転職エージェント

【20代・30代・40代】年齢別おすすめ転職エージェント3選

悩める人
悩める人
自分に合う転職エージェントってどれだろう?

転職エージェントには、それぞれ特徴や得意分野があり、年齢目的に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。

そこで今回は、各年齢(20代・30代・40代)にわけて、それぞれおすすめの転職エージェントを3つずつ紹介していきます。

※目次をクリックすると該当箇所にスクロールします

20代におすすめの転職エージェントTOP3

20代の場合、未経験での転職が可能なので職歴・学歴に自信がない方でも不利になることなく転職することができます。

数多くある中でおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職する目的を問わず、転職するなら絶対に使っておきたい転職エージェントです。

求人数約25万件(業界No.1
転職実績累計41万人以上(業界No.1
非公開求人約20万件(全体の9割)
対象の年齢全年齢
特徴
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • 面接対策の質も業界No.1
  • AGENT Reportでより詳しい企業の情報が手に入る
  • 履歴書・職務経歴書のテンプレが用意されている
  • 全国に支社があり、地方の人でも利用しやすい

圧倒的な求人数と転職実績があるので、年収アップを一番狙いやすいです。

また、キャリアアドバイザーの質、求人数、サポート体制、どれをとっても他のエージェントよりも優れています。

20代の場合、未経験業界への転職がしやすいので、求人数の多いリクルートエージェントは絶対に使っておきたい転職エージェントです。

転職するなら、まずはリクルートエージェントに登録しておきましょう。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら

2位:ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒の転職、ネガティブな理由での転職(短期離職・人間関係)に強い転職エージェントです。

求人数非公開
内定率86%以上
定着率93%以上
対象年齢29歳まで
特徴
  • 第二新卒・既卒の転職に特化
  • ブラック企業を徹底的に排除
  • 未経験OKの求人が多い
  • 書類選考通過率87%
  • カウンセラー全員が元既卒・第二新卒
  • 個別サポートと集団サポートを選択可能

ブラック企業を徹底的に排除にしており、転職後の定着率が93%以上と大手よりも高いのが最大の特徴です。

カウンセラー全員が元既卒・第二新卒ということもあって、相談しやすく悩みを理解してもらいやすい環境が整っているので、、ネガティブな理由で退職してしまった方にとっては、心強いサポートが期待できます。

長く続けられる会社に転職したいという方にとてもおすすめの転職エージェントです。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら

3位:JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)は、既卒・第二新卒・フリーター・ニート・大学中退などの20代の就職・転職に特化した転職エージェントです。

求人数非公開(正社員の求人のみ)
就職成功率81.1%以上
入社1年後定着率91.3%
就職実績20,000名以上
特徴
  • 『職業紹介優良事業者』認定
  • 無料就活講座で社会人がなくてもOK
  • 書類選考なしで優良企業20社の面接会に参加できる
  • ブラック企業を徹底的に排除
  • 就職後も手厚いフォロー
  • 20代の就職・転職に特化
  • 310以上のメディアで紹介された

JAICなら、学歴・職歴を気にせず質の高い就職・転職サポートを受けることができます。

また、『職業紹介優良事業者』にも認定されているので、信頼性も非常に高いです。

経歴に自信のない方、正社員経験が短い方は、JAIC(ジェイック)に登録しておきましょう。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら

30代におすすめの転職エージェント

30代の場合、キャリアを活かした転職が主になるので、キャリアアップを狙った転職が基本となります。

未経験業界への転職は年齢的にかなりギリギリですが、転職エージェント次第では可能なので合わせて紹介していきます。

1位:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30代~40代のハイクラス・高収入を目指すキャリアアップを目的とした方におすすめの転職エージェントです。

求人数非公開
転職実績約43万人以上
狙える年収600万~2000万円
対象年齢30代~40代
特徴
  • エグゼクティブ・ハイクラス案件は業界No.1
  • コンサルタントの質が極めて高い
  • 管理職・技術職の転職に強い
  • 外資系、グローバル系の求人も豊富
  • 転職市場価値が低いと紹介してもらえない可能性あり

ハイクラスの転職を狙うのであれば、業界最大手のリクルートエージェントよりもJACリクルートメントの方がオススメです。

コンサルタントの質が極めて高く、取り扱っている案件はどれもハイクラスなものばかりなので、高確率でキャリアアップすることができます。

その反面で、現時点でのキャリアがイマイチだと求人を紹介してもらえない可能性もあるので注意が必要です。

現時点で年収500万円以上ある方であれば、問題なく紹介してもらえると思うので、キャリアアップを狙っている方はぜひ利用してみてください。

公式サイトはこちら

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職する目的を問わず、転職するなら絶対に使っておきたい転職エージェントです。

求人数約25万件(業界No.1
転職実績累計41万人以上(業界No.1
非公開求人約20万件(全体の9割)
対象の年齢全年齢
特徴
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • 面接対策の質も業界No.1
  • AGENT Reportでより詳しい企業の情報が手に入る
  • 履歴書・職務経歴書のテンプレが用意されている
  • 全国に支社があり、地方の人でも利用しやすい

