転職ノウハウ

平日休みから土日休みに転職するなら早いほうが良い【独身のうちに転職】

悩める人
悩める人
土日休みがいいから転職しよう

世間一般では土日は休みのため、土日休みに憧れる方多いと思います。

ぶっちゃけ、みんなが休んでいるときは働きたくないですよね。

僕は以前、銀行に勤めていたこともあり、土日休みの良さは肌に染みて感じています。(笑)

結論からいうと、土日休みに転職するなら独身のうちにしておきましょう。

特に、家庭を持つ前に転職しておいたほうが良いですよ。

これから順を追って解説していきます。

平日休みよりも土日休みが人気な理由

世間一般では、平日休みよりも土日休みの仕事のほうが好まれています。

土日休みの仕事が人気な理由は以下の通りです。

土日休みが人気な理由

  • カレンダー通りの休み
  • 2日連続で休める(祝日が重なれば3連休)
  • 周りの人と休みが合う(家族・友人など)
  • イベント・学校行事・冠婚葬祭に参加しやすい
  • 予定を立てやすい

やはり、カレンダー通りに休めるというのが一番大きいと思います。

世間では土日休みの人が圧倒的に多いので、土日休みじゃないと予定が合わないことが多いです。

特に、子どもと一緒に休日を過ごしたいという方にとっては、土日休みは必須条件だと思います。

イベント事も土日に集中していることが多いですし、泊りがけの旅行に行くにも連休のほうが都合が良いですよね。

また、2連休で体をしっかり休めることができるので、体調管理も比較的しやすいです。

土日休みの注意点

実は、土日休みにもデメリットがいくつかあります。

土日休みの注意点

  • 役所・銀行が休み
  • 外出してもどこも混んでいる
  • 休日料金が適用される
  • 休みが終わると5連勤(月曜日~金曜日)
  • 独身なら平日休みのほうがメリットが多い(個人的な意見)

割合的には土日休みの人のほうが多いので、どこへ出かけても大体混んでいます。

外食しようにも激混み、買い物しようにも激混みで、不便であることは間違いないですよね。

それでも、土日のほうが好まれているのは、家族・友人との時間を意識しているからです。

正直、独身で生きていくのであれば平日休みのほうが過ごしやすいと思います。

どこへ行くにも混んでいませんし、周りが働いている時間に休むことができますよね。

ただ、ひとりで過ごす時間が多くなるので、どうしても孤独感や寂しさのようなものは感じると思いますよ。

将来、家庭を持ちたいと考えているならば、土日休みのほうが圧倒的にオススメです。

実際に土日休みを経験してみて

僕は元々銀行で働いていたので、月曜日~金曜日まで働き、土日祝は休みという模範的な生活を送っていました。

実際に感じた土日休みの良いポイント

  • 生活リズムが安定する
  • 祝日・年末年始が休み
  • 1泊2日の旅行に行ける
  • 世間の休みと一緒という優越感
  • 土曜日をムダに過ごしても日曜日がある

例えば、シフト制の仕事だと休日でも出勤しなくてはいけなかったり、誰かが休んだら穴埋めをしなくてはいけないといったこともありますよね。

しかし土日休みの会社であれば、基本的に会社全体が休みのところが多いので、休日に電話がかかってくることもなければ、休日出勤をすることもほぼほぼないです。

休みの日をしっかりと休めるのが土日休みで感じた一番のメリットですね。

常に同じサイクルで動いているので、生活リズムが安定しますし、心身ともに良好な状態を維持しやすいですよ。

「しっかり休めてないなー」「疲れが取れないなー」という方は、土日休みにすることである程度改善されると思います。

シノミヤ
シノミヤ
金曜日の仕事終わりは疲れよりも開放感が勝つので、一週間で一番テンションが上がります。(笑)

土日休みの仕事一覧

悩める人
悩める人
土日休みの仕事ってどんなのがあるの?

上記の質問に答えていきます。

土日休みの仕事

  • 公務員
  • 金融(銀行・証券・保険)
  • 営業・事務・経理(職種による)
  • 物流
  • IT・インターネット関係
  • 出版・広告

職種や会社によって異なる部分もありますが、土日休みの仕事で代表的なものをピックアップしてみました。

僕の個人的な意見ですが、土日休みの仕事のほうがホワイトな会社が多い気がします。

というのも、平日休みの仕事と比べると安定的に人がいますし、休みもしっかりしています。

平日休みの業界(飲食・小売・アパレル・美容師など)は人手不足が問題になっていて、社員の負担が大きいんですよね。

なので、「平日休みの仕事から土日休みの仕事に転職したい」と考えるのは当然のことだと僕は思います。

独身のうちに転職すべき

転職するなら独身のうちにしておきましょう。

家庭を持ってから転職するのはリスクがありますし、年齢を重ねると同業の仕事に転職する道しか残りません。

土日休みの仕事に転職するなら急いだほうがいいと思います。

20代のうちであれば、経験を活かした転職・未経験の仕事に転職どちらでも選ぶことができるので、早いほうが圧倒的に得です。

転職後の昇給を考えても早いほうが良いのは明らかですよね。

今すぐ転職活動を始めたい人は転職エージェント、まだ転職はしないけど求人だけでも見たいという方は転職サイトがオススメです。

どれも無料で利用できます。

【平日休みの仕事に転職ができる転職エージェントTOP3】

リクルートエージェント業界トップなので求人数が圧倒的。転職成功者の6割が年収アップに成功。ここに登録しておけば間違いなし。➤評判・レビューはこちら
ウズキャリ第二新卒20代の第二新卒・既卒に特化した転職エージェント。未経験OKの仕事が多く、転職後の定着率は93%以上と大手よりも高い。ネガティブな理由での転職に強いので、経歴に自信がない方にオススメ。➤評判・レビューはこちら
リクナビNEXT転職サイトの業界最大手。空き時間に自分で求人を探せるので、転職活動をするなら登録しておきたい。自分のペースで進めたい人向け。➤評判・レビューはこちら

3か月以内で転職するつもりなら、リクルートエージェント

まだ迷っている、とりあえず求人を見たいという方はリクナビNEXTの利用がオススメです。

リクルートエージェントなら、求人数・転職実績ともに業界トップで信頼性が高いうえに、年収アップも狙うことができます。

将来、家庭を持ったときに子どもと遊べないのは辛いですよね。

周りと休みが合わずに定年まで働いても虚しいだけのような気がします。

2019年はオリンピック前で転職市場が一番賑わっている絶好のチャンスです。

オリンピックが終わると不況がきて転職が一気に厳しくなるので今のうちに転職しておきましょう↓↓

早いうちに転職しておけば、こういったことで後悔しないで済みますよ。

できることなら独身のうちに転職しておきましょう。

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む