年収アップ

【月収20万円以下】20代で給料が少なくて将来が不安!転職するべき?

悩める人
悩める人
月20万円以下しかもらえないから生活が苦しい…

20代後半になっても手取りが20万を超えない、新卒で入ったときからあまり増えていない、そんな悩みを抱えた20代の人多いと思います。

実家暮らしならともかく、ひとり暮らしだったり、結婚しているまたはしようとしている人にとっては貯金をする余裕がなく、生活が苦しいと感じる人もいますよね。

正直、将来的に結婚したり、子どもができたり、車や家を買ったり、といったことを考えると月20万円だと足りないです。

では20代の平均年収っていくらくらいなのでしょうか?

今回は20代で月20万円以下は普通なの?それとも少ないから転職したほうがいい?という疑問について解説していきます。

20代ならまだ何とかすることは十分可能ですよ。

月収20万円は20代の平均より少ない

月収が20万円の場合、税などがもろもろ引かれると手取りは16~17万円ぐらいです。

月収20万というのは、大卒の平均的な初任給の額と同じですよね。

では20代の平均年収を見てみましょう。(平成28年度民間給与実態統計調査 参照

  • 20代前半の平均年収→258万
  • 20代後半の平均年収→351万

では月収20万円は年収換算にするといくらぐらいなのかというと、

大体300万円前後になります。(ボーナスを1年で60万円と仮定した場合)

もしもあなたが入社3年目ぐらいまでの若手であれば平均ぐらいですが、20代後半であれば平均より低いことになります。

つまり20代後半で年収300万円前後の人は平均より収入が少ないです。

しかし肩を落とすのはまだ早いです!

判断するポイントは現在の収入以外にもあります。

20代~30代の間に昇給の見込みがあるか確かめよう

20代で月収20万円はどちらかといえば少ないです。

しかしもう一つ判断するために見るべきポイントがあります。

それは昇給の見込みがあるかどうかです。

昇給するパターンは大きくわけて2つあります。

具体的な例を挙げると、同じ30代で年収500万もらっているとしても、

  • A社:20代のうちは他よりもらえる分、昇給は緩やか
  • B社:20代のうちはほぼ昇給なし、30代で役職につくと大幅UP

このように、20代のうちからそこそこの給料がもらえる場合と、役職についた途端に跳ね上がるパターンの2種類があります。

つまり20代後半で年収が300万円だとしても、30代で役職についた途端に給料が大幅UPするのであれば続けて損はないと思います。

ただし昇給の見込みがほとんどない会社が中小企業だと意外と多かったりするので、「いずれ上がるだろう」と安心してしまうのは危険です。

まずあなたの会社の昇給システムをもう一度確認してみましょう!

30代の平均年収は400~500万円

30代で500万円前後まで増える見込みがあるのであれば続ける価値はあると思います!

シノミヤ
シノミヤ
ちなみに以前ぼくが働いていた銀行は役職につくと跳ね上がるタイプで、話によると100万円単位で年収が変わったらしいです。

その分、20代のうちはほとんど昇給なしの安月給でした。

銀行の場合は20代のうちに辞める人が多いのでしかたがないですよね。

このように昇給の見込みがあるかどうかはとても重要です。

転職をすれば給料が増える可能性は大いにありますが、それなりのリスクもあります。

  • 人間関係が悪化する可能性がある
  • 給料は良くても、 仕事内容に不満
  • 残業・休日出勤が多い

転職後に感じやすい不満で多いのは上記のような理由です。

たとえ給料が増えても、働きづらい環境になってしまっては元も子もありません。

もしも転職するのであれば、給料+労働環境もしっかりとチェックをしましょう。

20代の給料UPを狙った転職のやり方

年収アップを狙うのであれば、転職エージェントがオススメです。

転職エージェントは転職のサポートだけでなく、年収交渉も代わりに行ってくれるので絶対に利用したほうがいいです。

もちろん登録・利用は無料ですよ。

【質の高い転職ができる転職エージェント比較】

特徴
リクルートエージェント
  • 業界No.1の求人数
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • ここに登録しておけば間違いなし
doda
  • サポートが丁寧
  • 担当者の当たりはずれが少ない
  • バランスが取れた転職エージェント
  • 転職サイトとしても利用できる
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 大手・中小企業の独占求人が多い
  • 20代・第二新卒は登録しておくべき

3か月以内に転職を考えているならリクルートエージェント、転職を迷っている・初めてという方はdoda、未経験の仕事に転職したい20代の方はマイナビエージェントがそれぞれオススメです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数・転職実績No.1の業界最大手の総合転職エージェントです。

担当コンサルタントの営業力が高いので、良い求人を引っ張ってきてくれるだけでなく、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。

年齢問わず、登録しておけばまず間違いない転職エージェントです。

無料登録はこちら

doda

doda』は、業界No.2の求人数を誇る大手総合転職エージェントで、直接求人を探して応募できる転職サイトとしても利用できるのが最大の強みです。

『求人数の多さ・面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスが丁寧・担当者の当たりはずれが少ない』といったバランスの取れた転職エージェントで、初めて転職する方でも心強いサポートが期待できます。

「転職に踏み切れないけど相談したい…」という方でも親身になってサポートをしてくれます。

無料登録はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェントです。

新卒業界No.1「マイナビ」を運営していることもあり、20代・第二新卒業界でも急速に拡大しています。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒で転職を考えている方は登録しておくことをおすすめします。

20代で初めて転職する方はマイナビエージェントに登録しておきましょう。

無料登録はこちら

本音を言えば、転職をせずにいまの会社に勤め続けることですが、給料に関しては昇給システムによってある程度決まっているので、不安があるなら早めの転職をおすすめします。

転職するなら早いほうがいいのは間違いないですよ。

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む