仕事の悩み

『仕事がしんどいのはみんな同じ』は間違った認識【騙されてはダメ】

悩める人
悩める人
仕事がしんどいけどみんな頑張ってるし…

働きすぎと言われている日本では、「仕事がしんどい」と周りの人に言うと心配よりも批判されることが良く見受けられます。

「俺はこんなに大変なんだぞ…」「終電帰りなんて当たり前よ…」といった不幸自慢が始まり、しんどいと思っても頑張りすぎてしまう人が多いのが現状です。

ですが、仕事がしんどいのはみんな同じという認識は、実は大きな間違いですよ。

例えば、毎日終電近くまで残業して働いている人でも、好きな仕事をしている人と嫌々やっている人とではしんどいのレベルはかなり変わってきますよね。

人それぞれ環境や人間関係・ストレスの感じ方が違うので、『仕事がしんどいのはみんな同じ』と決めつけて頑張りすぎてしまうのは、非常に危険なんですね。

あなたが頑張りすぎていないかもう一度再確認してみましょう。

仕事がしんどいと感じる原因|複数当てはまると危険

仕事がしんどいと感じる原因は1つとは限りません。

今回は、

  • 肉体的苦痛
  • 精神的苦痛

の2種類にわけて原因を解説していきます。

もしも、複数当てはまっている方がいたら注意が必要です。

肉体的苦痛

肉体的苦痛は、放置すると過労死やけが・精神的苦痛(うつ病)を併発する可能性もあります。

自己解決が難しい問題ですし、年齢とともに体力が落ちてくるので、今は良くても将来的に危険になる可能性が高いです。

✔肉体的苦痛

  • 長時間労働で十分な睡眠時間が確保できない
  • 過剰な肉体労働で疲労が取れない
  • 立ちっぱなし・座りっぱなしで体が痛い
  • 慢性的な体の痛みがある

肉体的苦痛の中でも、睡眠不足慢性的な体の痛みは今は良くても3年後、5年後と将来的に何かしらの障害になり得る可能性は非常に高いので、注意が必要です。

特に睡眠不足は、慢性的な疲労感やうつ病のリスクを高めるので、早めに解消しておきたい問題ですよ。

シノミヤ
シノミヤ
睡眠時間がまともに取れないほど働かされる会社って相当ヤバいので、転職した方が良いと思います。時代の流れについてこれていない会社である可能性が高いです。

精神的苦痛

精神的苦痛は、放置するとうつ病や躁うつ病のような精神病になる可能性が非常に高いです。

限界まで頑張ってしまう真面目な人ほどなる可能性が高いので、『仕事がしんどいのはみんな同じ』と思っている人ほど危険ですよ。

✔精神的苦痛

  • パワハラ・セクハラで精神的に辛い
  • 職場の人間関係がうまくいかない
  • 嫌々仕事を続けている
  • ストレスで食事が満足に取れていない
  • 朝起きて会社に行きたくないと感じる
  • 何も楽しいと感じない

おそらく、肉体的苦痛よりも精神的苦痛で悩んでいる方のほうが多いと思います。

特に、仕事に関するストレス・職場の人間関係は今の仕事を続けている限り、解決するのが難しい問題です。

耐えられる程度のものであればいいのですが、今後3年、5年と続けていくなかでどこかで限界を迎えてしまいそうなのであれば一刻も早く転職することをおすすめします。

精神的苦痛というのは、あなたが思っている以上に精神的負担がかかっていますし、どこかで急に限界を迎えて崩れてしまうものです。

シノミヤ
シノミヤ
僕自身も新卒のときに人間関係がうまくいかず、仕事が順調だったのにもかかわらず、吃音躁うつ病のような症状に悩まされ働けなくなりました。大丈夫だと過信するのは非常に危険です。

うつ病のような精神病は、誰にでもなり得る可能性があるので、精神的苦痛が原因で悩んでいる方は早急に対処する必要がありますよ。

真面目な人ほど頑張りすぎるのはNG

終身雇用制度が強く根付いている日本では、『転職=悪』という風潮が未だに残っています。

「そんなんじゃ他の会社に行っても同じ」「根性がないだけ」

真面目な人ほど上の世代の意見を鵜吞みにし、転職という選択肢を自ら消して頑張りすぎてしまうので非常に危険なのです。

シノミヤ
シノミヤ
上司が転職を止めるのは、管理職として当然のことであり、あなたの将来のことを心配して止めているわけではないですよ。

たとえ、あなたが『仕事がしんどい』と思いながら頑張っていても、誰も褒めてはくれませんよ。

あなたがしんどいと思っていても、周りの人にとっては当たり前かもしれないですし、しんどいと思ってすらいないかもしれません。

頑張りすぎて体調を崩したり、精神的に限界を迎えたところで「あの人は向いていなかったのかもね」「もっと早く言ってくれればよかったのに」といった心のない言葉を言われて終わりです。

あなたのしんどさを理解できるのは、あなた自身だけなのです。

限界を迎える前に退職する勇気も大切

限界迎えてしまう前に退職を検討する勇気も必要ですよ。

2000年代前半と比べると、精神的な疾患を抱える人は2倍以上に増えています。

【近年の精神疾患患者数の推移】

悩める人
悩める人
本当は今すぐ辞めたいけど、言い出しづらい…
シノミヤ
シノミヤ
それなら、会社に行かずに今すぐ辞められる退職代行サービスがおすすめです。3万円あれば安全に今すぐ退職できますよ。

労働組合が運営する退職代行サービスを利用すれば、安全に即日退職が可能です。下記記事で詳しくまとめています。

転職すれば今より良い環境が手に入る

今現在、しんどいと感じながら頑張っているあなたは、転職することで今より良い環境をほぼ確実に手に入れることができます。

というのも、今の転職市場は2020年のオリンピックのおかげで求人が多く、かなり転職しやすい環境が整っています。

オリンピックが終わるとほぼ確実に不況になり、求人数がガクッと減るので、転職をするなら2019年の今がベストなタイミングです。

また、労働環境や人間関係の改善だけでなく、同時に年収アップを狙うこともできるので、転職をするメリットはかなり大きいですよ。

最後に、年収アップを狙いながら転職できるおすすめの転職サービスを紹介します。

もちろん、登録・利用は無料です。

【年収アップが狙える転職サイト・エージェントTOP3】

リクルートエージェント業界トップなので求人数が圧倒的。転職成功者の6割が年収アップに成功。ここに登録しておけば間違いなし。➤評判・レビューはこちら
ウズキャリ第二新卒20代の第二新卒・既卒に特化した転職エージェント。未経験OKの仕事が多く、転職後の定着率は93%以上と大手よりも高い。ネガティブな理由での転職に強いので、経歴に自信がない方にオススメ。➤評判・レビューはこちら
リクナビNEXT転職サイトの業界最大手。空き時間に自分で求人を探せるので、転職活動をするなら登録しておきたい。自分のペースで進めたい人向け。➤評判・レビューはこちら

※転職サイト・エージェント名をクリックすると公式サイトに飛びます

年収アップを狙うなら、まずはリクルートエージェントを利用することをオススメします。

転職成功者の6割が年収アップに成功しているので、年収アップを狙いながら今より良い環境を探すことができます。

『求人数の多さ=選択肢の多さ』でもあるので、利用しないのは損ですよ。

登録・利用は無料なので、まずは気になる転職サービスに登録してみることをおすすめします。

リクルートエージェントの無料登録はこちら