恋愛

片思いがうまくいく方法! うまくいかないのは考えすぎが原因





「片思いがうまくいかない…」

恋愛は男女どちらかの片思いから始まりますよね。

お互い一目惚れで最初から両想いになれるのは漫画の世界だけです。(笑)

誰しも一度は片思いがうまくいかなくて悩んだことがあると思います。

「こんなに好きなのに」「こんなに頑張ったのに」

恋愛の難しいところは、どんなに頑張っても必ず付き合えるわけではないところです。

とはいえ好きな人とできるなら付き合いたいですよね!

今回は片思いで悩んでいる人に、片思いがうまくいくテクニックを紹介したいと思います。

今回紹介するテクニックは男女関係なく、誰もが使えます。

必ず付き合えるわけではありませんが、確率を限りなく上げることができますよ。

片思いがうまくいかない人との比較も合わせて紹介していきます!



片思いがうまくいく5つのテクニック

相手に好意を隠さない

好意を持っていることを恥ずかしいから相手に知られたくない、バレたくない

片思いしているときって好きな相手に気づかれないようにうまく誤魔化したり、普段通りに接してしまうことが多いと思います。

『告白する(される)ときまでは』『もっといい感じになるまでは』

みたいな感じで好意を隠す人いると思いますが、これはマイナスなのでやめたほうがいいです。

「あ、この人俺(私)のこと好きなんだ」

このように相手があなたの好意を意識し始めることで、やっとスタートできます。

相手があなたのことをどう思っているかわからない以上、不安に思うこともあると思います。

しかし、相手も実はあなたのことを気になっているかもしれません。

せっかくのチャンスをスタートもせずに失ってしまうのは非常にもったいないです。

たとえまったく気にしていなかったとしても好意を持たれたら、少なからず意識してしまうので損はないですよ。

大事なことは相手に好意を意識させたうえで恋の駆け引きをすることです。

意識させる方法は何でも良く、LINEでも電話でも、友達に協力してもらったりでも何でも大丈夫です。

とにかく恋の駆け引きをする前に好意を意識させることが一番大事ですよ!

連絡はマメにしよう

あんまりしつこいと迷惑かな、頻度はどのくらいがいいのかな

恋の駆け引きにおいて一番結果に影響するのは、LINEや電話でのやりとりです。

内容だけでなく、頻度タイミングも同じくらい重要になってきます。

学生か社会人かで少し変わってはきますが、確実に会う時間よりはLINEや電話でのやりとりの時間ほうが長いですよね!

ここでポイントをいくつか紹介します。

  • 頻度は多いほうがいい
  • 相手の生活リズムにあわせる
  • 無理に続けようとしない

まずLINEや電話の頻度は多いほうがいいです。

ただここでいう頻度は週に何日やりとりをしたかであって、一日にどれだけやりとりをしたかではありません。

週に1、2回LINEするよりはできるだけ週5~毎日ぐらいはLINEしてほしいです。

一日どれだけしたほうがいいかは相手がマメなタイプかどうかで、変わってくるので様子を見て判断しましょう。

大事なことは相手に自分とのLINEや電話を習慣化させることです。

相手にとってあたりまえになってしまえば確率はグンと上がります。

ただし注意するべきことが2点あり

  • 相手の生活リズムに合わせること
  • 無理に続けようとしない

この2点は相手を気づかうという意味で非常に有効です。

よくありがちなのが好きだから夜遅くまでLINEや電話をしたい、向こうが寝るまで続けることです。

ある程度仲が良かったり、相手が望んでいるのであれば問題ないですが、まだお互い駆け引きをしている状態のときはほどほどにしたほうがいいです。

あらかじめ相手の普段寝ている時間やLINEのレスポンスの早さを確認しておいて、合わせてあげたほうが好印象です。

もし相手が「もう少し起きててー」「えー、もう寝ちゃうのー?」、みたいなことを言ってくれたら付き合いましょう。(笑)

ある程度わがままや冗談を言い合える仲になれば、他の人が入り込む余地もなくなるのであともう一歩です!

相手の好きなものを1つ覚える

毎日やりとりをしていると話す内容がなくなる

頻繫にやりとりしていると話す内容ってなくなってきますよね。(笑)

やりとりをする以上は楽しい時間を過ごしたいと皆さん思うはずです。

ただ共通の話題が少ないと話を広げづらかったり、盛り上がらなかったりすると思います。

そうなってしまったときは、相手の好きなものを1つ覚えましょう。

音楽・漫画・アニメ・ドラマ何でもいいです。

どれか1つでいいのである程度のレベルまで覚えましょう。(笑)

いくら好きとはいえ相手の好きなものすべてを覚えるのは、さすがにつらいので1つをしっかり覚えてから別のを覚えれば大丈夫です。

注意点としては相手の趣味は選ばないほうがいいです。

趣味って始めるのにコストがかかるものが多かったり、専門的な知識が必要だったり、1人の時間を楽しんでいることが多いので趣味については相手が触れるまでのは無理に話そうとしなくて大丈夫です。

あとは日常的にまとめサイトTwitterなどでタイムリーな話題をおさえておくと
話題は容易に増やせると思います。

告白を重要視しない

告白は気合い入れないと、失敗したらどうしよう

付き合うまでの最終段階は告白する(される)ときだと思います。

何回目のデートで告白しよう、場所とかセリフはどうしよう。

告白について悩んでいる人も多いと思います。

よく告白するタイミングはデート3回目が理想!とか
目にすると思いますが、正直関係ないです。(笑)

1回目だろうが5回目だろうが成功するときは成功します。

告白するベストなタイミングは成功する自信があるときです。

基本的に告白は成功する自信があるとき以外はしないほうがいいです。

環境が変わってしまったりして残された時間がない場合は話は別ですが。

告白の場所やセリフで付き合えるかどうかの結果にはほとんど影響ないです。

ただ酷すぎると悪いほうに影響が出ることはあります。(笑)

LINEでの告白はマイナス要素だと思うので、できるだけ直接会うか、せめて電話にしましょう。

今のカップルの中には告白をしないで、自然に付き合っている人もいるので、お互いの意思確認ぐらいの気持ちでいいと思います。

もし告白するときは相手に意識させておいたほうがいいです。

相手が察してどう反応するかで告白するタイミングかどうかがある程度わかると思います。

心に余裕をもつ

「片思いが実るか不安」

片思いってうまくいくか不安になりますよね。(笑)

自分が追う側である以上、その不安はなくならないと思います。

しかし心に余裕をもつことが一番大切です!

心の余裕は外見・雰囲気・話し方などちょっとしたところにすぐ現れます。

同じ笑顔でも、余裕がある人の自然な笑顔と余裕のない人の作った笑顔では
相手に与える印象がかなり変わってきます。

余裕=魅力であることを忘れないでください!