退職

【残業代が出ない】辞めるときに請求するなら労基よりも弁護士の方が早い

「仕事を辞めたいけど、未払いの残業代が残っていて請求したい!」という方多いと思います。

残念ながら、何かと理由をつけて残業代を支払わない会社は今でもあり、泣き寝入りしてしまう方が多いのも事実です。

もちろん、少額であれば請求する手間を考えると割に合わないかもしれませんが、できることなら請求したいですよね。

「でも労働基準監督署に行けば会社側も払ってくれるでしょ?」と思うかもしれませんが、実は難しいです。

ぶっちゃけ、未払いの残業代を請求するなら、弁護士のほうが早くて確実です。

今回は…

  • 労基が未払いの残業代の請求には向いていない理由
  • 弁護士に頼めば退職代行と合わせて行ってくれる

について解説していきます。

労基は未払いの残業代の請求には不向き

残業代の未払いは法律違反ですし、請求することができます。

とはいえ、退職するときに個人で請求しても支払われないことも多いです。

退職後、または退職前に労基に行けば何とかしてもらえるんじゃないかと思うかもしれませんが、実はすぐ動いてくれません。

結論からいうと、未払いの残業代の請求であれば弁護士に頼んだ方が早くて確実です。

実は、ぼく自身も友人の付き添いで労基に行ったことがあります。

友人の場合は、アルバイト先が予告なく潰れてしまい、有給消化とその月の給料が未払いのまま逃げられ、労基に駆け込みました。

労基側から言われたことをまとめると…

  • まずは自分で請求して、もしダメなら証拠を持ってきて
  • その内容次第で労基側からあっせん(個人と会社の仲介)ができるかも
  • ただし、あっせんには法的拘束力はないので会社側が従わない場合もある

まとめると、コストは最低限で済む代わりに長期戦かつ100%支払われるわけではない、ということです。

労基に行った場合の流れ
  1. 労基に相談に行く
  2. 自身で書類を作成し、もう一度請求する
  3. 拒否または返事がない場合は、証拠を持って再び労基に相談
  4. あっせんの依頼をし、労基が会社にあっせんをする
  5. もし応じない場合は、労働審判や裁判

そもそも、労基の仕事は「会社の違法な状態を是正すること」であり、個人の救済が目的ではないんですよね。

なので、請求するのはあなた自身ですし、会社があっせんに応じなければ時間のムダになってしまいます。

裁判までいくと時間もお金もかかるので、残業代の未払いを請求したいのであれば、初めから弁護士に頼む方が早くて確実です。

さらに弁護士なら、退職代行も合わせて行ってくれるところもあるので、おすすめです。

弁護士を利用する際のメリットについて解説していきます。

弁護士に退職代行を頼めば確実

退職代行とは、お金を払えば会社に行かなくても代わりに退職の手続きを行ってくれるサービスのことです。

近年では、テレビや新聞でも取り上げられることが多いので、耳にしたことはあるのではないでしょうか?

結論からいうと、弁護士の退職代行サービスを利用すれば残業代の未払いや有給消化を請求しつつ、今すぐにでも退職することができます。

弁護士であれば、法的拘束力があるので会社側は未払いの残業代を支払わなくてはいけません。

民間の退職代行サービスのほうが価格は安いですが、法的拘束力を持っていないので、有給消化残業代の未払い分の請求をしても、強制力がありません。

最後に頼りになるのは法的拘束力を持った弁護士です。

会社が労基のあっせんに応じず、裁判やらなんやらになると、結局弁護士に頼むことになります。

であれば、初めから弁護士に退職代行を頼んだほうが、あなたの負担は少なくて済みますよね。

汐留パートナーズ法律事務所なら、弁護士の退職代行サービスのなかでも格安で利用することができます。

退職代行 弁護士費用
相談料無料
着手金54,000円(税込)
オプション費成功報酬(経済的利益の20%)
連絡手段電話、メール、LINEで相談可能

※オプション費とは、残業代の未払いに成功した場合に、成功報酬としてあなたが受け取った金額の20%を弁護士に支払う費用のことです。

民間の退職代行サービスの相場が3万円なので、少し高く感じるかもしれませんが、こちらは法的なサポートが受けられるので、退職後にトラブルになっても弁護士が全て対応してくれます。

利用するメリット

  • 会社に行かなくても退職できる
  • 未払いの残業代・有給の消化の請求ができる
  • 退職時のトラブルも全て引き受けてくれる
  • 即日退職も可能
  • 法的拘束力を持っているので安心

やはり、未払いの残業代を確実に回収できるのが強みであり、弁護士を利用する最大のメリットです。

残業代を回収しつつ、サクッと退職ができるので後腐れもありませんし、あなた自身の負担も相当軽減されると思います。

いろいろと試行錯誤をして未払いの残業代を回収しようとしても、最終的にたどり着くのは弁護士です。

時間と労力をムダにしないためにも、弁護士に退職代行を依頼して、未払いの残業代を取り戻しましょう。

【汐留パートナーズ法律事務所の公式サイトはこちら↓↓】

汐留パートナーズ法律事務所で無料相談

未払いの残業代は取り戻せます。

今すぐ取り戻して、次の会社に切り替えましょう!

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む