圧倒的な求人数と転職実績があるので、年収アップを狙いやすいです。

また、キャリアアドバイザーの質、求人数、サポート体制、どれをとっても他のエージェントよりも優れています。

企業への交渉力が高いので、年収交渉や細かい日程調整などをかなり有利に進めることができますよ。

転職するなら、まずはリクルートエージェントに登録しておきましょう。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら

3位:ワークポート

ワークポートは、IT・Web系の求人に強く、スピーディーに転職できる転職エージェントです。IT・Web業界は30代でも未経験で転職できるので、職歴に自信がない方にもオススメです。

求人数非公開(正社員の求人のみ)
転職実績50万人以上
対象年齢全年齢
特徴
  • 年齢問わず未経験の転職に強い
  • IT・Web系の求人が豊富
  • 対応が早いのでスピーディーに転職できる
  • 一度に紹介してもらえる求人数が多い

IT・Web系の求人が豊富ですが、それ以外の各業界の求人もしっかりと扱っています。

また、求人紹介までのスピードが早く、一度に多くの求人を紹介してもらうことができるので、30代でも素早い転職が可能です。

IT・Web系は未経験でも転職しやすいうえに、将来性が高い業界なので、違う業界に転職したい方にもオススメですよ。

公式サイトはこちら

40代におすすめの転職エージェント

40代の場合、同業種またはスキルや経験を活かしたキャリアアップの転職が基本になります。

1位:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30代~40代のハイクラス・高収入を目指すキャリアアップを目的とした方におすすめの転職エージェントです。

40代なら絶対に利用しておきたい転職エージェントです。

求人数非公開
転職実績約43万人以上
狙える年収600万~2000万円
対象年齢30代~40代
特徴
  • エグゼクティブ・ハイクラス案件は業界No.1
  • コンサルタントの質が極めて高い
  • 管理職・技術職の転職に強い
  • 外資系、グローバル系の求人も豊富
  • 転職市場価値が低いと紹介してもらえない可能性あり

ハイクラスの転職を狙うのであれば、業界最大手のリクルートエージェントよりもJACリクルートメントの方がオススメです。

コンサルタントの質が極めて高く、取り扱っている案件はどれもハイクラスなものばかりなので、高確率でキャリアアップすることができます。

その反面で、現時点でのキャリアがイマイチだと求人を紹介してもらえない可能性もあるので注意が必要です。

現時点で年収500万円以上ある方であれば、問題なく紹介してもらえると思うので、キャリアアップを狙っている方はぜひ利用してみてください。

公式サイトはこちら

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職するなら絶対に使っておきたい転職エージェントです。

40代でキャリアアップ以外の転職を希望するのであれば、リクルートエージェント一択ですよ。

求人数約25万件(業界No.1
転職実績累計41万人以上(業界No.1
非公開求人約20万件(全体の9割)
対象の年齢全年齢
特徴
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • 面接対策の質も業界No.1
  • AGENT Reportでより詳しい企業の情報が手に入る
  • 履歴書・職務経歴書のテンプレが用意されている
  • 全国に支社があり、地方の人でも利用しやすい

圧倒的な求人数と転職実績があるので、転職の成功率はかなり高いです。

また、キャリアアドバイザーの質、求人数、サポート体制、どれをとっても他のエージェントよりも優れています。

企業への交渉力が高いので、年収交渉や細かい日程調整などをかなり有利に進めることができますよ。

40代でキャリアアップ以外の転職する場合でも、求人数が多いリクルートエージェントは効果的なので、転職を考えているのであれば、まずはリクルートエージェントに登録しておきましょう。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら

3位:ビズリーチ

ビズリーチは、月額制のヘッドハンティング型の転職サービスで、登録しておくことでハイクラス求人のスカウトを待つことができます。

求人数127,000件以上
ヘッドハンター数2,000人以上
料金2,980円~4,980円(無料でも利用可能)
対象年齢全年齢(年収600万円以上)
特徴
  • 好条件のヘッドハンティングを受け身で待つことができる
  • ヘッドハンターと企業の双方からスカウトされる
  • 127,000件以上の求人に応募できる
  • 転職市場価値が低いとスカウトされづらい

ビズリーチは、登録しておくことでヘッドハンターや企業の人事からスカウトされる受け身の転職サービスです。

月額制ではありますが、通常の転職エージェントより好条件のハイクラス案件が多く、キャリアアップがしやすいのが最大の特徴です。

また、12万件以上の案件が載っているデータベースから応募することもできるので、転職サイトとして利用することができます。

現時点で年収600万以上の方は登録しておくことをおすすめします。

公式サイトはこちら

転職するなら2019年が最後のチャンス

転職を考えているのであれば、2020年の東京オリンピックが終わるまでに済ませておきましょう。

というのも、オリンピック後は反動でほぼ確実に不況になり、求人数がガクッと落ちます。

不景気になると一気に転職の難易度が上がるので、今現在の『超売り手市場』は早くて年内、長くても2020年で崩れ去る可能性が非常に高いです。

「あのとき転職しておけばよかった…」と後悔しないためにも今のうちに準備を始めて転職しておきましょう。

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む