仕事の悩み

安全に退職できる退職代行サービスを徹底比較【労働組合がコスパ最強】

悩める人
悩める人
退職代行って本当に安全に退職できるの?

近年、利用者が急増し、テレビやニュースにも取り上げられることが多い『退職代行サービス』ですが、「訴えられたりしないの?」「法律的に大丈夫なの?」と不安が拭いきれずに使うのをためらっている方もいると思います。

結論から言うと、退職代行を使って安全に退職することは可能です。

ただし、どの退職代行サービスを利用するかというところで大きく安全性が変わってくるので、今回は安全な退職代行サービスの選び方を紹介していきます。

退職代行サービスの概要

退職代行とは、会社を辞めるときに必要な手続きを全て代行してくれるサービスのことで、会社に行かなくても即日退職することができるので、近年利用者が急増しています。手続きは郵送で済みますし、親にバレる心配もありません。

通常であれば、退職日の2週間前までに辞める意思を伝えて引き継ぎをしなくてはいけないので、すぐに辞めるのは現実的に難しいです。

しかし、退職代行を利用すれば正式な手続きを踏んだうえで、会社に行かずに退職できてしまいます。

シノミヤ
シノミヤ
退職する旨を伝えても、2週間程度は出勤しなくてはいけなくてはいけないので、すごい気まずいんですよね。退職代行の需要が急増しているのも理解できます。

退職代行サービスの種類|実は3種類あります

実は、退職代行サービスを行っている会社・組織は大きく分けると3種類あります。

  1. 退職代行会社(EXIT、ニコイチなど)
  2. 労働組合(SARABA)←1番おすすめ
  3. 弁護士

それぞれの違いを比較してみましょう。

退職代行会社労働組合弁護士
費用3万円~5万円3万円5万円~
即日退職
返金保証なし
企業との交渉できないできるできる
安全性
残業代の不払い
有給消化の交渉
できないできないできる

会社を辞めるだけであれば退職代行会社が運営する退職代行サービスで問題ありません。

しかし、残業代の不払い有給消化の交渉といった会社と交渉する必要があるものに関しては、弁護士でないと交渉できないので、注意が必要です。

シノミヤ
シノミヤ
弁護士はトラブルなく確実に退職できる反面で費用が高額になるので、多少のリスクはあっても一般企業の退職代行サービスを使う方が圧倒的に多いです。

以前は、『安いけどリスクがある』退職代行会社か『高いけど安全』な弁護士の2択だったのですが、つい先日『退職代行SARABA』という退職代行サービスが一般企業→労働組合になったことで、費用を抑えつつ安全性を高めた退職代行サービスが実現しました。

退職代行サービスを利用するときの3つの注意点

退職代行サービスは便利ではありますが、それなりのリスクもあります。

✔利用するときの3つの注意点

  • 料金が安すぎるサービスは危険
  • 強制力があるのは労働組合と弁護士
  • 企業は退職代行会社の対策を身につけてきている

これらの注意点は事前に抑えておきましょう。

1.料金が安すぎるサービスは危険

退職代行サービスはここ数年で広まったサービスであり、大小様々な退職代行会社が競い合っています。

中には、1~2万円という格安料金で引き受けているようなところもありますが、相場より明らかに安いサービスには注意が必要です。

初期段階での料金が安くても、即日退職なら+1万円、折り返し電話対応+1万円、営業時間外の対応+2万円といったオプションという形で高額な料金を取られるという事例が多々あり、結果的には大手の退職代行サービスの方が安かったということになりかねないからです。

退職代行会社・労働組合であれば3万円前後、弁護士であれば5万円以上が基本的な相場になります。

2.強制力があるのは労働組合と弁護士

退職代行会社は、会社に退職を旨を伝えることはできますがそこに法的拘束力はないので、会社側に退職の申し出を拒否されてしまうと打つ手がなくなってしまいます。

ほとんどの企業は辞める意思が強い人をわざわざ引き止めませんが、中には「退職代行なんて認めない!」「弁護士を通してくれ!」といって、退職代行が干渉できないように突っぱねてしまう企業もあるんですね。

しかし、労働組合であれば団体交渉権があるので、会社側と交渉できますし、弁護士も法的拘束力を持っているので、確実に退職することができます。

『退職代行会社には強制力はない』という点は抑えておきましょう。

3.企業は退職代行会社の対策を身につけてきている

ここ1~2年で様々なメディアにも取り上げられたこともあって、退職代行会社のできること・できないことの知識を身につけた企業が少しずつ増えてきました。

  • 退職代行会社は認めない
  • 損害賠償を請求する
  • 弁護士を通してください

上記のように、言われてしまうと退職代行会社は何もできなくなってしまうんですね。

ですが、労働組合や弁護士であれば交渉する権利を持っているので、こういった対策を気にせずに正規の手順で辞めることができます。

安全に即日退職ができるのは『退職代行SARABA』

既存の退職代行サービスの中で、安全に費用を抑えて退職するなら『退職代行SARABA』がオススメです。

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスなので安全性が高く、一般の退職代行会社と同じ相場の一律29,800円(税込)で退職を代行してもらうことができます。

【退職代行SARABAの概要】

料金税込29,800円(追加料金なし)
受付時間24時間対応・年中無休
退職成功率ほぼ100%(退職ではなく休職を選択した方がいたため)
特徴
  • 労働組合だから安全性が高い
  • 即日退職が可能
  • 全額返金保証付き
  • 電話・メール・LINEでやりとり可能
  • 専門の行政書士監修
  • 手続きは郵送
  • 親にバレる心配なし
  • クレジットカード利用可能
シノミヤ
シノミヤ
僕自身も退職経験がありますが、辞めるまでの2週間は本当に気まずくて生きた心地がしませんでした。会社に行かずに辞められるというのは、かなり魅力的ですよね。

元々は一般の退職代行会社でしたが2019年に労働組合へと組織変更をし、会社との交渉権を持てるようになりました。

これによって、退職代行会社の悩みであった弁護士法違反のリスクがなくなり、利用者側も安心して利用することができるようになったんですね。

「上司や同僚と顔を合わせたくない」「引き止められてなかなか辞めさせてもらえない」といった悩みを一瞬で解決してくれます。

スマートに退職して今すぐ苦痛から解放されましょう。

退職代行SARABAで今すぐ退職

残業代の不払いや有給消化の交渉なら弁護士へ

退職以外に、残業代の不払いや有給消化の交渉を行うのであれば、弁護士の退職代行を利用しましょう。

弁護士の退職代行サービスなら、汐留パートナーズがオススメです。

【汐留パートナーズの概要】

相談料無料
着手金54,000円(税込)
オプション費成功報酬(経済的利益の20%)
連絡手段電話、メール、LINEで相談可能

弁護士であれば、より安全に退職をすることができますし、金銭トラブルや有給消化に関してもしっかりと交渉してくれます。

汐留パートナーズで今すぐ退職

シノミヤ
シノミヤ
労基の方がコストがかからずに済みますが、個人単位ではほとんど動いてくれないので、正直時間のムダになるだけですよ。

実際に友人の付き添いで労基に行ったときの内容を詳しくまとめています。