生き方コラム

人生で成功したいならやらない後悔をなくそう!挑戦なくして成功なし!





「あのときやっておけばよかったな…」

誰しも『やらない後悔』の一つや二つあると思います。

新しいことに挑戦するには最初の一歩を踏み出す勇気が必要ですよね!

しかし多くの人は最初の一歩が踏み出せずにいます。

  • 時間がない
  • お金がない
  • できるか不安
  • 今はやるべきではない
  • もう始めるには遅い

様々な理由があると思います。

「仕事で忙しいし…」「今から始めるには遅いよ…」

何かと理由をつけて挑戦すること自体をあきらめてしまっているんですよね。

でもこれって当然のことだと思います。

挑戦するには時間・コスト・リスクが必要です。

だから多くの人は挑戦できずに『やらない後悔』になってしまいます。

ですがもし人生で成功したいのであれば『やらない後悔』はなくさなくてはいけません。

本文では人生で成功するための『やらない後悔』のなくし方について解説していきます。

新しいことに挑戦するための一歩を踏み出す勇気を与えます!



『やらない後悔』と『やって後悔』の大きな違い

やらない後悔よりやって後悔、という言葉を耳にしたことはありませんか?

何かに挑戦して失敗してしまったときの後悔より、そもそも挑戦しなかったことに対する後悔のほうが大きい、という意味の言葉ですね。

心理学では『やって後悔』より『やらない後悔』のほうが後悔が大きい、とされています。

確かに『やらない後悔』ってどれだけ時間が経っても消えることはないですよね。

もしあのときやっていたら人生変わっていたかも?なんて考えてしまいますよね。

一概に後悔といっても、歌手になりたかった、作家になりたかった、といった大きな夢をあきらめた後悔から「あのとき告白しておけばよかった」といった大小さまざまな後悔があると思います。

ぼくも学生時代になにか楽器をやっていれば、今ごろ音楽活動をしていただろうなと後悔しています。

ライブに行くといつも「あのステージに立ちたかったな」と今でも思っちゃいますね。(笑)

自分のやらなかった後悔を人がやっているのを見ると嫉妬や羨望といった感情が湧いてきますよね。

『やらない後悔』はネガティブな感情しか生まず、何も得るものがありません。

しかし『やって後悔』は失敗しても自分の経験になりますし、次に活かすことができますよね!

あなたの人生に何か残るかどうか、そこが大きな違いです。

人生で成功したいなら『やらない後悔』をなくそう

もしあなたが人生で成功したいと考えているのなら『やらない後悔』をなくしましょう!

何かを成し遂げるには必ず挑戦しなくてはいけません。

どんな大企業の社長さんや有名なアーティストの人たちでも最初から成功していたわけではないですよね。

「失敗すれば人並みの生活ができなくなるかもしれない」、「借金まみれになるかもしれない」

それぐらいのリスクを背負ってでも挑戦したことで成功しているのです。

中には長期間どん底を経験して這い上がってきた人もいます。

おそらく挑戦しても失敗する人のほうが多いと思いますし、周りの人から反対されることもあると思います。

しかし挑戦なくして成功はないです!

ぼくも新卒で入った銀行を辞めて、今はフリーランスとして活動しています。

まだまだぼくが描いている理想には程遠いですが、銀行を辞めたことを微塵も後悔していません。

むしろあのタイミングで辞めていなかったら絶対に後悔していました。

何でもかんでもやりたいことをやればいいわけではありません。

でもあなたが本当にやりたいことがあるのであれば挑戦するべきです。

緩やかにスタートしてもいいんです。

もしやってみてダメでも『やらない後悔』は残りませんよね!

理由をつけてやらないのはもうやめにしませんか?

最初の一歩を踏み出す勇気

「頭ではわかっているのに、最初の一歩が踏み出せない」

実は一番難しいことは『最初の一歩を踏み出すこと』です。

一歩を踏み出すために何かを犠牲に、また安定を捨てることになるかもしれません。

だからこそ価値があります!

人は追い込めば追い込むほど強くなります。

安定した環境に居続けても何も変わりません。

「もうちょっと貯金してから…」「もう少し余裕が出てから…」

このように先延ばしにする人は何年経とうが理由をつけてやらないです。

余裕はできるものではなく、作るものです。

やりたいことをやりながら暮らしていく、これほど素晴らしいものはないですよね!

あなたが数年後にやりたいことをやりながら生活している人生を想像してみてください。

今のやりたいことができない環境ではどんなにがんばっても得られない幸福感があるとは思いませんか?

たとえ年収が1000万円あろうと、自分の好きなことをする時間がなければ幸福とは言えませんよね。

それだったら自分の好きなことで最低限生活できるぐらい稼いでいる方がよっぽど幸福です。

今は好きなことで稼げる時代です。

SNSを利用して個人をプロデュースできる時代になりました。

続けていればいくらでもチャンスはあります!

今まで踏み出せなかった一歩をいま踏み出してみませんか?

好きなことで生きてみた結果

ぼくは半年前に銀行を辞めてからは好きなことをやって生きています。

もちろん収入がないと生活ができないので最低限のお金を稼ぐ土台は必要です。

好きなことをして生きていくって思っている以上に難しいです。

会社と違って、自分で一から土台を作っていかないといけないので最初は0からスタートです。

「本当にこれで生きていけるのか?」「やっぱり普通に働いたほうがいいのかな」

誰しもが手探り状態のときにこう思います。

ぼくも始めたときは楽しくてしかたがなかったですが、あるとき急に不安に襲われました。(笑)

ですがここで辞めてしまっては意味がないですよね!

多くの人はすぐに結果がでないとやめてしまいます。

『やって後悔』している分、やらないよりはマシですがもし続けていたら成功していたかもしれません。

ぼくはブログを不安になりながらも続けることで着々と成果が出てきています。

もしあそこでやめていたらと思うととても恐ろしいです。

続けていれば必ず何かしらの結果はついてきます!

続けているだけでもすごいことなのです。

好きなことって時間に融通が利く分、サボろうと思えばいくらでもサボれます。

同様に好きなことであれば1日どれだけの時間やっても苦にならないですよ!

ぼくはブログに数時間しか触らない日もあれば10時間以上触れている日もあります。

でもまったくストレスにならないです。

むしろ出かけているとブログを書きたくてうずうずしてしまいます。(笑)

一度しかない人生『やらない後悔』『やって後悔』なんて言わずに思い切って好きなことをやってみませんか?



売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む