仕事の悩み

【営業を辞めたい】向いていないなら20代のうちに転職した方が良い理由

悩める人
悩める人
営業を辞めたいけど、転職できるか不安…

「文系出身の7割は営業職」と言われている今の世の中で、営業に向いていなくて辞めるかどうか悩んでいる方多いと思います。

結論から言うと、向いていないと思うのであれば急いで転職した方が良いです。

営業は誰でもできますが、コミュ力とセンスが必要で向き不向きがはっきりしています。

30代になってから転職しようとしても、もう手遅れなので今のうちにしっかりと今後を見据えて考えておきましょう。

シノミヤ
シノミヤ
実際に僕自身も銀行(営業)が向いていないと1年目で悟って、IT系に転職してうまくいっています。

僕の経験談を交えながら解説していきます。

嫌な現状から今すぐ抜け出せる

1位 リクルートエージェント

2位 doda

3位 マイナビエージェント

営業に向いているかは半年働けばわかる

自分が営業に向いているかどうかは3か月~半年ぐらい働けばわかると思います。

✔営業に向いていない人の特徴

  • 電話でアポを取るのが苦手
  • 飛び込み営業ができない
  • ノルマが達成できない
  • 断られるのが辛い
  • グイグイ押した営業ができない

おそらく、営業として働いてみて、上記のような特徴がある方は営業に向いていない可能性が高いと思います。

いま現在、辞めようか悩んでいるあなたにも当てはまる特徴があるのではないでしょうか?

営業って誰でもできる反面で、向いていない人にはとことん向きません。

「同じ人にしつこく営業したら迷惑なんじゃないか…」「いきなり家を訪ねても話を聞いてくれるわけがない」

少しでも相手の立場になって物事を考えてしまうと、途端に営業ってできなくなります。

営業することに対して、罪悪感を感じてしまうんですね。

シノミヤ
シノミヤ
僕は相手が何をいま思っているのか気になるタイプだったので、営業してても罪悪感の方が強くてうまくいきませんでした。

しかし営業に向いている人というのは、モノやサービスを売ることに対して罪悪感を感じることはまずありません。

「自分の利益のためなら…」と割り切れないのであれば、向いていないので今すぐ転職すべきです。

人にはそれぞれ得意なフィールドがある

営業ができないからといって、仕事ができないと決めつけるのはまだ早いです。

人にはそれぞれ得意なフィールドがあります。

例えば、僕は銀行員からIT系の会社に転職をして、今はフリーランスとして独立して自宅で毎日1人で仕事をしています。

じゃあ同じことを営業成績トップの人が同じようにできるかと言われるとおそらく無理でしょう。

なぜなら、営業とは必要なスキルや適性がまったく違うからです。

コミュ力なんて必要ありませんし、わざわざ人と直接会ったり話したりする必要もありません。

その代わり、圧倒的な作業量と勉強量が必要ですし、固定給や休みといった概念がなく、1日8時間以上ひとりで普通に働けるような人じゃないと無理だったりします。

シノミヤ
シノミヤ
苦手なフィールドで無理に戦い続ける必要性はまったくないですよ。今より良いフィールドが必ずあります。

相手の立場に立って考えることが得意なのであれば、営業よりはサービス業や介護・看護、教える系(教師、カウンセラー)のような仕事が向いていますよね。

コミュ力に自信がないのであれば、事務や経理、IT系(エンジニア・プログラマー)、インターネット広告業などのコミュ力を必要としない仕事が向いていると思います。

「営業はあなたの得意なフィールドではなかった」ただそれだけのことです。

転職よりも営業を続けるほうがリスクが高い

悩める人
悩める人
転職ってリスク高そう。とりあえず続けようかな…

営業を辞めたいとは思っても、実行まで移せる方はおそらく少ないです。

そこで、転職せずに営業を続けたときのリスクを紹介しておきます。

✔営業を続けるリスク

  • 未経験の仕事に転職しやすい20代を棒に振ってしまう
  • 営業のスキル・経験は営業以外では活かせない
  • 無理して続けると精神的に鬱になるリスクがある

まず、未経験の仕事に転職できる年齢の目安は27歳までです。(30歳よりも27歳で区切る会社が多い)

30代を超えると同じ営業か人手不足の業界に転職するしか選択肢がないので、かなり厳しい状況だと思います。

また、無理して営業を続けたことで精神的に鬱になってしまう人も珍しくありません。

近年、中高年の引きこもりが増えていることが問題視されていますが決して他人事ではありません。

内閣府が調査した『生活状況に関する調査』によると、引きこもり状態にある人の数は全国で61万3000人。ひきこもるきっかけ(複数回答)となったのは「退職」が29.1%と最も多く、「人間関係」「病気」「職場になじめなかった」などが続いた。

20代であれば何とかなりますが、30代40代だと本当に打つ手がなくなりますよ。

あなたの得意なフィールドを見つけよう

悩める人
悩める人
営業を辞めたいけど、自分の得意なフィールドかわからない…

営業しか経験していないあなたに「得意なフィールドを見つけろ!」と言ってもなかなかイメージがわかないと思います。

そこで、僕が転職活動をしたときの自己分析・業界研究をもとに、営業から転職できるオススメの業界・職種をまとめた記事があるので、合わせて読んでみてください。

【営業以外の仕事に転職したい人向け↓↓】

文系でも営業以外の仕事に転職できます【ただし急ぐ必要あり】

今回は、文系の転職に強い転職サイト・エージェントをまとめてみました。

サポートが充実している転職エージェントランキング【初めてでも安心!】

初めての方、転職経験がある方にもおすすめのサポートが充実している転職エージェントを厳選してランキングにしました。

もちろん、登録・利用は無料です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
求人数・転職実績No.1の総合転職エージェント。担当コンサルタントの営業力が高く、積極的に企業の人事にプッシュしてくれます。

また、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、今の年収に満足できていない方にもおすすめです。年齢問わず、登録しておけばまず間違いないですよ。

業界トップなので求人数が圧倒的
転職成功者の6割が年収アップに成功
転職しやすさNo.1
初めて・2回目に転職する人におすすめ

無料登録はこちら

doda
業界No.2の求人数を誇る大手総合転職エージェント。直接求人を探して応募できる転職サイトとしても利用できます。

『求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない』など、バランスの取れた転職エージェントで、初めて転職する方でも心強いサポートが期待できます。

 

求人数の多さ・丁寧なサポート・担当者の当たりはずれが少ない
転職サイトとしても利用できる
バランスが取れた転職エージェント
幅広く求人を見たい方におすすめ

無料登録はこちら

マイナビエージェント
大手より後発でありながら2018年に「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれた総合転職エージェント。

求人数は大手よりも劣るものの、『マイナビエージェント』にしか求人を載せていない大手・中小企業が多数存在するので、20代・第二新卒の方に特におすすめです。

 

20代に信頼されている転職エージェントNo.1
大手・中小企業の独占求人が多い
20代・第二新卒の転職におすすめ

無料登録はこちら

オリンピックが終わると不況が訪れ求人数がガクッと減ります。

2020年のうちに転職しておきましょう。

2020年は転職の好機、オリンピック前に転職しないと手遅れに2020年は転職をする最も好機の年です。東京オリンピックが終わると不況がきて、求人数がガクッと減ります。2020年のうちに転職を考えている方は転職しておきましょう。...