしてみてください。

新卒1年目でも転職できる

1位 ウズキャリ第二新卒

2位 就職Shop

3位 JAIC(ジェイック)

思ったよりも厳しい昇給の現実

社会人を数年続けると「給料が思ったよりも上がらない」と一度は悩むと思います。

実は、年間の昇給額って思ったよりも少ないので期待している分、ショックが大きいんですよね。

経団連が発表した2018年度の大企業・中小企業の昇給の平均額は以下の通りです。

2018年の大企業の昇給額は平均8,621円

中小企業は平均4,804円の昇給(前年より増加)

大企業ですら年間1万円も昇給しないのが現状なんですね。

しかも、2年目になると住民税の天引きが始まり、初任給より少なくなります。

実は、昇給を体感しづらい一番の原因は、昇給額よりも住民税で引かれる金額のほうが多いからです。

住民税とは、前年の所得に応じて毎年6月から支払わなくてはいけない税金のことです。(税率は一律10%)

2年目の6月から住民税の支払いがスタートするので、毎月の天引きされる金額が増え、手取りが減ります。

具体的な金額は収入の額によるのですが、「月の手取りの10%が引かれる」というイメージで問題ありません。

つまり、毎年数千円の昇給があったとしても、住民税の支払いが始まることで、初任給と同じぐらいの手取りを貰うまでに、4~5年はかかってしまうんですね。

もちろん、ボーナスが期待できる会社であれば、若手でもそれなりの収入を得ることができますが、大半の人は昇給に悩んでいるのが現状です。

年収はボーナスに大きく依存している

実は、年収に大きな影響を与えているのは昇給ではなく、ボーナス役職手当です。

例えば、30代後半の平均年収が600万円のA社とB社があったとします。

  • A社の社員の年収は20代のうちから一定のペースで増える
  • B社の社員の年収は20代のうちはほとんど変わらず、役職に就くことで一気に増える

最終的な年収は同じでも、20代のうちから年収が徐々に増えているA社の社員のほうが貰える合計金額は多いです。

この差は何の差かというと、貰えるボーナスの金額の差です。

多くの会社は上記の2パターンのどちらかに当てはまり、前者のほうが望ましいです。

一定のペースで増え続ける会社というのは、ボーナスの羽振りが良いので、20代でもそれなりに貰えるからですね。

先ほども言った通り、昇給による差というのは微々たるものなので、差がつくとすればボーナスなんですよね。

例えば、僕が新卒で入った銀行のボーナスは『給料1か月分×2回』でした。

しかし、理系の友人のボーナスは1年目から『給料2か月分×2回』で、これだけで年収は50万円くらい変わります。

おまけに月の手取りも4~5万円も違ったので、トータルで年間100万円も差がついていたんですね。

新卒ですらボーナスの金額次第で、これだけ収入が変わってしまいます。

結局のところ、若いうちから収入を増やしたいのであれば、ボーナスがしっかり貰える会社で働かないと厳しいです。

20代で年収を増やす3つの方法!『昇給・副業・転職』で年収アップ! あなたは今の収入に満足できていますか? たとえ大企業に勤めたとしても20代のうちから多くもらえるとは限りません。 多...

「いずれ増えるだろう」と思って仕事を続けていても、期待はずれで終わってしまいますよ。

就活のときって、年収や会社の知名度、仕事内容といったところをメインに考えて選んでいると思うので、昇給・ボーナスのシステムまでは目がいかないですよね。

正直、「今の会社微妙だな」と思ったのであれば転職も視野に入れていいと思います。

転職って年収下がりそうなイメージがあるかもしれませんがそんなことはありません。

むしろ、若いうちなら年収アップは狙いやすいですよ。

業界最大手の転職エージェントである『リクルートエージェント』の場合、転職成功者の6割は年収アップに成功しています。

新卒・若手の場合は、そもそもの給料・ボーナスが少ないことが考えられるので、一度他の求人と比べてみることをオススメします。

転職活動って、仕事を続けながらでもできますし、必ず転職しなければいけないものでもありません。

今より良い求人があったときだけ転職すればいいのです。

若手でも年収アップが狙える転職エージェントランキング【初めてでも安心!】

初めての方、転職経験がある方にもおすすめのサポートが充実している転職エージェントを厳選してランキングにしました。

もちろん、登録・利用は無料です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
求人数・転職実績No.1の総合転職エージェント。担当コンサルタントの営業力が高く、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。年齢問わず、登録しておけばまず間違いないですよ。

業界トップなので求人数が圧倒的
転職成功者の6割が年収アップに成功
転職しやすさNo.1
初めて・2回目に転職する人におすすめ

無料登録はこちら

doda
業界No.2の求人数を誇る大手総合転職エージェント。直接求人を探して応募できる転職サイトとしても利用できます。

『求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない』など、バランスの取れた転職エージェントで、初めて転職する方でも心強いサポートが期待できます。

 

求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない
転職サイトとしても利用できる
バランスが取れた転職エージェント
幅広く求人を見たい方におすすめ

無料登録はこちら

マイナビエージェント
大手より後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェント。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒の方に特におすすめです。

 

20代に信頼されている転職エージェントNo.1
大手・中小企業の独占求人が多い
20代・第二新卒の転職におすすめ

無料登録はこちら

転職するなら若いうちのほうが良いのは明らかなので、登録しておいて損はないと思いますよ。

オリンピックが終わると不況がきて転職が厳しくなります。

転職を考えているなら、2020年のうちに転職しておきましょう↓↓

2020年は転職の好機、オリンピック前に転職しないと手遅れに2020年は転職をする最も好機の年です。東京オリンピックが終わると不況がきて、求人数がガクッと減ります。2020年のうちに転職を考えている方は転職しておきましょう。...
売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む