年収アップ

年収とやりがいのどちらを取るべき?仕事選びのポイントは『妥協』

就職・転職のときに、年収とやりがいのどちらを優先すべきかで迷う方多いと思います。

やりたい仕事ではないけど年収は高い仕事、やりがいはあるけど年収はそこそこの仕事、どちらを取るべきだと思いますか?

結論からいうと、あなたが仕事に求める価値観によって変わります。

今の仕事をお金のためだと思って嫌々続けている人もいれば、働き始めてから価値観が変わって転職したい、という方もいます。

年収とやりがいを両方兼ね備えている仕事ってなかなかありません。

だからこそ、仕事を選ぶときはどこかで妥協する必要があるのです。

収入を増やす方法はたった3つだけ【時代に合わせた稼ぎ方が楽】収入を増やす方法は『副業・独立・転職』の3つだけです。楽に効率的に収入を増やしたいのであれば、今の時代に合った稼ぎ方を身につけるのが一番手っ取り早いですよ。...

年収とやりがいで迷ったときは妥協が必要

年収とやりがいのどちらを取るかというのは、解決が難しい問題です。

結論からいうと、年収とやりがいで迷った場合はある程度の妥協は必要になってきます。

というのも、人によってやりがいを感じるところは違いますし、どちらも満たせる仕事ってなかなかありません。

また、仕事によっては年収を一定以上まで増やすのは難しい職業もありますよね。

例えば、保育士美容師といった仕事はやりがいのある仕事ではありますが、年収は他の職種と比べるとやや低いです。

「仕事は楽しいけど、収入が不満…」

やりがいはあるのに収入面に不満を感じて、転職を考えてしまうというケースもあります。

一方で、年収は高いけど仕事にやりがいを感じない、楽しくはないと思いながら仕事をしている人もいます。

だからこそ、年収ややりがいといった何かしらの条件は妥協しないと難しいです。

また、妥協したほうが仕事の選びやすさは格段に上がりますよ。

そこで、妥協できるポイントを解説していきます。

仕事選びで妥協できる3つのポイント

仕事選びで妥協できるポイントは全部で3つです。

仕事選びで妥協できるポイント

  • 年収
  • やりたい仕事かどうか(やりがい)
  • 働く環境(労働時間・職場までの距離など)

どれかを妥協して、バランスを取れば仕事選びは格段にしやすくなります。

  • 年収はやや低いけど、残業がなくて楽な仕事
  • 年収は高いけど、職場が都心だから通うのは大変
  • やりたい仕事で年収もそこそこだけど、労働時間が長い

このように、どんな仕事でも長所と短所があり、あなたに合ったバランスを見つけることが大切です。

ぼく自身を例に挙げてみます。

銀行を辞めてwebライターをしているぼくですが、ぼくの場合は年収を妥協しました。

その代わり、人間関係の悩みはありませんし、職場も自宅なのでストレスはあまり感じず、仕事の量も自分で調節できます。

何よりぼくは、人間関係で前職を辞めているので、年収よりも働きやすさを重視して選びました。

もちろん年収は下がりますし、先輩・上司といった助けてくれるような人はいませんが、今のほうが充実しています。

人によって妥協したくないポイントは異なるので、まずは絶対に譲れない条件を1つ設定してみましょう。

「この職種がいい!」「年収300万円以上は欲しい!」

どんなことでもいいです。

「やりがいもあるし年収もいい!」という仕事はそうそうないので、どこかで妥協点を見つけることがポイントです。

幸いなことに、2020年のオリンピック需要のおかげで求人は多いですし、企業も採用に積極的です。

このチャンスを逃すのはもったいないですよ。

条件を絞りながら効率良く仕事を探す方法

条件を絞りながら求人を探すうえで、効率が良いのは転職サイトです。

というのも、転職サイトの検索機能はかなり細かいところまで設定できるようになっています。

『希望勤務地・希望年収・職種』といった条件を好みで設定できるので、候補を絞りやすいですよ。

また、無料で利用できるので、求人を探すうえであなたに負担はかかりません。

隙間時間や寝る前に求人をパパっと探すことができますよ。

リクナビNEXTなら、登録しておくだけで8000件以上の求人を見ることができます。

転職サイトなので電話がきたり、転職を急かされることはありませんし、企業側からスカウトメールがくることもあるので、登録しておいて損はないですよ。

毎週水曜日金曜日に求人が更新されるので、こまめに見ておけば良い求人を見逃さないで済みます。

また、転職者の8割は利用しており、求人の約85%はリクナビNEXT限定の求人なので、使わないのは損です。

条件を絞ると求人数は必然的に少なくなります。

だからこそ、こまめにチェックして貴重な転職のチャンスをつかみ取りましょう!

【リクナビNEXTの公式サイトはこちら↓↓】

リクナビNEXT

年収とやりがいをどちらも得ようとするのは難しいですが、可能な限りまで引き上げることは頑張り次第では可能です。

早いうちから転職サイトに目を通して、準備をしておきましょう!

※今すぐ転職したい方は転職エージェントの方がおすすめです。下記記事でまとめています↓↓