転職ノウハウ

転職すると年収が下がる?3年目で転職し年収60万アップした友人の話

「転職したら年収って減るんじゃないの?」

転職に対してマイナスイメージを持っている人多いと思います。

特に20代の方は「転職したら給料が下がる」と思っている人が多いのではないでしょうか?

「キャリアも専門的な知識もないし、転職しても給料が下がりそう」

「転職したいけど、給料が今より下がるんだろうな」

そう思い、今の仕事が辛いと感じても転職するかどうか悩んでしまうのだと思います。

しかし、多くの人が「転職したら給料が下がる」と思っているなかで、ぼくの友人は入社から3年経ったときに『リクナビNEXT』を利用して転職をした結果、キャリアも知識もない未経験業種にもかかわらず年収がアップしました。

今回は転職に成功した友人から話を聞くことができたので紹介していきます!

入社3年目で転職し、年収が60万円もアップした友人の体験談

自己犠牲と長時間労働に耐え続けた3年間

友人は大学卒業後に保険会社の営業職に新卒として入社しました。

大手ではなかったものの、着々と成長を続けている会社だったので友人もまさかブラック企業だとは思ってもいませんでした。

契約のために休日出勤、残業は当たり前で休む時間などほとんどなくノルマに追われる日々。

それだけ働いても年収は350万円でした。

さらに信じがたいことに契約の際に必要な交通費やお茶代、差し入れなどは全て自腹で出さなくてはいけないという見事なブラックっぷり。

契約をしてもらった以上は、お礼を渡さなくてはいけませんし、お得意様であれば差し入れをこまめに渡す必要があるのですが、本来は会社が負担してくれるはずですよね。

休みもない、出費も多い中でも友人は「新卒で入ったからには続けないと…」という強迫観念に駆られながら、なんとか仕事を続けていました。

入社3年目で限界を迎え、退職

劣悪な労働環境で働き、入社して3年目でついに転機が訪れます。

2年目までは固定給+歩合給で仕事をしていた友人ですが、3年目からは完全歩合制になると告げられたのです。

今までは固定給で最低限保障されていましたが、完全歩合制になることで、その最低限すら保障されなくなってしまいました。

「契約が取れなければ給料が出ない」、今まで一生懸命がんばってきて、契約が取れるようになってきた矢先のこの仕打ちに友人は失望し、退職を決意しました。

退職して転職先が決まるまでわずか1か月半

退職後にリクナビNEXTリクルートエージェントに登録し、転職活動がスタートします。

結果的に友人は転職サイトであるリクナビNEXTで転職先が決まりました。

リクナビNEXTは転職サイトなので、自分の経歴と希望の仕事を登録すると、希望にあった求人やスカウトメールが送られてきます。

気になる求人以外は無視しても問題ありません。

そして希望の求人に応募することでリクナビNEXTがマッチングをしてくれます。

リクナビNEXTは転職を急かされたり、電話や面談のようなやりとりも一切なく、あなた自身のペースで転職活動を進めることができます。

「とりあえずいろいろな求人を見たい!」「誰にも介入されたくない!」という方に適しています。

リクルートエージェントは、登録後に担当のエージェントがつき、電話や面談を通してあなたの希望に合った求人を紹介してくれます。

内定までの転職活動をすべてサポートしてくれるのが大きな特徴です。

リクルートエージェントは今すぐ転職したい、転職活動のやり方がわからないからサポートしてほしい、希望に合った求人をしっかりと紹介してほしいという方に適しています。

友人はリクルートエージェントも利用しており、担当のエージェントと転職活動進めていましたが、リクナビNEXTから送られてきた求人に希望の求人があったためそちらに決定しました。

友人は営業はもうしたくないということもあり、未経験の他業種を選んだみたいです。

転職活動を開始して1か月半、面接を受けたのは2社のみで転職先が決まりました。

転職後は給料も増え、しっかりと土日も休みが取れるようになりました!

