派遣・フリーター

20代フリーターの末路は悲惨!30代になって気づいてももう手遅れ

20代フリーター
20代フリーター
一生独身のつもりだし、フリーターでいいや

フリーターをやっていても10代~20代前半のうちは、そこまで危機感を感じにくいと思います。

というのも、20代でフリーターをやっている人は多いですし、ひとり暮らしをしていても贅沢をしなければ生活できてしまうからです。

ですが20代後半~30代になるにつれて、フリーターであるあなたの価値は落ちていき、正社員としての道も閉ざされて、一生フリーターで生きる道しかなくなってしまいます。

20代フリーターの末路は悲惨です。

ですが、20代であればまだ間に合います。

今のあなた自身の現状を把握し、まずは小さなことでもいいので行動を起こしてみましょう。

30代になった途端に閉ざされる正社員への道

今現在フリーターとして生活している人にとっては厳しい現実かもしれませんが、正社員としての経験が少ない、またはない人が30代になって正社員になろうとしても無理です。

仮になれたとしても、労働環境が劣悪で「バイトのほうがマシなんじゃないの?」と思うようなブラック企業ぐらいです。

30代向けの正社員の求人というのは、「今まで正社員として働いていた人を中途採用で雇いたい」という会社側の意図があるので、面接を受けることができても採用される確率は雀の涙ほどだと思います。

転職サイトや転職エージェントも30代で正社員としての職歴がない場合、求人を紹介することは非常に難しくなってきます。

該当する求人がほとんどない、またはブラック求人しかないからです。

20代から30代になった途端に、もう後戻りができない厳しい現実が待っています。

年齢を重ねるごとに落ちていくフリーターとしての価値

正社員への道が閉ざされるだけでなく、フリーターとしての価値も落ちていきます。

30代フリーターと20代フリーターであれば、専門的なスキルや替えがきかない仕事でない限りは20代のほうが価値がありますよね。

若くてエネルギー溢れる20代と、体力的にも衰えが見え始め、暗い雰囲気が漂う30代とでは天と地ほどの差があります。

また20代前半の非正規雇用の割合は25%~30%前後総務省統計局調べ)で、意外と多いですよね。

これだけ20代のフリーターがいると、今のポジションを取られるのも時間の問題だと危機感を持ったほうがいいかもしれません。

あなたのフリーターとしての価値も落ちていることを忘れてはいけません。

今まで見てきた非正規雇用の悲惨な末路

僕が大学生のときにしていたアルバイトでも、悲惨な非正規雇用の大人を数多く見てきました。

とある倉庫でギフトのピッキングや包装のアルバイトをしていたのですが、そこは社員数人で何十人もの派遣・アルバイトをまとめている非正規が多い職場でした。

当時18歳だったぼくに任された仕事は、サブリーダーとして派遣の人たちに指示を出してまとめることで、派遣の人たちはもちろん全員年上で、30代~50代の人が多かったです。

18歳の若造に指示されるのって相当な屈辱ですよね。

しかし、残念ながらそれが現実です。

派遣の人たちと話していると、学歴や過去の仕事のことを自慢してくる人がいましたが、正直「惨めだな~」としか思いませんでした。

学生は平気でフリーターを見下してきます。

あなたはこのまま年下の人間に見下され、こき使われながら仕事をしたいですか?

20代ならまだ間に合います。

行動するなら今しかありません。

※正社員として一発逆転したい方は下記記事を合わせて読んでみてください↓↓

フリーターでも月収30万円の正社員になれます【正社員経験なくてもOK】フリーターでも月収30万円を狙うことは十分可能です。たとえ、正社員経験がなくてもしっかりと適切なステップを踏むことで月収30万円の正社員になることができます。...

フリーターは一生安定しない雇用形態

フリーターは一生安定することはない悲惨な雇用形態です。

会社にとっては正規雇用よりも非正規雇用のほうが都合がいいので当然ですよね。

なかには、「ちゃんと将来のことを考えてる」という方もいますが、本当に将来のことを考えているのであれば、今すぐ行動しないとマズいですよ。

今は正社員以外にも、フリーランス・投資家・YouTuberといった多種多様な働き方があるので、正社員でいることが正解ではないです。

ですが、何をするにしても「今すぐ行動しなくてはいけない」ということに変わりはありません。

フリーターでいることがあなたのゴールではありませんよね。

派遣やアルバイトなんていつ契約を切られるかわかりません。

「続けたら正社員として雇ってもらえるかも…」と思っているのであれば、それは甘い考えです。

残念ながら、都合のいいように非正規で扱われて貴重な20代をムダにしてしまう人も多いですよ。

派遣から正社員を目指すより、最初から正社員採用を狙うほうが楽「派遣でがんばって正社員になろう!」と考えているそこのあなた。 派遣から正社員を目指すより、最初から正社員採用を狙うほうが楽ですよ...

今ここで行動をおこしたかどうかで、あなたの人生は180°変わります。

正直、20代であれば十分に立て直すことが可能ですし、一発逆転を狙うことができます。

たとえ正社員経験がなくても月収30万円の正社員になれますよ。

別に難しいことは何ひとつありません。

必要なのは、現状を変えたいという意思と行動力だけです。

フリーターでも月収30万円の正社員になれます【正社員経験なくてもOK】フリーターでも月収30万円を狙うことは十分可能です。たとえ、正社員経験がなくてもしっかりと適切なステップを踏むことで月収30万円の正社員になることができます。...

手遅れになってから行動しても遅い

繰り返しになってしまいますが、20代ならまだ間に合います。

「もう遅い」と諦めないでください。

最初は小さな一歩からでもいいのです。

恥じるべきは、正社員にならなかったあなたではなく、正社員になろうとしない今のあなたですよ。

正社員への道はあなたが思っているほど険しくはありません。

悲惨な30代フリーターになる前に今すぐ行動しておきましょう。

フリーターでも月収30万円の正社員になれます【正社員経験なくてもOK】フリーターでも月収30万円を狙うことは十分可能です。たとえ、正社員経験がなくてもしっかりと適切なステップを踏むことで月収30万円の正社員になることができます。...
売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む