新卒1年目の悩み

入社1年目で辞めるベストなタイミングとは?経験者が語る新卒の退職

悩める人
悩める人
新卒で入ったけど、辞めるべきタイミングがわからない…

入社1年目で仕事を辞めたいけど、辞めるタイミングがわからないという方多いと思います。

ぼくも新卒で入った会社を8か月で辞めているので、気持ちは痛いほどわかります。

世間一般で言われている、仕事を辞める理想のタイミングはボーナスが出る6月と12月です。

ただし、あくまで金銭的な意味での理想のタイミングであり、体調不良や精神的なものが原因の場合は今すぐ退職したほうが良いという場合ももちろんあります。

今回は経験者が語る入社1年目の辞めるベストなタイミングについて解説していきます。

転職に有利な時期ってあるの?

転職に有利な時期というのは、求人数が多くなる3~4月9月~10月です。

この時期は、年度が切り替わるため、企業側が新たな人員を補充するために新規の求人が増えます。

もちろん求人数に伴って転職者も増えるので一概に有利とは言い切れないですが、求人数が多いに越したことはないと思います。

ただし、ボーナスがもらえる6月・12月に退職ということを考えると少し期間が空いてしまいます。

転職活動は1~2か月程度で終わってしまうことが多く、転職活動の期間は収入がないので注意が必要です。

シノミヤ
シノミヤ
仕事を辞めるときに、少なくとも3か月は生活できるだけの貯金はあったほうが安心です

体調不良や精神的に限界な人は無理をしてはいけない

ボーナスをもらってから辞めたほうがいいとは言いましたが、体調不良や精神的に限界な人は無理をしてはいけません。

無理に続けようとして限界を迎えてしまうと、今後の人生に大きく影響してしまいます。

ぼくの場合は仕事を辞めたのが11月で、あと1か月待てば冬のボーナスをもらうことができたのですが、精神的に限界だったため、お金よりも体調をとりました。

おかげで大事には至りませんでしたが、今でもそのときの精神的なキズは癒えていません。

特に精神的なことが原因の場合は、うつ病や自信の喪失などの完治しにくい精神状態になってしまう人も珍しくありません。

一度発症すると、半永久的に向き合っていかなくていけないので、無理は絶対にしないでください。

※今すぐ退職したい方は、退職代行サービスがおすすめです。安全に即日退職が可能な退職代行サービスを下記記事でまとめています↓↓

入社1年目で仕事を辞めるベストなタイミング

結論から言うと、仕事を辞めるタイミングはいつでもいいです。

転職先が決まってからでもいいですし、今すぐ辞めてしまってもそこまで大きな影響はありません。

ただし、退職する場合は2週間~1か月前に会社側に退職の意思表示をしなくてはいけないので、注意してください。

新卒の場合は、スキルや経験を活かした転職というよりは、『やる気』『若さ』で評価されることが多いので、辞める時期はそこまで気にしなくても大丈夫です。

仕事を辞める前に確認しておきたいこと

  • 転職活動を在職中にするのか、退職後にするのか
  • 生活できるだけの貯金が残っているか
  • 体調や精神状態

いま現在のあなた自身の状態を確認したうえで退職のタイミングを決めるのがベストです。

もちろん、すぐに転職をしないという選択肢もあるので、目的に合わせて臨機応変に対応するようにしましょう。

もしも会社を辞めさせてもらえなかったら

会社を辞めるときにトラブルになることも十分にあり得ます。

「上司の引き止めがしつこくて退職届を書かせてもらえない」「損害賠償を請求すると脅されている」などの会社側の都合で退職できずに苦戦している方も意外と多いです。

特に、退職届を受け取ってもらえないとなると辞めるにも辞められません。

「転職先が決まっているのに辞めさせてもらえない」「もう精神的に限界なのに辞めさせてもらえない」といった極限状態の中で頑張っている方もいると思います。

「今すぐ辞めたい」「もう会社に行きたくない」という方は『退職代行サービスSARABA』を利用してみましょう。

その名の通り、あなたの代わりに退職の手続きを全て引き受けてくるサービスです。

※退職代行サービスの安全性については下記記事で詳しくまとめています↓↓

主な特徴は…

  • 費用は一律29,800円(追加料金なし)
  • あなた自身で退職する旨を伝えなくていい
  • 即日退職が可能
  • 24時間対応相談・電話回数無制限
  • 万が一、退職できなければ全額返金保証つき
  • 退職率はほぼ100%(1件だけ利用者が退職ではなく休職を選択したため)
  • 労働組合だから安全

あなた自身で退職の意思を伝える必要はなく、手続きは郵送で済みますし、即日退職も可能です。

何よりも会社に行かなくても退職できるというところが最大のメリットです。

執拗な引き止めや脅迫に屈する必要はありません。

3万円という料金は決して安いわけではありませんが、スパッと会社を辞められるのであれば払ってもいい金額だと思います。

無料で相談することができるので、迷っている方は一度相談してみてください!

退職代行サービスSARABAで無料相談してみる

※退職代行サービスの安全性については下記記事で詳しくまとめています↓↓

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む