友達

ネガティブな友達と縁を切ろう!あなたのネガティブは友達が原因





「ネガティブは伝染する?」

誰しもネガティブなときってありますよね。

「ポジティブ思考なはずなのに、最近ネガティブに考えちゃうな~」

普段はわりとポジティブ思考なあなたがネガティブに考えてしまうのは友達が原因かもしれません。

ネガティブは伝染します。

周りにネガティブな友達がひとりでもいると、あなたもネガティブになってしまいます。

今回はネガティブな友達と縁を切る方法を紹介していきます。



ネガティブな友達がいる人は要注意!

あなたの周りにネガティブ発言が多い友達がいる方は要注意です。

「どうせ無理だよ」「できっこないよ」

何か新しいことや難しいことに挑戦しようとしたときに、出鼻をくじいてくる友達は今すぐ縁を切りましょう。

特に、仲良いの良い親友やいつも一緒に行動している人がネガティブだと、あなたは『挑戦できない人間』になってしまいます。

「そんな簡単に影響されないよ!」と思うかもしれませんが、実は潜在的に影響されてしまっているのです。

身近な人に否定され続けると「やっぱりやめたほうがいいのかな?」って一瞬でも思ってしまいますよね。

もし止める人がいなかったらあなたは挑戦していたのではないですか?

挑戦していないのにうまくいくかどうかなんてわからないですよね。

あなたはネガティブな友達によって、挑戦して『うまくいくかもしれない可能性』を失ってしまったのです。

あなたの周りには、チャンスを奪うネガティブ思考の友達が潜んでいます。

まずは見つけ次第、何かしらの対策が充実必要です。

隠れたネガティブ思考をもつ人たち

実はネガティブには2種類のタイプがいます。

  • ネガティブ発言が多い現実主義タイプ
  • 口だけで行動しないネガティブを隠しているタイプ

一般的にイメージするネガティブな人というのは現実主義タイプで、ネガティブが表に出ているのでわかりやすいですよね。

しかしネガティブな思考をもつタイプはもう1種類います。

口だけで行動しない、いわゆる『ビッグマウス』も実はネガティブ思考なのです。

「俺らなら○○なんて余裕」「頑張れば有名になれる」

でもそういう人に限っていざやろうとすると「最近忙しくて~」「今は余裕ないわ~」と言い訳をして、結局やらないです。

デカいことを言う割に、何も行動しない人っていますよね。(笑)

新しいことを始めるには『度胸』が必要ですし、何かしら犠牲にするものも出てきます。

ものによっては今の仕事をやめたり、お金になるまで泥臭い努力をしなくてはいけませんよね。

実は『ビッグマウス』な人ほど、今の安定を手放せず、新しいことを始める『度胸』がないのです。

本当は自信がない、行動する勇気がないのをデカいことを言って隠しています。

プライドが高く、自分を良く見せようとしてしまうのです。

彼らは口だけ達者なネガティブ思考の持ち主なのです。

口だけで行動しない友達と一緒にいると、あなた自身もなかなか行動を起こしづらいですし、高めあう仲間にはなれませんよね。(笑)

「あいつも頑張ってるし、俺も頑張らないと!」

行動していない人から得られるものは何一つありませんし、夢のある話もするだけでは意味がないですよね。

「できると思うならやればいいじゃん(笑)」と言ってやりたいところですが、彼らは「忙しいからできないだけ」と言い訳をして、結局やらないので距離を置くのがベストです。

周りを行動できる人間で固めよう

人間は磁石のように一番関わっている友達に影響されていきます。

行動力のある人間と関わっていれば、自然と行動できるようになりますし、その反対も然りです。

だからこそ、周りを行動できる人間で固めるようにしましょう。

ぼくも学生時代は安定を求め、銀行に就職しましたが、心のどこかではサラリーマン以外の道に憧れていました。

きっかけは行動力があった友達の影響でしたが、当時仲良かったのは彼ではなく現実主義者のネガティブな友達でした。

ぼくは結局銀行員を辞めて、今は記事を書いています。

思い切った決断ができたのは、ネガティブな友達を排除して行動できる友達と深く関われるようになったからです。

関わる友達次第であなたはポジティブにもネガティブにもなることができます。

10代、20代のうちにしかできないことってたくさんありますよね!

挑戦せずに30代、40代になって後悔するのは非常にもったいないです。

少しでも思い当たる節があるのであれば、早めに対処しておくことをおすすめします。

無理に絶交までしなくてもいいので、会う頻度を減らしたり、少しずつ距離を置いてネガティブが伝染しないように意識してみましょう。




売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む