転職ノウハウ

「転職はもったいない」と言う人ほど転職経験がない【周りに流されるな】

転職経験がない人
転職経験がない人
転職するなんてもったいない!

今この記事を読んでいるあなたは、転職したいけど周りに「もったいない」と言われて迷っている、そんな状況ではありませんか?

転職しようとすると誰かしらに必ず「もったいない」言われ、反対されます。

しかし、「もったいない」という人ほど実は転職経験がないことが多いんですね。

簡単に「転職はもったいない」という意見に流されてはいけません。

周りの意見に流されず、自分の判断で転職するかを決めないと確実に後悔します。

今回は僕自身の退職・転職経験も合わせてお話していきたいと思います。

嫌な現状から今すぐ抜け出せる

1位 リクルートエージェント

2位 doda

3位 マイナビエージェント

「もったいない」と言う人ほど転職経験がないのはなぜか

結論からいうと、自分自身が転職を経験していないからです。

人は自分自身で経験したこと以外は憶測でしかモノを言えないので、経験がないことに関しては多数派に乗っかりがちです。

転職しない人のほうが割合的に多いので、『転職=少数派』として否定されてしまうんですね。

また、日本では未だに終身雇用の慣習が根強く残っているので、転職に対して否定的な人が多いです。

転職経験ない人
転職経験ない人
せっかく就職できたのにもったいない…

この言葉ほど中身がなく無責任な言葉はありませんよね。

表面的な情報(会社名、給料)でしか判断していない証拠です。

本人にしかわかり得ない事情って少なくともあると思いますよ。

  • 給料はいいけど、人間関係がうまくいかなくて精神的に限界…
  • やりたい仕事が見つかったから、若いうちに転職したい…
  • 今の仕事が向いていないから、転職したい…

どれも良くない現状を改善したいというポジティブな考えですよね。

「もったいない」という理由だけで否定され、「せっかく頑張って就活したし…」「辞めるのは親に申し訳ない…」とせっかくのチャンスをみすみす逃してしまう人が後を絶ちません。

結局のところ、周りの人の意見はあなたの前進を妨げる足かせにしかならないのです。

「もったいない」で後悔するほうがもったいない

正直、周りから「もったいない」と言われて転職せずに、後になって後悔するほうがよっぽどもったいないですよ。

転職してどうなるかなんて、実際に転職してみないとわかりません。

決めるのは周りではなく、あなた自身です。

僕自身も新卒で入った銀行を人間関係で辞めようとしたときに、耳にタコができるほど「もったいない」と言われ続けました。

会社を休職し、休職期間中に転職しようと思っていましたが、周りからの「もったいない」に押し負けて復職を選択してしまったんですね。

もちろん、人間関係が原因なので続くはずもなく復職後2か月で退職し、会社に対する申し訳なさとともに、僕は深く後悔しました。

「あのとき転職しておけば、余計な罪悪感を感じずに転職できたかもしれない…」

僕は今でもその時の罪悪感が心に引っかかっています。

唯一の救いは、今の仕事が楽しくて、転職してよかったと心から思えるところです。

あのとき転職していなかったら、もっと大きな後悔が残っていたと思います。

正直、転職したところで失うものって何もないですよ。

あなたが頑張って就活を乗り越えた事実、勤め続けた経験は一生残ります。

「もったいない」という周りからのひと言で、転職の機会を失ってしまうことのほうが、よっぽどもったいないですよ。

※仕事を辞めるのは甘えではありません。転職できる年齢というのは若いうちに限られていますよ↓↓

「仕事を辞めたい」は甘えじゃない、悲惨な末路を迎える前に対処すべき仕事を辞めたいは甘えと思っているのであれば大きな勘違いです。頑張りすぎると、悲惨な末路を迎えることになります。今のうちに環境を変えて対処しましょう。...

転職するかどうかは自分の意志で決める

転職するかどうかはあなた自身の意志で決めましょう。

周りの意見に従って後悔しても、誰も責任を取ってはくれませんよ。

迷っている時間は正直もったいないので、まずは行動に移してみましょう。

※転職すべきか迷っている方は下記記事で転職すべきかどうか確認してみてください↓↓

転職すべきか迷ったときに確認したい5つのポイント【経験者が語る】今現在、転職すべきか迷っている方向けに転職すべきかどうかを判断する5つのポイントを紹介していきます。転職に踏み切れないのはなぜなのか今一度再確認してみましょう。...
【20代・30代・40代】年齢別おすすめ転職エージェント3選 転職エージェントには、それぞれ特徴や得意分野があり、年齢や目的に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。 そこで今回は、各...

サポートが充実している転職エージェントランキング【初めてでも安心!】

初めての方、転職経験がある方にもおすすめのサポートが充実している転職エージェントを厳選してランキングにしました。

もちろん、登録・利用は無料です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
求人数・転職実績No.1の総合転職エージェント。担当コンサルタントの営業力が高く、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。年齢問わず、登録しておけばまず間違いないですよ。

業界トップなので求人数が圧倒的
転職成功者の6割が年収アップに成功
転職しやすさNo.1
初めて・2回目に転職する人におすすめ

無料登録はこちら

doda
業界No.2の求人数を誇る大手総合転職エージェント。直接求人を探して応募できる転職サイトとしても利用できます。

『求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない』など、バランスの取れた転職エージェントで、初めて転職する方でも心強いサポートが期待できます。

 

求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない
転職サイトとしても利用できる
バランスが取れた転職エージェント
幅広く求人を見たい方におすすめ

無料登録はこちら

マイナビエージェント
大手より後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェント。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒の方に特におすすめです。

 

20代に信頼されている転職エージェントNo.1
大手・中小企業の独占求人が多い
20代・第二新卒の転職におすすめ

無料登録はこちら

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む