仕事

【会社を辞める勇気がない】小心者でも今すぐ仕事を辞められます

「会社を辞めます」とスパッと上司に言い切れる人って、なかなかいません。

ぼくは入社してわずか8ヶ月で辞めていますが、「辞める」と言うまで2か月はかかりました。

小心者にとって、会社を辞める勇気というのは、喉から手が出るほど欲しいものですよね。

でも、安心してください。

小心者でも今すぐ仕事を辞めることはできます。

会社を辞める勇気が出ない3つの原因

会社を辞める勇気が出ないのには、何かしらの理由があるはずです。

会社を辞める勇気が出ない3つの原因

  • 上司に言うのが気まずい
  • 会社を辞めるべきかまだ迷っている
  • 次の仕事が決まっていないから不安

おそらく、この中のどれか、または全部に当てはまるのではないでしょうか?

それぞれ解説していきます。

1.上司に言うのが気まずい

一番多い理由は、上司に「辞める」と言い出せないからだと思います。

これは小心者あるあるかもしれませんが、「辞めたら迷惑がかかる」「周りの人に申し訳ない」とついつい退職後のことを考えてしまいます。

本来であれば、辞めた後のことを考えるのは会社側の仕事であり、辞めるあなたが気にする必要はありません。

ぼくも仕事を辞めるときめっちゃ悩みました。

「自分の仕事を誰かが代わりにやることになるんだろうな」と思うとなかなか辞める決心がつかず、2か月も言い出せなかったです。

ですが、どうせ辞めるなら早めに辞めてしまったほうが、会社にとっても都合がいいですよ。

厳しい言い方かもしれませんが、辞めようとしている人より、働く意欲のある人を会社は求めています。

上司も引き止めはすると思いますが、辞める強い意志が伝われば、ちゃんと送り出してくれますよ。

2.会社を辞めるべきか迷っている

そもそも会社を辞めるべきかどうかで迷っている人もいると思います。

結論からいうと、辞める理由は明確にしておきましょう。

なんとなくで退職してしまうと絶対に後悔します。

給料が少ないから転職する、人間関係がうまくいかないから転職する、というような理由をまずは考えてみてください。

なぜ今の仕事を辞めたいのかがわかれば、転職するときに同じ失敗をしなくて済みます。

ぼくは人間関係が嫌で辞めた、という明確な理由があったので、転職するときに特に意識していました。

辞めるかどうか迷っているのであれば、なぜ迷っているのか整理してみましょう。

3.次の仕事が決まっていないから不安

次の仕事が決まっていなくて、退職に踏み切れない方もいると思います。

どちらかといえば、仕事を続けながら転職活動をして、次の仕事が決まり次第退職するのが理想ですよね。

とはいえ、会社にできれば行きたくない、辞めて解放されたいという方は無理せず退職してしまったほうがいいです。

がんばることも大切ですが、無理をしすぎて精神的に崩れてしまうぐらいなら、まだ余裕があるうちに辞めたほうが次につなげることができますよ。

転職活動は早ければ1か月、長くても2か月ぐらいで終わるので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

ぼくも仕事を辞めるときは、次を考えるほどの余裕は微塵もありませんでした。

しかし、いざ辞めてみると気持ちがスッキリして、転職活動に集中することができたので、先に仕事を辞めるのもアリですよ。

小心者でも今すぐ仕事を辞められる方法

ここまでで辞める勇気が湧いた人もいると思います。

その方は、上司に報告すればOKです。

今すぐ転職活動の準備を始めておきましょう。

【20代向けの転職活動の始め方を解説しています↓↓】

➤既卒・第二新卒の失敗しない転職活動の始め方!20代の転職事情を徹底解説

ここからは、小心者のぼくが実践した辞める状況を自分で作り上げる方法を紹介します。

具体的な内容は、仕事を休むことで、次の日行きづらくなり、結果的に辞めざるを得ないという状況を作りました。

小心者の人って、根は真面目な人が多いので、一度休むと罪悪感で会社に行きづらくなります。

当然、次の日も行かなければ余計に行きづらくなるので、もう辞めざるを得なくなりますよね。

上司も休みが続くと察してくれますし、あなた自身も辞める決心がつくので、辞める勇気が出ない人は試してみてください。

会社に行かなくても仕事は辞められる

最後になりますが、お金に余裕があるなら退職代行サービスを使うと、会社に行かなくても退職することができますよ。

退職代行とは、あなたの代わりに退職の手続きを代行しているサービスのことで、若い人を中心に年々利用者が増えています。

退職代行SARABAなら、業界最安値の3万円即日退職も可能です。

主な特徴は…

  • 費用は一律3万円(追加料金なし)
  • あなた自身で退職する旨を伝えなくていい
  • 即日退職が可能
  • 24時間対応相談・電話回数無制限
  • 万が一、退職できなければ全額返金保証つき
  • 退職率はほぼ100%(1件だけ利用者が退職ではなく休職を選択したため)

最近、ニュースや新聞で「退職代行を使うなんてけしからん!」という意見も見かけますが、個人的には良いサービスだと思います。

というのも、退職を経験した身からすると、辞めるときってかなりしんどいです。

退職届を渡しに行かなくてはいけませんし、挨拶回りもしなくてはいけません。

辞めるとはいえ気まずいので、できれば行きたくないですよね。(笑)

「今すぐ仕事を辞めたい!」という方は、退職代行に相談してみましょう。

【退職代行SARABAの公式サイトはこちら↓↓】

退職代行SARABAで今すぐ退職

『退職代行SARABA』の評判やメリット・デメリットを徹底解説!最近話題の退職代行サービスは本当に退職できるのか?『退職代行SARABA』のメリット・デメリットを徹底解説します。業界最安値で100%退職できる理由を紹介していきます。...

小心者でも今すぐ仕事を辞めることはできますよ。

仕事を辞める勇気がなくても、仕事は辞められます。

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む