派遣・フリーター

20代で再就職・転職が決まらない人は転職活動のやり方に問題アリ

20代の悩める人
20代の悩める人
転職活動をしているけど、なかなか決まらない…。面接どころか書類審査で落とされる。

上記のように、再就職・転職がなかなか決まらなくて悩んでいる方いると思います。

結論からいうと、転職活動のやり方自体に問題がある可能性が非常に高いです。

やり方を改善すれば難易度は一気に下がりますよ。

これから、原因と対策を詳しく解説していきます。

正社員に今すぐなれる!

1位 リクナビNEXT

2位 ウズキャリ第二新卒

3位 JAIC(ジェイック)

再就職・転職が決まらない2つの原因

1.転職サイト・ハローワークだけで転職活動をしている

実は、20代の転職で一番やってはいけないやり方は、転職サイト・ハローワークだけで転職活動をすることです。

転職サイト・ハローワークだけで転職活動をすると、履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策といった転職活動に重要な対策が不十分になってしまい、採用までのハードルが一気に高くなります。

20代での転職って、どうしてもネガティブに捉えられてしまうため、相応の対策を準備しておかないと普通に落とされます。

そのため、転職の専門家である転職エージェントによるサポートは必須なんですよね。

転職エージェントについてはこの後詳しく解説します。

2.業界を絞りすぎ

意外と多いのが、初めから業界を絞りすぎて求人が見つからないというパターンで、僕も初めての転職のときに同じ状況に陥りました。

特に、転職サイトは検索機能が充実しているので、良くも悪くも興味が湧かない業界は検索自体から外すことができます。

これが実は業界を絞りすぎてしまう原因であり、自分の興味がある業界以外の選択肢を無条件でシャットダウンしてしまうんですね。

20代で転職をする強みって、未経験の仕事にも転職できることです。

自分ひとりで転職活動を進めていると、気づかぬうちに視野が狭まっていることが多いので、第三者(専門家)の意見も取り入れてみることをオススメします。

20代は実は再就職・転職をしやすい

「20代は転職に不利だから転職しづらいだけじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、それは違います。

実際は、20代のほうが再就職・転職をしやすいです。

会社側からすれば、余程の即戦力でもない限り、将来性のある若い人材を欲しがります。

現に、未経験の人材を会社が雇う上限の年齢は大体27~30歳ぐらいまでと考えているところが多いですね。

転職サイト・エージェントだと、27歳と30歳を節目に応募できる求人の数はガクッと減ります。

転職先で活かせるスキルや経験がないから転職できないというのは、大きな勘違いで、やり方を変えればあっさり解決すると思いますよ。

やり方を改善すれば転職の難易度は一気に下がる

やり方は至ってシンプルで、転職エージェントを利用して転職活動を再度行うだけです。

転職エージェントを使うだけで、転職の難易度は一気に下がります。

転職エージェントのメリットは以下の通りです。

転職エージェントを使うメリット

  • どこに問題があるのかがわかる(再就職・転職が決まらない原因)
  • 対策不足を質の高いサポートで解消できる
  • 相談相手ができるので、客観的な意見も聞くことができる
  • 面倒な手続きを全て代わりに引き受けてくれる
  • 転職サイトには公開されていない求人を紹介してもらえる

『転職エージェント=面倒くさい』というイメージがあるかもしれませんが、実はこれだけのメリットがあります。

シノミヤ
シノミヤ

僕も初めての転職のときに「面倒くさいな」と思って、転職サイトだけで転職した結果、見事に惨敗しました。

その後、転職エージェントのサポートを受けたときに、いかに自分の対策が不十分だったかを思い知らされたんですね。

正直、無料でこれだけのサービスの受けられるのは僕らにとっては得しかありません。

自力で頑張るよりも、転職エージェントに任せたほうが楽なうえに質が高いので、迷う余地はないと思います。

実は、求人数も転職エージェントのほうが圧倒的です。転職サイト・エージェントのそれぞれ最大手の求人数を例に比較してみます。

  • リクナビNEXT→約1万件前後
  • リクルートエージェント→20万件以上

転職エージェントで扱っている求人のほとんどは一般に公開されていない非公開求人なので、転職サイトとこれほどまでに求人数が異なっています。

20代の転職に強い転職エージェントランキング【学歴・職歴に自信がなくてもOK】

職歴・学歴に自信がない方でも転職しやすい既卒・第二新卒向けの転職エージェントを厳選してランキングにしました。

もちろん、登録・利用は無料です。

ウズキャリ第二新卒
第二新卒の転職、ネガティブな理由での転職(短期離職・人間関係)に強い転職エージェントです。

ブラック企業を徹底的に排除にしており、転職後の定着率が93%以上と大手よりも高いのが最大の強み。

経歴に自信がない方やネガティブな理由で退職してしまった方にとっては、心強いサポートが期待できます。

20代の既卒・第二新卒に特化
未経験の仕事がほとんど
転職後の定着率は93%以上
ネガティブな理由での転職に強い
経歴に自信がない人におすすめ

無料登録はこちら

就職Shop
リクルートが運営する20代の転職・就職に特化した転職エージェントです。

提携している8,500社以上の求人を全て書類選考なしで、面接からスタートできるので経歴に自信がない方でも確実に面接まで進むことができます。

都心部にしか店舗がないのが難点ですが、職歴・学歴不問で転職できるのでおすすめです。

店舗型の転職エージェント
書類選考なし
提携企業は全て取材済み
学歴・職歴に自信がない人におすすめ

無料登録はこちら

JAIC(ジェイック)
既卒・第二新卒・フリーター・ニート・大学中退などの20代の就職・転職に特化した転職エージェントです。

『職業紹介優良事業者』に認定されていて、信頼性が非常に高いのが特徴。

無料の就活講座(10日間)で就活・転職対策を学んだあとに、約20社の選考を書類選考なしで受けることができます。

20代の転職に特化した転職エージェント
フリーター・大学中退した人でも利用可能
書類選考なしで面接会に参加できる
『職業紹介優良事業者』認定
経歴に自信がない人におすすめ

無料登録はこちら

売り手市場はあと1年が限界

散々売り手市場と呼ばれてきた転職市場も東京オリンピックの終了とともに終わりを迎えます。

売り手市場のうちに転職を経験できた僕は正直ラッキーでした。

実は、オリンピック後は好景気の反動でほぼ確実に不景気が訪れます。過去のオリンピック開催国のオリンピック前後の成長率を見るとほぼ間違いないと思います。

不景気になると求人はどうなるのか?もちろん求人数はガクッと落ちてしまいます…

『景気が悪くなる→優良企業が求人を出すのを控える→離職率の高いブラック企業の求人の割合が増える』

結果的に、転職自体の難易度が上がってしまうんですね。

僕自身、転職を経験して思ったことは「転職はタイミングが命」ということです。

景気が良くて求人が豊富にある中から転職先を選ぶのと、少ない求人数の中からブラック企業の求人を避けながら選ぶのとでは全然違いますよね。

転職というのは人生を大きく左右する重要な決断です。

少しでも有利に転職したいのであれば、2019年のうちに転職しておいた方が後悔しなくて済むと思いますよ。

もっと詳しく読む