仕事

共働き夫婦の平均貯金額を暴露!月10万円以下なら焦ったほうが良い

悩める人
悩める人
共働きだけどあんまり貯金できていない…

共働きなのに月10万円以下しか貯金できていないのであれば、焦ったほう良いかもしれません。

最低限10万円以上は貯金できるように収支を改善する必要がありますよ。

とはいえ、いきなり貯金額を増やそうとしても難しいと思います。

そこで、今回は毎月の固定費を減らして収入を増やす方法について解説していきます。

共働き夫婦の平均貯金額は?|30代は約580万円

まずは共働き夫婦の平均貯金額を年齢別に見ていきましょう。

年齢別にまとめると以下の通りです。(全国消費実態調査参照)

≪年齢別の平均貯金額≫

20代403万円
30代580万円
40代885万円
50代1,405万円
60代1,700万円
シノミヤ
シノミヤ
30代の共働き夫婦場合、2人合わせて600万円程度の貯金がないと平均より少ないと言えます。

では、1か月の平均貯金額も合わせて見ておきましょう。

≪年齢別毎月の平均貯金額≫

20代約95,000円
30代約13万円
40代約13万円
50代約11万5,000円
60代約8万2,000円

この毎月の平均貯金額というのは、家賃などの固定費や養育費などを抜いた純粋な貯金額です。

シノミヤ
シノミヤ
家賃や食費、ローンや養育費などを除いて13万円なので、世帯収入が最低でも40万~50万円程度はないと難しいです。

30代40代になれば昇給や役職に就いたりすることで収入は増えますが、一方で養育費やローンなどの支出も増えることになります。

もしも今現在の毎月の貯金額が10万円以下なのであれば、今のうちに根本的な改善をする必要がありますよ。

毎月の固定費を減らす3つの節約術|今すぐできるものを厳選

貯金額を増やすうえで最も手っ取り早いのは、収入を増やすことです。

とはいえ、簡単に収入を増やせたら苦労しないですよね。

そこで、まずは毎月の固定費を減らすことができないのか、もう一度見直してみましょう。

今すぐ改善できるものは以下の3つです。

✔毎月の固定費を減らす3つの節約術

  1. 携帯料金の見直し
  2. 保険の見直し
  3. 月額課金制のサービスの見直し

既に見直し終わっている方は、次の収入を増やす方法まで飛ばしてしまって構いません。

順番に解説していきます。

1.携帯料金の見直し

毎月の固定費として欠かせないものの中に携帯料金がありますよね。

正直、一番削減しやすくて節約効果が大きいので真っ先に見直すことをおすすめします。

例えば、3大キャリア(au・ドコモ、ソフトバンク)であれば、プランにもよりますが、月々の料金は7,000円~1万円前後ぐらいだと思います。

夫婦で合わせると毎月1万5,000円~2万円ほどです。

では、大手キャリアから最近耳にする格安simに乗り換えるとどのくらい変わるのかを見てみましょう。

≪格安sim マイネオの場合≫

容量にもよりますが、おそらく2,000円~3,000円の間ぐらいに収まると思います。

シノミヤ
シノミヤ
僕はauからmineoに乗り換えて1万円→1,510円まで携帯料金を減らすことができました。これだけで年間8万円の節約効果が得られますよね。

正直、容量(GB)を増やしたいのであれば別でポケットWi-Fi(月3,000円ぐらい)を契約したほうが安上がりです。

>>ポケットWi-Fiなら月額3,300円から使える縛りなしWiFiがおすすめ(外部サイトに飛びます)

携帯料金を普段からあまり気にしていないという方は、この機会に一度再確認してみてください。

2.保険の見直し

意外と見落としがちなのが、医療保険や生命保険などの保険料です。

保険というのは性質上、病気にならなければ加入者側は損をします。

万が一に備えての保険であることには間違いないのですが、保険屋さんに不安を煽られてあれこれ余計なプランやオプションを付けてしまい、必要以上の保険料を払っている人が意外と多いです。

✔見直したい保険の例

  • 医療保険の無駄なオプションや特約
  • 夫婦子なしの家庭の生命保険
  • 学資保険

例えばですが、子どもがいない夫婦に生命保険は必要ありませんよね。

生命保険は働き手である両親の身に何かあっても、子どもが生活できるように入るものなので、夫婦だけの場合は入るメリットは正直ありません。

仮に夫が亡くなったとしても、妻一人であれば生活することは可能ですよね。

続いて学資保険ですが、満期まで払い続ければ戻ってくる金額が増える反面で、途中で解約してしまうと元本割れをして損をします。

急にまとまったお金が必要になったときに、貯金だけでは足りず、学資保険を解約するのであれば最初からその分を貯金していた方が得ですよね。

このように何となく入っている保険が実は無駄だったということはよくある話です。

シノミヤ
シノミヤ
元銀行員の僕からすれば、保険に入るのは子どもができてからでもいいと思います。若いうちに入ったほうが保険料は安くなりますが、その分支払う金額は多くなります。

3.月額課金制サービスの見直し

金額は少額ですが、意外と家計を圧迫している可能性があるのが月額課金制サービスです。

例えば、Netflixやhuluなどの動画配信サービスやSpotifyやApple Musicなどの音楽配信サービスなどは契約している人が多いのではないでしょうか?