友人は転職後、ボーナスが年2回ちゃんと支給され、毎月の収入も増え、結果的に年収が60万円もアップしたのです。

さらに休日出勤・サービス残業がなくなりしっかりと休めるようになり、好きなタイミングで有給がとれるようになりました。

今までは休みの日だろうが仕事終わりだろうが関係なく携帯電話が鳴り響き、休みなのに心も体も休まってはいませんでした。

しかし転職したことでプライベートな時間が確保できるようになり、休日に仕事のことを考えなくてよくなったので、ストレスから解放されたと喜んでいました。

社会人になってから付き合いが悪くなっていた友人も、今では仕事終わりや休日に集まれる余裕があり、昔のような笑顔が戻っていてぼくも気持ちがスッキリしました。

これからも定期的に飲みに誘って喜びを分かち合っていきたいですね!

『転職は逃げ』と考えてしまうことこそが逃げである

転職したことのない人の多くは「転職したら年収が下がる」と思っているかもしれませんが、転職した人が全員年収が下がるというわけではありません。

転職に失敗した人の多くは、焦って転職してしまったり、自分のやりたい仕事がわからないまま転職してしまったりしたからです。

「今より良い会社に転職するには年収を犠牲にしないといけない」なんてことはないですし、両方満たすことも十分に可能です。

何も行動を起こしていないのに「転職したら年収が下がる」と決めつけてしまい、辛い仕事を続けてしまうのは非常にもったいないです。

『転職は逃げ』と考えてしまうことこそが、現状から目を背け逃げてしまっているのです。

現状を変えられるのは行動した人だけ

あなたが今の仕事を嫌々続けている、仕事を変えたいと考えているのであれば、とりあえず行動をしてみましょう。

リクナビNEXTなら、登録しておくだけで多くの求人を見ることができます。

転職者の8割が利用しているだけあって、求人数も業界トップレベルで、好条件の求人が揃っています。

「メールで送られてくる求人なんて大したことないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、あなたの希望にマッチする好条件の求人がしっかりと届きます。

リクナビNEXTは、今現在働いている人でも登録できますし、今すぐ転職するわけではないという人でも登録していいのです。

「とりあえず登録だけして気になる求人があったら、どんな感じか問い合わせしてみようかな」くらいの軽い気持ちで登録しても何の問題もありません。

登録・利用はもちろん無料ですし、転職を急かしてきたり、電話がくるようなことはありません。

いざ「もう無理転職したい!」「もう今の会社を続けるのは限界!」と思ったときに転職する手段があるのとないのでは心の余裕が全然違いますよね!

しかしたった5分の登録を「めんどくさいな…」と思って登録しなかった人は、今の会社よりも好条件の求人があっても気づくことすらないまま、転職のチャンスを逃してしまいます。

リクナビNEXTに登録したところであなた自身に何か負担がかかるわけでもありません。

「いつでも転職できる」状態を作っておくことで心に余裕ができますし、いざというときにすぐに行動することができます。

わずかでも転職に興味があるなら、ひとまずリクナビNEXTに登録しておきましょう。

リクナビNEXT

【リクナビNEXTってどうなの?】メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトといえば、『リクナビNEXT』を真っ先に思い浮かべると思います。転職希望者の8割が利用していると言われている、業界最大手の『リクナビNEXT』のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。...

今すぐにでも転職をしたい!、一人では不安という人にはリクルートエージェントも合わせて利用するとより確実です。

転職エージェントについてはこちらの記事で詳しくまとめているので合わせて読んでみてください。

年収アップを勝ち取りたいなら考える前に行動しよう

「年収が下がったらどうしよう」と考えるのは行動してからでも遅くはありません。

転職で年収が上がるか下がるかはあなた次第ですし、行動する前からわかるものではありません。

まずはリクナビNEXTに登録して、あなた自身で確認してみましょう。

周りの意見に流されているだけでは、現状より悪くなることはあっても良くなることはありません。

なぜなら多くの人は「行動を起こさない」からです。

行動を起こさないのは、年収アップができるかどうか以前の問題ですよね!

貴重なチャンスを逃さないためにも、まずはリクナビNEXTに登録するという行動をおこしてみましょう。

【チャンスを逃したくない人は今すぐ登録↓↓】

リクナビNEXT

【リクナビNEXTってどうなの?】メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトといえば、『リクナビNEXT』を真っ先に思い浮かべると思います。転職希望者の8割が利用していると言われている、業界最大手の『リクナビNEXT』のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。...
売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む