入社1年目向け

新卒で仕事を辞めても焦って転職するのはNG!まずはバイトを探して落ち着こう

悩める人
悩める人
仕事を辞めたけどすぐに転職すべきかな…

新卒で入社したのはいいけど退職してしまった場合、すぐに転職すべきかとりあえずバイトをするか迷っている方いると思います。

当ブログでは20代の転職について取り上げることが多いのですが、そもそもすぐに転職したほうがいいの?と疑問に思う方も少なからずいますよね。

結論からいうと、やりたい仕事が決まっているのであればすぐにでも転職したほうが良いです。

ですが、やりたい仕事や向いている仕事が定まっていないのに焦って転職してしまうと痛い目を見てしまいます。

初めての転職であればそこまでマイナスに考える必要もありません。

「焦って転職をしたけどやっぱり合わなかった…」

転職を短期間で繰り返してしまうほうがよっぽどマイナスです。

今回は、バイトをしながらでも焦らずに転職活動をしたほうがいい理由と方法について解説していきます。

焦らず転職活動をして後悔のない人生を送ろう!

焦って転職活動をしてはいけない

仕事を辞めてしまうと誰しもが焦ると思います。

辞めた理由は人それぞれだと思いますが、周りの同年代の友達が働いていたり、家族からのプレッシャーがあったりすると「すぐに転職をしないと!」と思ってしまいますよね。

冒頭でも少し述べましたが、自分のやりたい仕事が決まっているのならすぐにでも転職したほうがいいのは間違いないです。

働いていない空白期間というのはできる限りないほうが好ましいです。

ではやりたい仕事や向いている仕事がわかっていない場合はどうでしょうか?

やりたい仕事がわからないのに転職活動をしても焦って視野が狭くなってしまいますよね。

焦って転職活動をしたときに陥りがちな落とし穴は…

  • 求人に書いてある月収・年間休日数といった表面的な情報しか見ない
  • やりたい仕事ではなく、できる仕事を探してしまう
  • 自分を安売りしすぎて消極的な転職になりがち
  • 転職することが目的になってしまい、妥協しやすくなる

焦ることで上記のような質の悪い転職をしてしまう原因になります。

ぼくも転職サイトを見ていて感じたことが「意外と条件の良い会社が多い」と思いました。

ついつい飛びついてしまうような求人が転がっているんですよね。

しかしこの条件が良いというのが実は甘い罠なのです。

転職して失敗したと感じた人に多いのが…

  • 求人との条件が全然違った(給料・残業・休み)
  • 人間関係がうまくいかない
  • 仕事に全然ついていけない
  • 自分のやりたい仕事と違った

特に求人との条件が違うというのはよく聞く話ですよね。

なぜこういったことが起こってしまうのでしょうか。

実は就職活動と転職活動では会社と個人の関係がまったく逆になってしまうからです。

就活の場合、会社はできるだけ優秀な新卒が欲しいので選考に時間やお金をかけますし教育にも力を入れますよね。

就活生も複数内定をもらえば、自分の行きたい企業に行けるので選択権があるのは就活生側です。

就活生側に選択権があり、下手な対応をしてしまえば逃げられてしまうので就活においては個人のほうが有利です。

しかし転職活動の場合は真逆です。

仕事を辞めて転職する人は一定数必ずいます。

その中で多少条件と違ってでも働きたいという人がいるので、会社側が強気に出ることができるんですよね。

「条件に不満があるならほかの会社にいけば?」

たとえ求人との条件の違いを訴えても一蹴されて終わりです。

あなたでなくても同じ条件で働きたいという人がいる以上はまかり通ってしまうのです。

もちろんすべての会社にあてはまるものではありません。

ただし焦って転職活動をしてしまうと視野が狭くなり、見落としがちになってしまうので一度落ち着いて頭の中を整理してから転職活動を始めてみましょう!

転職活動中はバイトをしながらでもできる

転職活動ってやろうと思えば、1か月程度でもできてしまいます。

自分で求人サイトで探して、履歴書を送って面接をするだけなのでそこまで難しいものではないです。

しかし転職をするのにそんなあっさり決めてしまっていいのでしょうか?

就活のときってあらかじめ応募する会社についていろいろ調べて、志望理由や自己PRを念入りに考えたりとしっかりと時間をかけて対策して選考に臨んだと思います。

「こういう仕事がやりたい」と意気込んで就活しましたよね。

もしも妥協して辞めた会社に入社していたのであれば、モチベーションが続かないのは身をもって体験したと思います。

だからこそ焦って転職活動をするのは避けましょう。

別に貯金があるのであれば無理にバイトをする必要もありません。

ぼくとしてはバイトをするぐらいの余裕をもってしっかりと転職活動をしたほうが自分のやりたい仕事を見極めることができると思います。

むしろバイトをするぐらいの心の余裕がないと冷静に判断なんてできませんよね

まずは短期でも単発でもいいのでバイトを探して気分転換してみましょう。

おすすめのアルバイト求人サイトはマッハバイトです。

正直アルバイトの求人サイトってそこまで差はないです。

マッハバイトをおすすめした理由はバイトに採用されれば全員に最大で1万円もらえる特典が必ずついているところです。

1万円あれば転職活動の際の交通費に使ってもお釣りがきますよね。(笑)

臨時収入という意味でもかなりありがたい特典です!

【マッハバイトの公式サイトはこちら↓↓】

マッハバイト

最後に焦らない転職活動のやり方を紹介します。

バイトをしながら焦らずに転職活動をする方法

アルバイトをしながらでも、転職活動をすることはできます。

まずは転職サイトに登録して、求人を探すところから始めてみましょう。

リクナビNEXTなら、登録しておくだけで求人を見ることができますし、無料で利用できます。

求人の9割以上が正社員の求人なので、あなたの求める求人が見つかるはずです。

転職サイトなので電話がきたり、転職を急かされることはありませんし、企業側からスカウトメールがくることもあるので、登録しておいて損はないですよ。

同時に、転職エージェントである「リクルートエージェント」にも登録できるので、転職活動のサポートや求人を紹介して欲しい方は、合わせて利用するとより確実です。

リクナビNEXTなら、あなた自身のペースで転職活動を進められるので、登録しておいて損はないですよ。

【リクナビNEXTの公式サイトはこちら↓↓】

リクナビNEXT

今すぐ転職できる方は転職エージェントがおすすめです。未経験の転職におすすめの転職エージェントを下記記事で詳しくまとめています↓↓

未経験の転職に強い転職エージェントTOP3【転職経験者が厳選】未経験でも働きやすい会社に転職できる第二新卒向けの転職エージェントを3つ厳選しました。転職に失敗したくない方はぜひ読んでみてください。...

バイトしながら焦らずに転職活動をしても遅くはないですよ!

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む