仕事の悩み

楽しくない仕事を続けても、後に残るのは後悔だけ【本当に幸せ?】

仕事が楽しくない、と感じつつも今の仕事を続けているあなた。

「仕事はつまらないもの」と自分に言い聞かせて生きていませんか?

楽しくない仕事を続けても、後に残るのは後悔だけです。

「自分の働いてきた40年間は何だったんだろう」と60歳になったときに後悔しますよ。

実は、仕事が楽しくないと言っている人ほど、

「新卒で入社した会社に勤め上げなくてはいけない」「転職は逃げだ」

このような古い固定観念に縛られてしまっています。

もうそんな古臭い思考は捨てて、現代に合った仕事の価値観に今すぐ順応しましょう。

嫌な現状から今すぐ抜け出せる

1位 リクルートエージェント

2位 doda

3位 マイナビエージェント

楽しくない仕事を続けてしまう理由

なぜ楽しくもない仕事を続けてしまうのか?

理由は明確で…

  • 仕事は楽しくないものと割り切ってしまっている
  • 転職しても失敗するかもしれない
  • 今の仕事を辞めると周りから批判されそう

上記のような不安があるからです。

「今のままでは満足できないけど、今より悪くなるの嫌だ」

これがリアルな本音だと思います。

転職をすれば、一時的に年収が減る可能性もありますし、人間関係や働きやすさという面では未知数です。

また、転職するという行為自体が日本では好まれていません。

「新卒で入社した会社に定年まで勤める」というのが日本の古くからある固定観念で、今も根強く残っています。

うっかりブラック企業に入ってしまっても、転職という選択肢がそもそもないので、無理をしてでも続けてしまうのです。

こういった不安要素があるなかで仕事を変えるには、かなりの勇気と行動力が必要です。

多くの人は、日本の古くからの慣習に抗えずに現状を受け入れてしまっています。

あなたもその一人ではありませんか?

はっきり言って、現代では損をする思考です。

残念ながら、柔軟な発想を持っている人との格差は広がるばかりですよ。

仕事は楽しいほうがいい

一般的なサラリーマンが週5~6日8時間以上仕事をしていると考えると、人生の半分は仕事の時間です。

いかにそれ以外のことで楽しめていても、人生の半分はつまらない仕事なので、楽しさが過半数を超えることはありませんよね。

今のは少し極端な例かもしれませんが、仕事が人生の幸福度に大きく影響しているのは間違いありません。

仕事がつまらない分、他の何かで補おうとする人はいても、仕事自体を楽しくしようと考える人って実は少ないです。

現状を好転させるなら、仕事を変えたほうが楽ですし、それだけ人生も楽しくなります。

やりたくてもできなかった仕事、後から興味を持ってやりたくなった仕事の一つや二つはありませんか?

運が良いことに、今は新しいチャレンジをする人にとっては追い風が吹いています。

転職市場は好景気で求人が多いので転職がしやすく、会社に所属しなくても稼げるフリーランスのような新しい働き方も充実してきました。

ぼくは新卒で銀行員になりましたが、今は会社に所属せずに文章を書いて生活しています。

ぼくは元々メンタルが弱いので「何のために働いているんだろう」と思いながら働く日々に耐えられませんでした。

人と仕事をするのが嫌で嫌で仕方なかったぼくは、『ひとりで稼げる方法』をひたむきに探し、今の仕事に出会って初めて仕事が楽しいと感じました。

仕事が楽しくないのは、あなたのせいではなくて仕事のせいです。

自信を持ってください。

だってあなたはつまらない仕事を続けられる忍耐力を持っているのですから。

現代に合った仕事の価値観

現代に合った仕事の価値観とは、『良い会社よりも良い仕事』す。

どこの会社に所属しているかではなく、どんな仕事をしているかが大切です。

大企業に就職しないと稼げない、というのはすでに時代遅れで、もっと言えば学歴もそこまで重要ではありません。

例えば、YouTuberとして生活している人を見て、あなたはどう思いますか?

よくテレビのインタビューで「楽して稼ごうとするな」「仕事じゃなくてただの遊び」と現役のサラリーマンの人たちが批判していますが、これこそまさに古い固定観念に縛られた人間の意見です。

自分の好きなこと、やりたいことを動画で発信し、サラリーマンより稼げる可能性があるってすごいことじゃないですか?

転職も同様で、優秀な人だってキャリアアップのために転職をします。

ベンチャー企業で経験を積んで、20代で独立する人も今では珍しくありません。

何でもありの時代に古い固定観念に縛られているのは、大きな損でしかありません。

この記事をここまで読んでいるということは、あなたは『良い仕事』に出会えていないはずです。

仕事を探す方法は何も転職サイトやハローワークだけではありません。

YouTubeやSNSなど、至るところに転がっていますよ。

ぼくはTwitterと友人からの口コミで今の仕事を見つけました。

もちろん、運や偶然による部分もあるので、絶対とは言えませんが、情報を探そうとする姿勢は絶対に必要です。

まずは転職サイトで求人を眺めるところから始めてみるのはどうですか?

転職サイトは、仕事に直結するので見ていて損はしません。

リクナビNEXTなら、転職を急かされることはありませんし、実際に転職しなくても問題ないです。

いろいろな職種の求人を見ることができますし、転職活動についてのコラムもあるので、知っておくと何かと役に立ちますよ。

何よりも無料で利用できるので、登録しないのはぶっちゃけ損です。

今のまま悩んでいても現状は何も好転しません。

「仕事を楽しい」と思えるかもしれない、そのためにもまずは小さな一歩を踏み出してみましょう。

【リクナビNEXTの公式サイトはこちら↓↓】

リクナビNEXT

60歳になったときに、後悔しない人生を歩んでいきましょう!

2020年は転職の好機、オリンピック前に転職しないと手遅れに2020年は転職をする最も好機の年です。東京オリンピックが終わると不況がきて、求人数がガクッと減ります。2020年のうちに転職を考えている方は転職しておきましょう。...