仕事

「仕事に飽きた」は転職のサイン、今の仕事を10年後も続けられますか?

仕事に飽きを感じながらも、今の仕事を続けているそこのあなた。

10年後も今の仕事を続けるビジョンは見えていますか?

「仕事に飽きた」は転職のサインです。

今のうちにやりがいのある仕事に就かないと、後悔することになりますよ。

10年後に後悔しないために、今行動すべきかどうか改めて考えてみてください。

仕事に飽きてしまう原因

仕事に飽きがくるのは、別におかしいことではありません。

何年も、あるいは数か月でも飽きを感じることはもちろんあります。

仕事に飽きてしまう原因

  • 仕事内容が単調でつまらない
  • 周りのレベルが低くて張り合いがない
  • 成長を感じられない
  • 仕事のマンネリ化

毎日同じような仕事をしていると、どうしてもルーティンワークになってしまいます。

仕事に慣れることはいいことですが、変化のない日々が退屈になってしまい、「仕事に飽きた」と感じるようになってしまっているんですね。

仕事に飽きを感じている人は、現状で満足できていない可能性が高いです。

「毎日同じだから、たまには違う仕事もしたい」

そう思いつつも、変化のない日々を繰り返してしまっています。

とはいえ、いろいろな仕事を与えてマンネリ化を防いでくれる会社も、もちろんあります。

例えば、ジョブローテーションを採用している会社では、数年ごとに部署の異動や仕事の内容が変わるので、仕事のマンネリ化を防ぐことができます。

たとえ、今の環境が嫌でも「数年耐えれば異動できる」と思えば続けられますよね。

もしもあなたの会社にジョブローテーションのような制度があるのであれば、異動まで待つのも一つの手です。

ぼくは、異動まで待てなかったですし、当時の仕事を10年後も続けているビジョンが見えませんでした。

この先、10年20年も続けられる仕事を求めて転職し、今の仕事に出会い、続けることができています。

正直、転職していなかったら今ほどの充実感は得られませんでした。

「仕事に飽きた」と感じている人は、今の仕事を10年後も続けられるか考えてみてください。

もしも、自信がないのであれば、それは転職のサインです。

自分を偽らずに正直になってみましょう。

転職のサインを見逃すと現状は好転しない

残念ながら、転職のサインを一度見逃すと、10年後も今と同じままです。

新しいことを始めようと思ったけど、何もせずに熱が冷めちゃった経験はありませんか?

思うことはあっても、行動まで移せる人って少ないです。

もちろんリスクもありますし、必ずうまくいくとは限りません。

とはいえ、何も行動しなければ現状が好転しないのも事実です。

「学生のときにちゃんと就活をしておけば…」「あのとき転職しておけば…」

後悔ばかりの人生だと、最後に残るのは虚しさだけですよ。

無理に転職する必要はありません

ですが、転職できる年齢には期限があります。

正直、仕事で新しい挑戦ができるのは、20代のうちだけです。

30代以降になると、経験者採用が主で、それ以外の求人は基本的に非正規雇用なので、結局転職できずに終わってしまいます。

10年後に気づいても、もう手遅れですよ。

だからこそ、行動するなら今のうちです。

まずは最初の一歩を踏み出してみましょう。

仕事を続けながらでも転職の準備はできる

いきなり会社を辞める必要はありません。

仕事を続けながらでも、転職活動はできますし、転職先が決まってから退職しても問題ないですよ。

「今より良い会社があったら転職する」ぐらいの気持ちで、転職活動を始めてみましょう。

リクナビNEXTなら、登録しておくだけで求人を見ることができますし、無料で利用できます。

転職サイトなので電話がきたり、転職を急かされることはありません。

また、あなたに対して企業側からスカウトメールがくることもあるので、登録しておいて損はないですよ。

【実際にぼくの友達もリクナビNEXTを利用して、転職に成功しています↓↓】

転職すると年収が下がる?3年目で転職し年収60万アップした友人の話

あなたが転職したいときに、良い求人の情報を握っておけば転職のチャンスを逃さないで済みます。

「仕事に飽きた」とわかっていながら仕事を続けるのって精神的にきついです。

もし、やりたい仕事が見つかれば、人生のマンネリ化からぬけだすことができますよ。

繰り返しになりますが、10年後に気づいても遅いです。

せっかくの転職のサインを無駄にしないようにしましょう。

【リクナビNEXTの公式サイトはこちら↓↓】

リクナビNEXT

「仕事に飽きた」は転職のサインです。

10年後に後悔しない選択を決断しましょう。

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む