恋愛

社会人の年上彼氏にイライラする!唯一の対策は『本音で話すこと』





社会人の年上彼氏には、同年代の男性にはない魅力があると思います。

「自分の知らないことをたくさん教えてくれる」「ちょっぴり背伸びした気分になれる」

年上で人生経験も豊富、しかも経済的にも余裕があってわがままも聞いてくれる!

そんな素敵な年上彼氏を想像して付き合ったものの、実際はイライラの連続で悩んでいる方多いと思います。

社会人と学生だと、どうしても生活スタイルや価値観が合わない部分が出てきてしまいますよね。

だからこそ、本音で話し合って理解しあう必要があります。

実はぼく自身も社会人彼氏なので、彼氏目線での本音も交えていきたいと思います。

お互いが歩み寄れば解決できる問題です。

まずは、社会人彼氏の本音を知るところから始めていきましょう。



社会人の年上彼氏にイライラしてしまう原因

まずは、社会人×学生カップルにありがちなイライラしてしまう原因を見ていきましょう。

1.会う頻度が少ない

社会人になると週5日・1日8時間以上は最低でも働いているので、どうしても会える時間は限られてしまいます。

もちろんあなたも学校やバイトがあると思うので、週1~月2回ぐらい会えれば良いほうなのではないのでしょうか?

「会う頻度が少ない!」と思うかもしれませんが、ひとり暮らしでもしていない限りは、週に2日以上会うのは難しいと思います。

1週間のほとんどを仕事に費やしているため、リラックスできるタイミングがなかなかないので、休日はゆっくりしたいと考える人も多いです。

「土曜日は遊ぶけど、日曜日は1日ゆっくりしたい」というのが、社会人彼氏のリアルな本音です。

2.返信が遅い

「会う回数も少ないのに、連絡もあんまり返ってこない…」

実は仕事中にLINEを返すのって意外と難しいです。

もちろん仕事の内容にもよりますが、業務中はスマホを私用で使ってはいけないという暗黙のルールはどの業界でもあると思います。

特に20代の若手は従わざるを得ないので、仕事中に返信がきたらラッキーぐらいの感じで待つのがベストです。

他にも、朝は仕事に行く前の一番憂うつな時間なので、気持ちが沈んでしまってLINEの返信が疎かになる人も多いです。

もしも仕事以外の時間帯で返信が遅い場合は、自分だけの時間が欲しいか、疲れてめんどくさいかのどちらかだと思うので、一度話し合ってみると彼の本音がわかると思います。

3.付き合いが多い

仕事終わり、特に金曜日などの休日前などは付き合いで帰りが遅くなることが多いのではないでしょうか?

「仕事が終わるのを待っていたのに、帰りが遅いから彼との時間が全然ない!」

そう感じてしまう女性も多いと思います。

社会人にとって、付き合いはそれほど重要なの?と思うかもしれませんが、実はめちゃめちゃ大切です。

特に先輩・上司と飲みに行く場合は、プライベートというよりは仕事の延長に近いです。

昔と比べると、パワハラに厳しくなったこともあり、付き合いを断われるようにはなりました。

付き合いを断る若者が増える一方で、お供してくれる若者の評価がより高くなるのも事実です。

付き合いで先輩・上司をよいしょするのも、部下の大事な仕事なのです。

ただし、なかには遊びたいだけの人もいるので、彼がそういうタイプの場合はガツンと怒っていいと思います。(笑)

4.子ども扱いされる

年上彼氏に子ども扱いをされてイラっとしてしまった経験もあるのではないでしょうか?

いじられるならともかく、あなたが真剣に怒っているのに、「うんうん」「ごめんね」と流されたり、「○○にはまだわからないよ」と対等に扱ってもらえないこともあると思います。

そのため、けんかをしてもあなたがわがままを言っているような雰囲気になってしまうと思います。

普段から対等に扱ってもらえるような関係性でないと難しいかもしれません。

年下であるあなたが彼を尻に敷くのが一番良い関係性だと思います。

5.価値観の違い

金銭感覚・恋愛などのいろいろな価値観は違ってくると思います。

年上彼氏は年が離れれば離れるほど、人生経験があなたよりも豊富です。

ぼくもそうなのですが、学生のころと比べると、物事に対する見方が落ち着いてきます。

これは良い意味でも悪い意味でもあり、気持ちのすれ違いの原因になりやすいです。

解決策は、この後詳しく書いていきますが、『本音で話すこと』です。

お互いの本音を話すことで、価値観のズレは多少修正することができますし、イライラしにくい関係性を築くことができます。

解決策は『本音で話すこと』

お互いの生活スタイル・価値観がどうしても異なってしまうので、どちらかに合わせるのは難しいです。

唯一の解決策は『本音で話すこと』です。

相手が社会人で忙しいことをわかっているからこそ、正直に不満を言えないというモヤモヤがあると思います。

結果的に、イライラが爆発するまで溜め込んでしまって、けんかになってしまうまでがありがちな流れで、これは社会人×学生カップルである以上は、避けられない問題だと思います。

だからこそ、普段からお互いの本音を知っておくことが大切になってきます。

社会人の彼はいっぱいいっぱいになっている可能性が高いです。

「あなたとの時間をもっと作りたいけど、あなたとの将来のためには仕事をがんばらなくてはいけない…」

こうした葛藤を抱えている彼もなかなか本音を言えずにいるかもしれません。

もしも不満があるときは溜め込むのではなく、しっかりと彼に伝えてあげるようにすると、イライラやけんかは減ると思います。

さいごに

ぼく自身も経験があるので、どちらの気持ちも痛いほどよくわかります。(笑)

年が近かったり、同じ学生同士のカップルであれば、言いたいことは言いやすいかもしれませんが、相手が社会人の場合は言いづらいですよね。

実は彼氏側も同じで、彼女に対して本音を言いづらいところは絶対にあると思います。

社会人×学生カップルの難しいところは、決してどちらかが悪いわけではないところです。

こういった問題が起きてしまうことは、しかたがないことなのです。

『しかたがない』部分をどれだけ許容できるかが社会人×学生カップルの長続きの秘訣だとぼくは思います。

まずは、本音で話し合ってお互いの理解を深めるところから始めてみましょう!