以前と比べると、月額500円~1,000円程度の月額課金制サービスってかなり増えて身近になりました。

「月1,000円なら…」と思うかもしれませんが、年単位で考えると1万円課金していることになりますよね。

これを3つ4つと複数契約しているとそれだけで年間4~5万円ぐらい変わってきます。

携帯料金や保険と比べると少額ですが、必要のないものは一度見直してみたほうが良いと思います。

シノミヤ
シノミヤ
たまに入っていることを忘れて無駄に払い続けてしまっていた…なんてこともあるので、一度見直してみてください。

収入を増やす2つの方法|副業と転職で収入アップ

収入を増やすといっても、今の仕事を頑張ったところで増える金額はたかが知れていますよね。

会社に入った時点で収入モデルは決まっているので、大きく超えることはほぼ不可能です。

だからこそ、収入を増やすためには副業転職のどちらかを選ぶ必要があります。

  • 副業…手軽に始めることができ、空いた時間を使って月数万円程度なら稼げる。デメリットは稼げるまでに時間がかかる+自分の自由時間が減る
  • 転職…根本的な収入を改善できるので効果大。将来的な収入も増える。デメリットは今の仕事を変える+妻(夫)の理解を得にくいところ

どちらが楽かといえば、間違いなく後者の転職です。

副業は月数万円こそ稼げるようになりますが、仕事の以外の時間をやりくりしないといけないうえに、稼げるになるまで相応の時間がかかります。

今の時点で仕事終わりに毎日数時間を副業に充てられるような人でないと厳しいと思います。

それでも興味がある方は下記の記事を参考にみてください!

サラリーマンの副業なら在宅ワークが人気【実はコスパ悪いです】サラリーマンの副業のなかで人気なのは在宅ワークです。自宅で好きな時間にできて、お金を稼げるからですね。しかし、在宅ワークは実はコスパが悪かったりします。堅実に転職したほうが楽ですよ。...

では、そんな簡単に年収アップは可能なのでしょうか?

シノミヤ
シノミヤ
可能です!今の仕事を続けつつ、年収アップできそうな求人があったときに転職するのが確実ですよ!

勘違いしやすいのですが、転職活動をするうえで会社を辞める必要はありません。

転職サイト・エージェントに登録して、良い求人があったときに転職すればいいのです。

業界最大手のリクルートエージェントであれば、転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、実は年収アップって狙いやすいんですよね。

登録・利用は無料なので一度利用してみることをおすすめします。

今すぐ転職先を探すならリクルートエージェント、とりあえず求人を見たい方はリクナビNEXTに登録しておきましょう。

≪リクルートエージェントの概要≫

リクルートエージェントは、年齢問わず、転職するなら絶対に使っておきたい転職エージェントです。

求人数約25万件(業界No.1
転職実績累計41万人以上(業界No.1
非公開求人約20万件(全体の9割)
対象の年齢全年齢
特徴
  • 転職成功者の6割が年収アップに成功
  • 面接対策の質も業界No.1
  • AGENT Reportでより詳しい企業の情報が手に入る
  • 履歴書・職務経歴書のテンプレが用意されている
  • 全国に支社があり、地方の人でも利用しやすい

圧倒的な求人数と転職実績があるので、年収アップを一番狙いやすいです。

また、キャリアアドバイザーの質、求人数、サポート体制、どれをとっても他のエージェントよりも優れています。

転職するなら、まずはリクルートエージェントに登録しておきましょう。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら

≪リクナビNEXTの概要≫

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。

転職エージェントと違って、自分自身で求人を探して応募することができるので、場所や時間に捉われないのが特徴です。

求人数8,000~9,000件
転職実績業界No.1(転職サイト)
限定求人約85%
特徴
  • 転職者の8割が利用(転職エージェントと併用)
  • スカウト・オファー機能あり
  • 毎週1,000件以上の求人が追加される
  • 転職を急かされることはない

転職エージェントのような個別サポートはありませんが、空いた隙間時間で求人を探せるうえに、転職を急かされることもないので自分のペースで転職活動をしたい方にオススメです。

また、登録しておくだけで企業側からスカウト・オファーが来て、有利に選考を進めることもできるので、転職エージェントのサブとして登録しておくことをオススメします。

 評判・レビュー 公式サイトはこちら