公務員

【公務員を辞めたい】実は民間よりブラック?すぐに辞めても問題なし

悩める人
悩める人
公務員を辞めたい…

『安定』の代名詞である公務員ですが、近年では民間と変わらない収入のうえに、古い慣習が残っているのが嫌で辞める方も多いです。

『公務員=勝ち組』の時代はもう終わっていますよ。

今回は公務員の現状と転職すべき理由について解説していきます。

公務員を辞めたい5つの理由|年間4万人が離職

まずは公務員の1年間の離職状況を見てみましょう。

✔公務員の1年間の離職人数

総務省が発表した「地方公務員の退職状況等調査」によれば、平成29年度に公務員を離職した人は130,256とされており、そのうち「普通退職」(定年退職を除く)は40,676人です。

参考:地方公務員の退職状況等調査

シノミヤ
シノミヤ
銀行員と同じで職業的な人気は高い反面で、実際に入ってみると収入がそれほど高くもない+古い慣習が残っていてめんどくさいというのが現実です。

公務員を辞めたくなる5つの理由は以下の通りです。

✔公務員を辞めたい5つの理由

  • 収入が民間と変わらない
  • 業務内容が単調でつまらない
  • 残業が多い
  • 人間関係がめんどくさい
  • 古い慣習が残っている

順番に解説していきます。

1.収入が民間とそこまで変わらない

公務員だからといって収入が民間より高いかと言われるとそうでもありません。

例えば、30歳の地方公務員の平均年収は約467万円です。

その他の業種と比較してみると…

総合商社518万円
IT企業505万円
金融543万円
Webマーケティング472万円
メーカー478万円
広告代理店466万円

民間の方が多いか同じくらいの年収になると思います。

ただし、公務員は年功序列で年収が増えていくので、50歳を超えても年収が増え続けるというメリットがあります。

シノミヤ
シノミヤ
民間企業だと50歳前後を境に、年収が減っていく傾向があります。

2.業務内容が単調でつまらない

公務員の仕事内容は基本的には事務作業です。

業務内容が単調なうえに、大きく仕事内容が変わることもないので、つまらないと感じて辞める人が多いんですね。

毎日同じような仕事を淡々とできる人には向いているかもしれませんが、仕事内容に少しでも変化が欲しいという方には向いていません。

3.残業が多い

定時帰りができそうなイメージですが、残業はそれなりに多いです。

例えば、市役所勤務の場合、繫忙期や地域系のイベントの前後などは毎日残業+休日出勤いうのも珍しくはありません。

おまけに、公務員は残業代の予算も決められているので、必然的にサービス残業が多くなります。

4.人間関係がめんどくさい

公務員は完璧な年功序列なので、上司との関係性にストレスを感じる方が多いです。

中には、自分のやり方を押し付けてくる上司や相性が悪い上司もいるので、人間関係においては特にめんどくさい環境だと言えます。

5.古い慣習が残っている

公務員は昔から変わらず年功序列で、昨今の民間企業と比べるとまだまだ古い慣習が残っています。

サービス残業、休日出勤、災害時は不眠不休で働くといった『根性論』がまだまだ根付いており、決してホワイトな環境であるとは言い難いですよね。

頭の固い上司や古い慣習の付き合いが苦手な方には向いていないかもしれません。

シノミヤ
シノミヤ
実は、民間企業の方が残業時間の削減を徹底しているんですね。

定年まで働き続ける自信がないなら早めに転職しておくべき

公務員を続ける最大のメリットは、年功序列+退職金の多さです。

民間企業では、50歳前後で年収が下がっていくなかで公務員は定年まで安定して増え続けます。

また、退職金も定年まで勤めれば2,000万円以上(大手企業並み)はもらえるので、かなり高水準です。

ただし、途中で転職してしまうとこれらの公務員である恩恵を受けることはできません。

おまけに、公務員の仕事というのは転職に活かせるスキル・経験が身につくようなものでもないので、定年まで勤めるつもりがないのであれば、早めに転職をしておいた方が得だと思いますよ。

20代のうちに転職しておかないと手遅れに

転職を考えるのであれば、20代のうちに済ませておきましょう。

というのも、企業は未経験OKの仕事の採用のボーダーを27歳~30歳に設定しているところが多いからです。

そこで、公務員から民間企業に転職するのであれば、転職活動を全てサポートしてくれる転職エージェントを利用することをおすすめします。

✔転職エージェントとは?

  • マンツーマンで内定まで個別にサポート(転職後も相談可能)
  • 履歴書・職務経歴書の作成や面接対策も全てサポートしてくれる
  • 転職サイトに公開されていない非公開求人が多い
  • 求人はエージェントの紹介
  • 転職までの期間は大体1~3か月ぐらいが平均

転職サイト・ハローワークは基本的に求人の紹介のみですが、転職エージェントなら内定までのしっかりとサポートしてもらうことができます。

あなたの希望・経歴からどういった仕事が向いているかといった根本的なところから相談に乗ってもらえるので絶対に利用した方が得ですよ。

シノミヤ
シノミヤ
僕は初めての転職のときに転職サイトだけを使って盛大に失敗しました。狭い業界して見ていなくて、結果的にブラック企業に転職するはめに…
【20代の転職失敗談】転職先がブラック企業で再転職したときの話 上記のように、転職に対して不安を感じている人って多いと思います。 転職が成功するかどうかで、今後の人生が大きく左右されるこ...

転職エージェントの登録・利用は無料です。

【公務員の転職に強い転職エージェントTOP3】

リクルートエージェント業界トップなので求人数が圧倒的。転職成功者の6割が年収アップに成功。ここに登録しておけば間違いなし。➤評判・レビューはこちら
ウズキャリ第二新卒20代の第二新卒・既卒に特化した転職エージェント。未経験OKの仕事が多く、転職後の定着率は93%以上と大手よりも高い。ネガティブな理由での転職に強いので、経歴に自信がない方にオススメ。➤評判・レビューはこちら
リクナビNEXT転職サイトの業界最大手。空き時間に自分で求人を探せるので、転職活動をするなら登録しておきたい。自分のペースで進めたい人向け。➤評判・レビューはこちら

3か月以内に転職を考えているならリクルートエージェント、転職を迷っている・求人だけ見たいという方はリクナビNEXT、未経験の仕事に転職したい方はウズキャリ第二新卒がそれぞれオススメです。

特に、リクルートエージェントは求人数・転職実績が断トツで多いですし、おまけに年収アップの実績も圧倒的ですね。

公務員時代のスキルや経験は活かせなくても、公務員という肩書は力になってくれるので、自信を持って転職活動に望んでください。

2019年はオリンピック前最後の転職の好機です。

このタイミングを逃さないように今のうちに転職しておきましょう。

2019年は転職の好機、オリンピック前に転職しないと手遅れに2019年は転職をする最も好機の年です。東京オリンピックが終わると不況がきて、求人数がガクッと減ります。2019年のうちに転職を考えている方は転職しておきましょう。...
売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む