仕事の悩み

日曜日の憂うつ度を和らげる3つの方法!意識するだけで心休まる休日に!

「明日からまた仕事か…」

せっかくの日曜日なのに仕事のことを考えてしまい、憂うつな気分で一日過ごしてしまう方多いと思います。

仕事をしている以上は解決が難しい問題ですよね。

かといって仕事を辞めるというわけにもいかないと思います。

ですが日曜日の憂うつを完全になくすことはできなくても、和らげることは可能です。

ぼくも銀行員時代は、日曜日の憂うつ感をなくすために試行錯誤した思い出があります。(笑)

今回は日曜日の憂うつ度を和らげる方法を紹介していきます。

憂うつな日曜日はもうやめにしましょう!

日曜日に憂うつさを感じてしまう原因

本来ならば、楽しいはずの日曜日ですが仕事をしているとどうしても憂うつに感じてしまいますよね。

日曜日が憂うつになる主な原因は…

  • また仕事に追われる日々が始まると考えてしまう
  • 職場に会いたくない人がいて行きたくない
  • 今の仕事が嫌でしかたない
  • そもそも働きたくない

「何となく仕事が嫌だなー」という人もいれば、人間関係や仕事の悩みなど明確な理由がある人もいると思います。

そして明確な理由があるほうが憂うつ度は高いです。

特に人間関係や仕事自体の悩みは、根本的な原因を解決しない限りはなくなるものではないですよね。

ぼくの場合は人間関係で、仕事自体は好きで楽しかったのですが、人間関係がうまくいかず最終的には楽しかった仕事も楽しくなくなるぐらいまで悩んでしまいました。

おそらくあなたも、いきなり仕事をやめるわけにもいかずに、憂うつな日曜日を過ごしていますよね。

休日にリフレッシュできないと次の週の仕事にも引きずることになります。

日曜日の憂うつ度を少しでも和らげるように生活を工夫してみましょう。

日曜日の憂うつ度を和らげる方法

日曜日が憂うつだと感じてしまう人におすすめの対処法を紹介していきます。

もちろん人によってどれぐらい和らぐかは変わってきますが、今すぐにでもできる方法なので一度試してみてください!

1.予定は土曜日に入れる

カレンダー通りの休日で土日が休みならば、日曜日ではなく土曜日に予定を入れることをおすすめします。

特に遊びに行ったり、外に出かけるイベントほど日曜日は避けたほうが良いです。

充実した日曜日を送れば送るほど、日曜日の夜の憂うつ度は増していきます。

楽しかったからこそ、仕事のことを考えたときの落差が激しいからです。

また夕方ごろに遊んでいて楽しいのにもかかわらず、急に憂うつな気持ちになったり、心から楽しめないということもあります。

もちろんぼくも経験があり、日曜日に予定を入れてしまった日には、15時ごろから何となく憂うつになっていき全然楽しくなかったです。(笑)

土曜日に予定を入れて、日曜日はまったりするのが理想ですね!

2.予定がある場合は帰宅時間を遅くする

できるだけ土曜日に予定を入れたほうが良い!と先ほどは言いましたが、日曜日に予定が入ることもありますよね。

もしも予定を入れるのであれば、早めに帰るのではなく、いっそのこと帰りが遅くなるまで遊んでしまったほうが実は良かったりします。

家に帰ってお風呂に入って寝るだけであれば、余計な憂うつ感を感じずに済みますよね!

家でゆっくりする時間があるとどうしても明日からの仕事について考えてしまいます。

「明日から仕事だから残った時間を有効活用しなきゃ!」と焦燥感に駆られてしまい、結果的に心は休まっていないのです。

サザエさんの放送時間ぐらいに帰ってきて余計なことを考えてしまうのであれば、少し寄り道をして帰宅時間を遅くしてみましょう。

3.趣味や好きなことをする日にする

思い切って日曜日は自分の好きなことをする日にしてみましょう。

何か趣味があれば一日趣味の時間にしてもいいと思いますし、録画が溜まっているドラマやアニメを見るのに使ってもいいと思います。

あなた自身のしたいことをするというのがポイントです。

例えば、友達と約束したのはいいものの直前でめんどくさくなったり、家でゆっくりしたいと思うときありますよね。

「でも前から約束してたからなー」と思って遊んで、解散した後に何となく損した気分になるときありませんか?

仕事にひと区切りついて余裕があるときはパーッと遊びたい、週明けに嫌な仕事が待っているときは家でゆっくりしたい、仕事中心の生活をしている以上は仕事によって気持ちが左右されます。

その時に遊ぶ気分じゃなければ、残念ながら憂うつ度が増すだけです。

だからこそ日曜日は融通が利くように、自分の好きなことをする日にするのがおすすめです。

根本的な解決を望む場合

上記で紹介したのはあくまで現状を維持したまま、憂うつ度を減らす方法です。

人間関係や仕事による悩みで根本的な解決を目指すのであれば、転職するのがベストです。

というよりは、環境を変えない限りは解決が難しいです。

ある程度の規模の会社であれば、人事異動によって仕事内容や人間関係が一新されて解決される場合もありますが、悪化する可能性も考えておかなくてはいけません。

「今すぐに環境を変えたい!もっと楽しい仕事をやりたい!」と思うのであれば、早めに転職するのをおすすめします。

転職においてよほどのスキルやキャリアがない限りは、若いほうが価値があります。

雇う側の立場で考えてみると、20歳と30歳で両方とも業界未経験者の2人のどちらかを選ぶとなったら20歳のほうを選びますよね。

多少のビジネスマナーや社会での経験というのは数年あれば身に付きますし、伸びしろが大きいのは若いほうです。

転職するなら、精神的に限界を迎える前の今がベストです。

今の環境を変えたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

➤既卒・第二新卒の失敗しない転職活動の始め方!20代の転職事情を徹底解説

転職すると年収が下がる?3年目で転職し年収60万アップした友人の話