転職ノウハウ

給料が安くてもいいから楽な仕事に転職したい【正社員希望の男性向け】

悩める人
悩める人
給料が安くてもいいから楽な仕事に転職したい!

仕事にやりがいや高い給料を求める人が多いなかで、給料が安くてもいいから楽な仕事が良いという方もいますよね。

正直、給料が安くて楽な仕事でも生活していけるぐらいのお金は十分稼げます。

無理して辛い仕事をする必要はないわけです。

独身、実家暮らしなどで出費を減らせますからね。

今回は、オススメの楽な仕事と簡単な転職方法について解説していきます。

正社員で楽な仕事ってどんなのがある?

初めに言っておきますが、正社員で楽な仕事ってかなり限られてきます。

正直、派遣や契約社員で働いたほうが選べる選択肢は多いです。

とはいえ、正社員でも楽な仕事があるのは事実なので、紹介していきたいと思います。

正社員で楽な仕事

  • 事務
  • 工場・倉庫勤務
  • 警備員(夜間)
  • ジムのインストラクター
  • 清掃業
  • ビルメンテナンス

1.事務

事務は派遣や契約社員での募集が多いですが、正社員で募集しているところもあります。

事務の楽なところは…

  • 毎日同じ仕事内容(ルーティンワーク)
  • 定時退社しやすい
  • 肉体的な負担がない

上記で挙げた中では一番オススメですね。

楽な仕事というのは肉体労働であることが多いので、デスクワークが基本の事務なら肉体的な負担は少なくて済みますし、毎日の仕事量がある程度決まっているので、残業もほぼありません。

転職先としてもかなり人気がありますね!

ただし、転職サイト・ハローワークだと正社員の求人が少ないので、事務に転職したい方は転職エージェントで紹介してもらったほうが見つかると思います。

2.工場・倉庫勤務

工場勤務または物流系の倉庫勤務の正社員も楽なほうだと思います。

基本的にはライン作業なので、同じ作業をただひたすら繰り返すだけで、淡々と物事をこなせる人にとっては天職ですね。

また、フォークリフトの免許があれば仕事の幅も増えますし、職に困ることはなくなります。

フォークリフトの免許は4~5日程度で取れてしまうので、余裕があれば取得しておいてもいいかもしれません。

工場・倉庫系は求人も多いので、かなりオススメです。

3.警備員(夜間)

夜間の警備員は見回りしたり立っているだけなので、かなり楽です。

ただし、

  • 拘束時間が長い
  • 夜勤だから生活リズムが崩れやすい
  • 暇すぎて辛いと感じる人もいる

といったデメリットもあるので注意してください。

仕事内容は断トツで楽なのですが、拘束時間は長めです。

とはいえ、楽な仕事であることは確かなので、特にやりたい仕事がないのであれば警備員もありだと思います。

家に帰っても特にすることがない、休みの日も寝てるだけといった人にオススメです。

4.ジムのインストラクター

スポーツ経験があったり、普段から身体づくりをしているのであればジムのインストラクターもオススメです。

以前、友人がジムのインストラクターをしていたのですが、仕事内容はお客さんとのコミュニケーションや初心者にやり方を教える程度でかなり楽だと言っていました。

一般的なジムであれば、そこまでガチガチに身体を作る必要はなく、ハードルは低めです。

また、お客さんの中には会社の社長だったり、社会的地位が高い人も多いので、コネなんかも作れたりするみたいです。

身体を動かすことに興味があるのであれば、ジムのインストラクターもありだと思います。

5.清掃業

臭いや汚れに抵抗がないのであれば、清掃業もオススメです。

ゴミ収集車の運転や施設の清掃など、清掃業でも選べる選択肢はいろいろとあります。

ひとりで黙々とできるものが多いうえに仕事内容もかなり楽なので、実は隠れた人気職なんですね。

企業が募集しているパターンと市町村が募集しているパターンがあるので、転職サイト・ハローワークをこまめにチェックしておく必要があります。

6.ビルメンテナンス

オフィスビルなどの電気、空調、設備の管理、メンテナンスといった仕事がメインのビルメンテナンスもオススメです。

警備員のビル版だと思ってもらっていいと思います。

施設内の巡回や設備の点検が基本的な仕事になるので、かなり楽です。

また30代でも若手扱いされる業界なので、未経験でも始めやすいし、若いだけで重宝されます。

いくつかの資格が必要になりますが、取るのは入社後でも全く問題ないので、心配は必要ないですね。

ただし、ハローワークに行っても求人が少ないので、転職サイトで探すほうが確実です。

楽な仕事ほど人気なので早めの行動が大切

先ほど紹介した仕事の中でも、事務・清掃業・ビルメンテナンスなどは求人が少なめです。

いきなり転職しようと思っても、求人が見つからないなんてこともあり得ます。

そのため、ちょっとでも転職を考えているのであれば、早めに行動することをオススメします。

具体的には…

  • 日頃から転職サイトで求人のチェック
  • 2か月以内に転職するなら転職エージェントで求人を紹介してもらう

このどちらかは早めにしておきたいですね。

楽な仕事は求人数が少ないうえに、人気が高いです。求人を見つけるまでが意外と大変だったりするので、今のうちに準備しておきましょう。

転職サイト・エージェントは無料で利用できるので、今のうちに登録しておきましょう。

【楽な仕事が見つかりやすい転職エージェントTOP3】

リクルートエージェント業界トップなので求人数が圧倒的。転職成功者の6割が年収アップに成功。ここに登録しておけば間違いなし。➤評判・レビューはこちら
マイナビエージェント20代に信頼されている転職エージェントNo.1。中小企業の独占求人が多い。丁寧なサポートに定評があり、リクルートエージェントと合わせて利用することで求人のほとんどをカバーできる。➤評判・レビューはこちら
ウズキャリ第二新卒20代の第二新卒・既卒に特化した転職エージェント。未経験OKの仕事が多く、転職後の定着率は93%以上と大手よりも高い。ネガティブな理由での転職に強いので、経歴に自信がない方にオススメ。➤評判・レビューはこちら

※転職サイト・エージェント名をクリックすると公式サイトに飛びます

すぐに転職したい人はリクルートエージェントマイナビエージェントに登録しておきましょう。

楽な仕事は早い者勝ちです。

無料なので早く動いたほうが得ですよ!

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む